生命保険のことならハッピー・ノート.com!

プレママたちが本気で知りたい!家族が増えたときのパパの保険選び

<左から>
えりさん(妊娠7ヵ月)、紗瑛さん(妊娠7ヵ月)、順子さん(妊娠7ヵ月)

お子さまが生まれると、どれくらいお金がかかるのかを計算したことがありますか?
お子さまが0歳から大学を卒業するまでの養育費には思いのほかお金がかかります。
将来を見据えた貯蓄に加え、パパに万一のことがあった時に備えて、生命保険を検討することも大切です。
産後は忙しいので、比較的時間がある妊娠中に、保険について夫婦でしっかり話し合っておきましょう。

進路の選び方次第では、高いケースなら子どもひとりだけでも約3,000万円が必要! 進路の選び方次第では、高いケースなら子どもひとりだけでも約3,000万円が必要!

万一の事態に備えて
パパの保険から考えよう

赤ちゃんが小さいうちは、ママは仕事をお休みしたり、ペースダウンしたりと、パパの収入で生活を支えるケースが多くなります。そこで、まずはパパの病気やケガ、万一に備えて保険の検討を始めましょう。独身時代の保険は見直しが必要です。赤ちゃんが産まれてからは忙しくなるので、妊娠中に夫婦で話し合っておきましょう。

年間約95万円!?(※1※4)意外とかかる
0~3歳までの子育て費用

学費など子どもにお金がかかるのは、まだまだ先のことと思っていませんか? 実は、意外と見落としがちなのが0〜3歳までの乳幼児期の子育て費用。おむつ代やミルク代、育児グッズやお祝い行事の費用など、年間約95万円(※1※4)がかかります。復職予定のママは認可保育園に入園できないと、保育料が高額になる場合も。

死亡、医療、がんの3つの
リスクにしっかり備える

パパに万一のことがあった時の、親子が暮らせる当面の生活費は2,000万円〜3,000万円がひとつの目安になります。また、入院時に備えて公的医療保険の対象にならない差額ベッド代や食事代、雑費などに、入院1日あたり5,000円〜1万円程度保障があると安心。さらに、がんが心配なら、治療が長引くことも考えて、働けなくなった場合の収入の減少にも備えておきましょう。

家計にやさしい
ネット生保がオススメ

これから新しい家族が増えて、家族の夢プランは広がります。また、お子さまが将来、スポーツや音楽などの習い事や、海外留学の希望を持ったとき、叶えてあげたいと思うのが親心。将来のための貯蓄も考え、毎月支払う保険料はできるだけ負担にならないようしっかり考えたいものです。店舗や営業職員を持たないネット生保なら、家計にやさしい保険料でリスクに備えられます。

新米ママにうれしい!

赤ちゃんの夜中の急な発熱や、妊娠・育児に関する相談などに対し、保健師や産婦人科医、小児科医などがアドバイス。24時間365日、無料で電話相談サービスをご利用いただけます。※5

  • ※1 内閣府「インターネットによる子育て費用に関する調査報告書」(平成22年3月)
  • ※2 文部科学省「子供の学習費調査」(平成28年度)
  • ※3 日本政策金融公庫 平成29年度「教育費負担の実態調査結果」
  • ※4 0歳~3歳までの平均値
  • ※5 本サービスはティーペック株式会社が提供するものであり、アクサダイレクト生命の保険商品の一部を構成するものではありません。また、サービスの内容を予告なく中止・変更する場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このページに記載の内容は、2018年7月2日現在のものです。
  • このページでは、保険商品の概要を説明しています。保険商品の詳細につきましては、重要事項説明書/ご契約のしおり・約款を必ずご覧ください。

AXD-186-038

お知らせ

アクサダイレクト生命保険株式会社

https://www.axa-direct-life.co.jp/
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-3-4 KDX麹町ビル8F
TEL:0120-953-831
【受付時間】月~金 9:00~21:00、土・日・祝日 9:00~17:00(年末年始の当社休業日を除く)

詳しくはこちら

アンケート

【第一回応募締め切り:2018年7月5日(木)】
【第二回応募締め切り:2018年10月5日(金)】
アンケートに答えてプレゼントをもらおう!

記事を読んでアンケートに答えてくださった方から、
抽選で『ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン「Pechat」』を1名様にプレゼント。
※アンケート回答は1家族あたり1回でお願いいたします。
※ぬいぐるみは付きません。

ご提供いただいた個人情報は、プレゼントの発送、およびアンケート調査の集計・分析・マーケティング資料の作成に利用させていただきます。ご提供いただいた内容は、ミキハウス子育て総研株式会社が責任をもって管理します。また、ご本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。

記事についてのアンケート
タイアップ:2018春号第二弾アクサアンケート
記事についてのアンケート
あなたについて教えてください