ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子育て応援隊のズバリ!アドバイス とは
小児科のお医者さんや専門医、助産師、保育士、栄養士などの有資格者、それに先輩ママで結成した「子育て応援隊」が、育児中の相談に答えます。困ったことがあったら、みんなの悩みQ&Aを探してみて。読めばスッキリ!あなたの悩みも解決しますよ。

子育て応援隊のズバリ!アドバイス 記事一覧

育児・しつけ > ほめ方しかり方
上の子が叱られる時に目をそらして話を聞かない(2歳5ヶ月)
上の子に同じように期待をかけて接していました。お兄ちゃんとして自分のことは自分で、また、いつもお利口にしていてほしい。つい先にこちらの気持ちを伝えたくなりますが、小さくても何か自分の思い、気持ちがあるはずなのです。怒るのも大切ですが、子どもは(大人も)褒められるのが好き。心理を理解して、楽しくこの時期を過ごして行かれませんか?!
結婚・妊娠・出産 > 妊娠
検診で逆子と言われました。なおりますか?
8か月頃までは自然に頭が下になる可能性が高いです。妊娠30週頃をこえると逆子体操を指導されてなおることがあります。36週をこえると、自然分娩か帝王切開術で出産するのか説明があると思います。
子どもの病気 > 予防接種
三種混合の1期追加を接種したかどうかわからなくなってしまった
様々な理由で予防接種の間隔があいてしまったり回数が規定に達していないお子さんがしばしば見られます。時期的に定期接種の対象でなくなっていても相当の理由があれば無料でできる場合もあります。
ママ・家事・家計 > ストレス
現在妊娠9ヶ月だが、漠然とした不安に押し潰されそうになる
忘れようとすればするほど、きっと重くのしかかってくると思います。だから嫌でたまらないあの時の経験、思い出したくないあの時を味方にするんです。そうすればその嫌な経験が、忘れたいという気持ちから、これからの人生の肥やしや栄養になると思えてきます。不幸だ、不幸だと言っていると不幸しか来なくなります。幸せ、幸せと呼ぶと幸せが近寄ってくれます。ちょっと心に留めておいてくださいね。
子どもの病気 > 予防接種
予防接種のワクチンは、接種部位によって効果に違いはありますか?
ワクチンを打つ場所が腕だろうと足だろうと効果に変わりありません。日本では少し前までは注射は腕にのみでした。今は予防接種の種類や回数が多くなって、同じ日に違うワクチンを何本か注射せざるを得ない状況もあり腕と太ももにも注射するようになりました。筋肉よりも浅めの場所で注射針が太い神経に触らないようにするための皮下注射です。腕の注射部位は、太い神経に遠い場所が選ばれています。安全性を考慮した結果です。
結婚・妊娠・出産 > 妊娠
3年前に風疹の予防接種を受けたが、HI抗体価に変化が見られない
3年が経過し、抗体価が元に戻った、または効果がなかった、と考えられます。ワクチン接種にて100%の効果が期待できないこと、効果があれば抗体価は十数年持続することから考えますと、後者であると考えられます。時間的に余裕があれば再接種をお勧めしますが、年齢を考えれば早く妊娠することも大切かと思われます。
育児・しつけ > 保育園・幼稚園
先生がお休みで、いつもは出来ることが出来なくなってしまったみたい
急に違う先生だったので緊張感、不安感などから自分自身を出せなかっただけだと思います。イレギュラーな事に戸惑ったり、私達大人でもよくあることではないでしょうか?私は慎重で物事をしっかりと捉えられる4歳児の姿だと感じました。
育児・しつけ > 保育園・幼稚園
保育園に行くのを嫌がる娘。保育園に入る理由をどう説明したらいい?
お母さんにとっても、お子さんにとっても初めての経験となるのですから、心配は当然かと思います。保育士さんも、様々なお子さんを受け入れているのですから、お子さんに合わせて対応してくれると思います。慣れていくものですから心配ありませんよ。入園したらお母さんの不安が少しでも解消されるように、保育士さんとの連絡を密にしましょう。
子どもの病気 > 皮ふ
秋から冬にかけて、背中と腹部に赤いブツブツが出来て痒がります
この時期は、服装に悩みますよね。一人で脱ぎ着をして調節できればいいのですが、子供は遊びに夢中になると、着たら着っぱなし、脱いだら脱ぎっぱなしですからね。保育園でも、着る枚数は大人より1枚少なくて大丈夫と言っていたので、厚着をさせず下着で調整するのは良い事だと思います。なかなか発疹がひかないようなら、医者へ受診した方がいいと思います。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
人を叩いてはダメと手を叩いて怒っていたら、自分の顔を叩くように
怒る必要はありますか?怒るのではなく教えてあげることはできませんか?「どうしてそのようなことをしたのか」をお母さまとしてきちんと理解してあげて、その上でどのようにしたらいいのかを教えてあげてほしいと思います。リフレッシュする時間は作れますか?時にはお子さまから離れてお子さまの事を考えるのもいいですよ。
ママ・家事・家計 > ママの人間関係
我が家で娘を注意するのは私ばかり。祖父母や夫は見て見ぬふり。
躾のポイントとして、「3歳の娘」さんへの注意は、最優先する内容だったのか?「3歳の娘」さんが理解できていたのか?感情にまかせて叱ってしまった場合、親の興奮が冷めやらない内にまた何かが起きると、大したことではなくても同じトーンで叱ってしまいます。叱るときにはひと呼吸おくと感情をクールダウンすることができますので、やってみてください。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
突然、毎日楽しく遊んでいた児童センターに行きたくないと大泣き
まずは本人の気持ちを「イヤなのね」と一旦受け止めて、追い追い、理由など聞いたり、状況から判断したりしていくようにして対処していくとよいと思います。園のこともこれから何度か足を運ぶうちに、雰囲気を知って気持ちが変わる可能性が大きいと思います。
育児・しつけ > すいみん
眠たそうなのに昼寝をあまりしないのは、何か理由があるのでは?
そんなときもあり良し良しと思っています。思う通りに育つことの方が稀で、それぞれ個性があり個人差があります。どこか痛がって眠れないとか、日中ずっとウトウトしているとか、食欲もなくこちらの刺激に反応が全くないとかそういったことがないのであれば、もう少し様子を見ても構わないと思います。
育児・しつけ > 保育園・幼稚園
仲良く遊んでいたお友達から仲間外れにされてしまっているみたい
子どもは幼稚園や学校でグループを体験して、その中で自分がどんなタイプなのかだんだん自覚し大人になっていくのでは。子どもには、親から与えられた価値観だけでなく、自分自身の本来の感覚や欲求を頼りに人生を歩んでいってもらいたいと思います。
子どもの病気 > 予防接種
水ぼうそうもおたふくも1回接種しているが、2回目を接種すべき?
水痘、おたふくかぜは、1回予防接種していると、軽くすむとはいえかかってしまう率は多いです。そのため2回接種を推奨するようになりました。実際に罹った人以外は、きちんと2回接種することをお勧めします。
子どもの病気 > 予防接種
第1期追加接種から11年経って接種しても、ブースター効果はある?
予防接種にはスケジュールが決められており、なるべくそれに沿って済ませるべきですが、様々な理由で間隔が空いてしまったり遅れてしまうケースがあります。接種間隔は仕方がないこととして、トータルとしての回数が大切とされていますので、この際ぜひ2期として追加されることをお勧めします。
子どもの病気 > 感染症
喉の痛みといちご舌が、溶連菌に感染した時の症状に似ていて不安
可能性は低いですが、不安になった以上簡単な検査ですから受けておいたほうがいいかな…というお返事しかできません。周囲で流行があったかどうかなども重要な要素です。溶連菌は常在菌と言って何の症状もない人でも+に出ることがあります。+に出たらやはり除菌することになります。
育児・しつけ > お友だち
「やめて」が言えないおっとりした息子の絶対的な味方でありたい
絶対的な味方となるためには、話を「黙って聞くこと」です。そして受け入れる。受け入れた上でアドバイスや親の思いを伝えるのです。アドバイスを選択するかどうかはお子さんが決めることです。この繰り返しが子どもに自己責任を自然と身につけさせることになります。神経質にカリカリせず、人を受け入れる大きな器を持ったすばらしい息子さんだと思います。
子どもの病気 > 予防接種
10ヶ月で予防接種を受けたので、免疫がしっかり付いているのか心配
赴任なさる地域にもよりますが、10ヶ月でも、水痘、おたふく接種しておいていいでしょう。B型肝炎に関しては20週経過してというのが一般的ですが、今回は急いでいるということで少し早めたのでしょう。3回目ですし問題ありませんが、ご心配ならまたいつか追加しておけばいいのです。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
保育園の帰りも、普段買い物をしていても、とにかく歩いてくれません
お子さまも3歳です。お姉ちゃん扱いして、しっかりと聞いてあげると良いと思います。上手に話せたり、我慢ができたときは、たくさんほめてあげてくださいね。抱っこは、今だけの特権?と思い、たっぷりとしてあげてください。そのうち自分から、もういい!と言ってくれますよ。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

我が家は大丈夫?防犯対策チェック!
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.