ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子育て応援隊のズバリ!アドバイス とは
小児科のお医者さんや専門医、助産師、保育士、栄養士などの有資格者、それに先輩ママで結成した「子育て応援隊」が、育児中の相談に答えます。困ったことがあったら、みんなの悩みQ&Aを探してみて。読めばスッキリ!あなたの悩みも解決しますよ。

子育て応援隊のズバリ!アドバイス 記事一覧

授乳・離乳食 > ミルク
風邪薬を混ぜて飲ませてから、ミルクを拒否するように(3ヶ月)
病気のあとですから多少機嫌が悪くて、一時的に飲みも悪いということもあるかもしれませんね。しばらく母乳をあげつつ、また機会を見てチャレンジしてみてはどうでしょうか。母乳は足りない分何度も授乳になると思いますが、それでもその都度あげて1日何度でも授乳していれば、それが刺激となって徐々に量も増えていきます。
ママ・家事・家計 > 体の不調
子どもの病気明けに、頭痛が続くなどママ自身の体調がおかしい
頭部の痛みは帯状疱疹かもしれません。皮膚なのか、神経系なのかははっきりしませんが、続いているようなら一度見ていただいたほうがいいでしょう。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
厳しくしたり甘えさせたり、私の接し方が子どもに無理をさせている?
泣いた気持ちを受け止めてあげてください。泣かないで頑張った時にたくさん褒めてあげてください。大好きなお母さんのために泣かないように頑張っても、やっぱり、自分の気持ちの折り合いがつかないと泣いてしまうのでしょうね。娘さん想いのお母さんのお子さんへの接し方が間違っているとは思いません。自信をもってください。
授乳・離乳食 > 母乳
1時間おきに起きるのは母乳が足りていないから?他に理由はあるの?
「今だけのこと」と思って付き合うのが良いと思います。4か月でしたら添い寝でおっぱいをあげられます。お母さんもうとうとしながらおっぱいをあげて、休日前ならパパさんにタッチして寝かしつけてもらう、なんてできるといいですね。昼間刺激を受けすぎても興奮しますが、適度な運動は大事です。寝る前のベビーマッサージなども効果的です。
子どもの病気 > 小児科なんでも
地面を擦って歩いているようで、すぐ靴に穴が開いてしまう
ふともも、ひざ、足首など足のどの部分が上がっていないように見えるか、身体の他の部分の動きはどうかなどによって、考えられる原因が変わってきます。一度小児科を受診されて歩き方を診ていただきましょう。受診される時は、穴があいた靴をお持ちになってください。歩き方といっしょに、靴のどの部分が減っているのかも確認していただきましょう。
ママ・家事・家計 > 体の不調
自分の体調に自信がなく、妊娠したものの不安感で夜も眠れない
あなたの不安は、赤ちゃんを産むという未知な体験への不安と考えられるのでは?真面目な人ほど、無事に産まなければという気持ちが強く、プレッシャーになってしまうのかも。かかりつけの産婦人科医に相談なさってみてはいかがでしょう。あるいはパニック発作で通われたクリニックに妊娠の事実を伝えた上で相談されてはいかがでしょうか。
育児・しつけ > ほめ方しかり方
形のある物は壊れるコト、を子どもに教えるにはどうしたらいい?
モノが壊れるというのは、もう少し大きくなってから自然に分かるようになるのだと思いますよ。お友達とのやり取りの中で学ぶものだと思います。まだ4歳ですから、「壊れてしまって残念だったね。また一緒に作ろうね」とお子さまの気持ちに寄り添ってあげるのが、良いと思います。
子どもの病気 > 予防接種
予防接種は、任意のものは優先順位を考えて数を減らした方がよい?
最初にするのは、罹患年齢と、重症化のリスクから考えて、ヒブ、小児肺炎球菌、できれば3種混合も一緒に。その後、BCGやポリオとなるでしょう。数を減らすという選択肢はあり得ず、さらに日本脳炎やインフルエンザも加わってきます。
結婚・妊娠・出産 > 妊娠
月経異常がある場合、妊娠するためには治療が必要ですか?
分娩後1年8ケ月無月経、妊娠前にも月経不順があったとのことですので、第2子を希望されているのであれば、出来るだけ早いうちに産婦人科を受診され、ホルモン状態をチェックしてもらい、異常があるようなら治療が必要です。
授乳・離乳食 > 離乳食
1回の離乳食をほとんど口にしないのに、2回食にすすんでいいの?
イヤイヤの時期は何でも「イヤ」といった行動を示すお子さまの発達段階の一つなのです。何かのきっかけでお子さまが食べてくれると思います。そのタイミングを待つ意味でも、リズムを付ける意味でも、離乳食の時間を毎日もたれることは大事ですね。2回食は月齢にこだわらずお子さまがもう少し食べられるようになってから始められてもいいかと思います。
育児・しつけ > まなび
飲んで満足すると、残りのジュースをこぼしてしまう(1才10ヶ月)
流しやお風呂場等にバケツやペットボトル、コップなどを用意して一緒に水遊びをしてお子様の気持ちを満足させ、「ここでだったらいいよ」ということも伝えて見てはいかがでしょうか?手を叩かれても楽しいことや興味のあることはやりたいもの。「こぼして遊ぶ」ということを一緒に楽しんでみたら、お子様の興味も変わっていくかもしれません。
育児・しつけ > トイレトレーニング
怒ったのが原因?トイレトレーニングが後戻りしてしまいがっかり
私も1人目のオムツはずしは、とても怒ってしまった経験があり、下の子にはとにかくあせらずに怒らずを心がけてます。1人目を見ていて、遅くてもいつかおむつは外れると経験してるので、お子さんも必ずオムツが外れる時期は来ますから大丈夫ですよ。お互いあせらず、ゆっくりを心がけましょうね。
ママ・家事・家計 > 家計・教育費
産休から育休の間に自宅で内職をして少しでも収入を得たい
来年度から確実に収入がある、という状況なのであれば、割り切って節約で産休時期を乗り越えるのも手かと思います。妊娠中という身では、なかなか雇ってくださる会社も少ないかもしれません。長期スパンなら、通信教育の添削や翻訳、データ入力などもあります。試験があったり、制約があったり厳しいですがご参考になれば幸いです。
育児・しつけ > 保育園・幼稚園
プレスクールで歌やダンスに参加できず、ただ眺めているだけ(3歳)
良くある光景です。皆と同じ事が出来ていなくても、眺めているだけでも十分参加出来ています。個々により参加の形も異なりますので、お子様のご様子を受け止め、お子様に無理に参加させない方がいいですね。お子様のご様子をご覧になって見て下さい。良いお顔で皆の姿を見ていると思いますよ。ご自分も参加されている証拠です。
子どもの病気 > 小児科なんでも
頭のてっぺんの皮膚が脈拍と同じスピードで動いている(4ヶ月)
頭の上の皮膚というのは大泉門と呼ばれる場所でしょう。まだ頭蓋骨が固まってないからというか、頭は複数の皿状の骨の組み合わせでできています。小さいお子さんはそれらがまだしっかり組み合わさっていないのです。
育児・しつけ > はみがき
お風呂上がりのアイスが止められず、虫歯の悪化が心配(2歳5ヶ月)
お風呂上がりのアイスをやめれないのであれば、ご飯の前にお風呂というのはいかがですか?そうするとお風呂あがってから、ご飯→デザート(アイス)にしてはいかがですか?我が家もアイスが好きで食後のデザートにしています。また、 アイスでなくても、氷でもいいかな。いろいろ試してみるといいと思います。
子どもの病気 > 歯
歯も生えていないのに顎を左右に動かし歯ぎしりみたいなことをする
歯も生えていないのに「歯ぎしり?」と驚かれたことでしょう。私も経験があるのですが、顎の位置を決めようとしていたり、生えてくる歯のスペースを確保するために歯ぎしりをすることがあるそうです。成長過程のひとつであり、生理現象のようなものかと思います。
授乳・離乳食 > 母乳
オッパイを飲み始めると目の下がジワーと赤くなる(3ヶ月)
目の下の赤みですが、アレルギーや病気でしたら、症状が継続的に出たりすると思いますし、症状が引くのも短時間では治まらないと思います。赤ちゃんの平熱は大人よりも高めなのと、授乳中に体温が上がり顔が赤くなる事もあるようですし、まぶたや目の下の皮膚は薄いので、赤みが強く出てしまうのかもしれません。
ママ・家事・家計 > 家計・教育費
ローンの繰上げ返済と教育資金などの貯金について教えてください
全ての人がそうではありませんが、初めから保険会社に天引きされていたほうが、家計管理が楽である事は間違い有りません。家計管理はバランスが大切です、つまりローンの管理、今後の資金計画や教育資金の管理など全体のバランスを考え、優先順位をつけながら計画を立てる事が良いのではないかと思います。
ママ・家事・家計 > ストレス
3歳を筆頭に3人年子の子育て、最近とても疲れてしまっている
私の場合、面倒を見る順序を逆にしました。下の子は泣いていても後にして、上の子を優先することにしたのです。そうしたら、安心したのでしょう。そのうち「ママ、赤ちゃんがかわいそう。赤ちゃんの方を見てあげて」というようになりました。オムツ持ってきてくれたり、ミルクをいっしょにあげたりとお手伝いまでするようになりました。
< 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

子育てに〝ちょうどいい〟ポイントが充実。ママを笑顔でアクティブにしてくれる6人乗り
子育てに〝ちょうどいい〟ポイントが充実。ママを笑顔でアクティブにしてくれる6人乗り
2週間無料で試せるBaby Kumon(ベビークモン) 教材を使って、ママもパパも赤ちゃんと楽しくやりとり
2週間無料で試せるBaby Kumon(ベビークモン) 教材を使って、ママもパパも赤ちゃんと楽しくやりとり
マザーズセレクション大賞発表
マザーズセレクション大賞発表
お買い物やお出かけがテキパキ&ウキウキ!ママもパパも喜ぶ機能と遊びゴコロ満載の軽ハイブリッドカー
お買い物やお出かけがテキパキ&ウキウキ!ママもパパも喜ぶ機能と遊びゴコロ満載の軽ハイブリッドカー
京都「宇治・山科エリア」に4つのコンセプトハウスが完成。春の休日、ドライブがてら家族で見学に行ってみよう
京都「宇治・山科エリア」に4つのコンセプトハウスが完成。春の休日、ドライブがてら家族で見学に行ってみよう
出産準備に備えておきたい家電(お洗濯編)
出産準備に備えておきたい家電(お洗濯編)
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
身近にあるものを使ってカンタン&楽しく! 親子で暑中見舞いを作ってみませんか
身近にあるものを使ってカンタン&楽しく! 親子で暑中見舞いを作ってみませんか
0歳の赤ちゃんにぴったり 発達心理学に基づいた子どもへの「働きかけ」とは?
0歳の赤ちゃんにぴったり 発達心理学に基づいた子どもへの「働きかけ」とは?
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
「葉酸」や「鉄分」など、妊娠中に摂るべき摂取量が時期によって異なることを知っていますか?
「葉酸」や「鉄分」など、妊娠中に摂るべき摂取量が時期によって異なることを知っていますか?
スイスイ進む注目の電動アシスト自転車で、新しい場所にどんどん冒険に行こう
スイスイ進む注目の電動アシスト自転車で、新しい場所にどんどん冒険に行こう
プロと一緒に片付けながら収納術を学んで散らかりにくい家に
プロと一緒に片付けながら収納術を学んで散らかりにくい家に
これを聞けば、もっと貯まる!夢が叶う!「子育てママの賢いマネー術講座」
これを聞けば、もっと貯まる!夢が叶う!「子育てママの賢いマネー術講座」
今年の家族旅行は、お子さま連れにうれしい最新の大型機でハワイへ!
今年の家族旅行は、お子さま連れにうれしい最新の大型機でハワイへ!

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

トイレトレーニング、どうすすめた?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.