ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子育て応援隊のズバリ!アドバイス とは
小児科のお医者さんや専門医、助産師、保育士、栄養士などの有資格者、それに先輩ママで結成した「子育て応援隊」が、育児中の相談に答えます。困ったことがあったら、みんなの悩みQ&Aを探してみて。読めばスッキリ!あなたの悩みも解決しますよ。

子育て応援隊のズバリ!アドバイス 記事一覧

子どもの病気 > 発熱、かぜ
薬を飲みやすくするゼリーがあると聞いたが、どんなゼリー?(1歳)
「この薬はダメです」との注意書きはないので粉や水や錠剤なんでもOKですね。ゼリーの説明書どおりに薬といっしょに飲んで構いません。もらった薬について何かよい方法はないか、薬をもらった医療機関で相談すると一番よい方法がもらえるでしょう。
子どもの病気 > 便秘・うんち・おしっこ
残尿感があるようで、1日20回トイレに行くのは膀胱炎?(5歳)
頻尿と残尿感から、膀胱炎を含む尿路感染症が最も考えられると思います。まずは小児科で尿検査を受けたらよいと思います。受診しましょう。
子どもの病気 > 発熱、かぜ
風邪をひいたの?朝晩、乾いた咳をして鼻も苦しそう(2ヶ月)
2ヶ月の赤ちゃん、普通あまりかぜをひかないのですが、親や兄弟などがかぜをひくとやはり濃厚に感染しもらってしまいます。時節的にも、周囲でかぜの方は多いと思います。熱はなく、元気なので様子を見てますが、、、、というのはお母さん方の常套文句ですが、熱が出たり、ぐったりする前に受診された方がいいと思います。
子どもの病気 > インフルエンザ
卵アレルギーでもインフルエンザの予防接種は受けられるの?(6歳)
インフルエンザワクチンには微量の鶏卵由来成分が含まれるので、これによるアレルギー症状が出る可能性があり、卵アレルギーの人は接種要注意者に該当します。少なくとも事前の皮膚テストが必要かと思われますので、もう一度主治医とご相談なさってください。
子どもの病気 > 歯
笑う時など下あごを出すのは噛み合わせが悪いから?矯正が必要?
まだ奥歯の噛み合わせが完成されていないはずなので、不正咬合かどうかは確定できません。矯正が必要かどうかはこれからの歯並び次第である、ということです。子どもの顎の関節は柔らかいので下の顎を前に突き出すのは容易で、本当に上下の顎の関係が悪いのかどうかは、奥歯の噛み合わせが完成してからのことです。
子どもの病気 > ストレス、発達障がい
女の子なのに小さな円形脱毛症、園生活のストレスなの?(4歳)
お母さんに言わないような我慢していることもあるかもしれません。でも、子供は正直ですからすぐに顔や身体に出てしまいます。これからも脱毛が改善しにくいようなら、一度皮膚科に受診されることを勧めます。また、子供の隠れたストレスを早めに見つけ対処してあげて下さい。
子どもの病気 > 嘔吐・下痢
病院で「消化不良」といわれたが、「下痢」とどう違うの?(5ヶ月)
下痢は消化不良も含んでいますが、もっと病的な状態をさしています。消化不良は単なる消化不全状態で、必ずしも病的なものではありません。
子どもの病気 > 予防接種
水疱瘡とおたふくかぜの予防接種をすべきか悩んでいる(1歳)
インフルエンザが優先でしょう。他のワクチンを先に打つと、インフルエンザの時機を逸してしまいます。水疱瘡とおたふくは、どちらを先に打つかは流行状況などを接種医師に聞いて相談して決めたらよいと思います。インフルエンザの予防接種のあとは、最低1週間あいていれば、つぎの予防接種ができます。
子どもの病気 > 耳鼻咽喉
舌に黒いカビのようなものがあるが、受診した方が良い?(2ヶ月)
黒舌の原因としては、ある種の抗生物質など薬剤によるものが知られていますが、それ以外ははっきりした原因がわからないものの、治療の必要はないとされています。
子どもの病気 > 目
日差しを眩しがり、曇りの日でもサングラスをかけている(2歳)
結膜炎、角膜上皮障害、睫毛乱生のような目の表面の問題から、先天性白内障、ぶどう膜炎のように即刻治療しないと一生視力を回復しないものまで考えられます。眼科を受診してください。
子どもの病気 > 予防接種
顔に5,6個赤い色の発疹ができているが、水疱瘡?(1才11ヶ月)
5~6個が片側のみであれば「虫刺され」、両側であれば「湿疹かぶれ」も考えられます。全体が赤くなる場合は「りんご病」がありますが、ぽつぽつという出方ではありません。感染性を強く示唆する所見には乏しいと思いますが、長引くようなら、かかりつけの先生に相談してください。
子どもの病気 > 小児科なんでも
背を反り返らせ大泣きするのは脳性マヒではないかと心配(2ヶ月)
確かに脳性麻痺の場合は、背中を反らして、突っ張るような体位をとることが多いですが、泣いたときに限るわけではありません。常にそういう姿勢をとります。お子様のご様子全体をみて、いつもご機嫌が悪い、何をしても泣きやまない、など、気になる点があるようでしたら、一度かかりつけの小児科にご相談なさるのも良いかと思います。
子どもの病気 > 発熱、かぜ
鼻風邪がひと月ほど治らないが、こんなに長く続くもの?(10ヶ月)
小児科1歳前後のお子さんは、免疫抵抗力が低下している時期ですから、ひとたびかぜをもらうとなかなか治りません。今、病院でどういわれているか記載がありませんが、アレルギー素因があるなら抗アレルギー剤を、あるいは、漢方薬などの利用も考えられますが、睡眠、哺乳に大きな支障がなく、機嫌に問題がなければ、病院通いを止めてみるのも手です。病院でも他の感染症をもらってしまうことがあるからです。
子どもの病気 > ストレス、発達障がい
貧乏ゆすりは、精神的なものと関係がありますか?(3歳)
2歳から保育園に通っているとのことですから、お母様とはなれたところで、楽しいこともあり、たまにはうんとがんばっていることもあるかもしれませんね。今の気持ちのよりどころを探っているのかもしれません。足首をゆすることで、不安な気持ちを落ち着かせているのかもしれませんから、今は少しだけ見守ってあげてみてはいかがでしょう?
子どもの病気 > 耳鼻咽喉
大きい音に反応しないので、耳が聞こえているかどうか不安(4ヶ月)
なるべく早い内に聴力検査を受けた方がいいと思います。乳児の聴力検査が出来る機器のある総合病院などの耳鼻科を受診して下さい。
子どもの病気 > 歯
区役所での1歳6ヶ月健診で、癒合歯と指摘を受けました
癒合歯の原因はいろいろと考えられますが、はっきりとはわからないのが現状です。乳歯の融合歯は、出産前にできますので、育児の過程の問題ではないと思います。歯並びについてはまだ1歳6ヶ月では判断できませんので、かかりつけの歯科医に定期的にみてもらってください。
子どもの病気 > 発熱、かぜ
赤ちゃんの検温はどうするの?耳温計だと左右で値が異なることも
赤ちゃんの検温ですが、おうちで計るのであればわきの下で計ってあげるのが一番信憑性のある値が計れると思います。また5ヶ月くらいの赤ちゃんではムチムチと肉付きが良いかと思われますので、首にはさんで計っても大丈夫だと思います。使用する体温計ですが、わき用電子体温計が安全で早く計測できるのでお勧めです。わき以外で計るのにも使えます。
子どもの病気 > 感染症
乾いた咳、もしかしてRSウイルスに感染したのでは?(8ヶ月)
原因はともかく、また食欲もあるし熱もないとはいえ、1ヶ月ほど前から立て続けに乾いた咳をしているわけですから、早く小児科を受診し、楽にさせてやって下さい。 熱が出てきたり、ぐったりする前に治療を開始しましょう。
子どもの病気 > 嘔吐・下痢
沢山食べた日の夜に急に吐いたのは消化不良ですか?(2歳)
もちろん食べ過ぎによる消化不良症もありますが、冬のこの時期でしたら、感染性胃腸炎からの嘔吐ではないかと思います。本格的になると、発熱・下痢も伴います。もし発熱・下痢を伴った場合は、躊躇せず小児科を受診しましょう。
子どもの病気 > ストレス、発達障がい
突然叫び声を出したりするのは、発達障がいなの?成長の一過程なの?
叫び声というのは、自閉症やアスペルガーなどの症状の一つにあげられるかと思いますが、それだけではなんとも言えないものです。発達障害の症状というものは、ものすごく個人差があり、なおかつ「必発」する症状とがないといってもいいと思います。私個人の感想から言えば、1歳半健診の時の母子手帳の項目に引っかかりがある場合は、やはりきちんとした診断を受けておくべきだと思います。
< 前 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまはアイス好き?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.