ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
子育て応援隊のズバリ!アドバイス とは
小児科のお医者さんや専門医、助産師、保育士、栄養士などの有資格者、それに先輩ママで結成した「子育て応援隊」が、育児中の相談に答えます。困ったことがあったら、みんなの悩みQ&Aを探してみて。読めばスッキリ!あなたの悩みも解決しますよ。

子育て応援隊のズバリ!アドバイス 記事一覧

子どもの病気 > 嘔吐・下痢
嘔吐・発熱の症状は落ち着いたのに、お腹を抱えるようにして寝ている
熱が下がったからといってすぐ元気になるわけではなく、まだ具合がわるいのかもしれません。お腹が痛いのかもしれませんし、そうしている方が安心するからかもしれません。もちろんご心配のように何かの病気も心配もあるかもしれません。毎日見ているお母さんが気になるのですから、ぜひかかりつけの小児科医に相談なさってください。
授乳・離乳食 > 母乳
授乳後、指をちゅぱちゅぱする音にイライラしてしまう(2ヶ月)
指しゃぶりは順調に発達している証拠です。このような状態はずっと続くことはなく、もっと体の動きが活発になり、外で遊んだりすると、このような行動もないまま眠ってしまうこともあります。子育ての疲れが溜まる時期でもありますが、お子さまの成長が著しい時でもあります。のんびり、ゆったりと子育てライフを楽しんでください。
ママ・家事・家計 > ママの人間関係
ご近所の騒音を我慢するしかない状況なので、自衛策を教えて
どうしても気になることがあると、些細なことでも気持ちがそちらに持っていかれます。今日は何をしようかな?何を作ろうかな?一日何回、声を出して笑おうか?気になる矛先を自分に向けてみたらどうでしょうか?そうするとお隣さんや上の階の方は対象外ですから、依然問題行動があったとしても案外気にならなくなるものです。
育児・しつけ > お友だち
長男も自分も、幼稚園仲間から外されてしまった気がする(6歳)
ご自身を始め、息子さんのことも、たくさんの悩みがあるようですね。その中で、何を一番大切にしようと思いますか?すべての希望がかなうわけはありませんが、優先順位を決め、決めたらそれに向かって対応していきませんか?
授乳・離乳食 > ミルク
おっぱいが大好きで、仕事復帰したときに離れることができるか心配
復帰されるころには、離乳食の時期ですね。無理にあれこれしなくても、おっぱいの回数が減ると思いますよ。赤ちゃんがおっぱいを求めるのは、眠たかったり、ママに甘えたかったり、安心したかったり、といろんな場合があります。もし、どうしても嫌がって離れたがらないときは、できるだけ応えてあげてくださいね。
ママ・家事・家計 > ストレス
周りにいるママたちがとても上手に子育てしているように思える
お子さんの事を大切に思っているからこそ、いろんな思いがでてくるのだと思います。みんな一緒ですよ!私も子育てにイライラしてしまう事がありますが、子どもはケンカしながら学び成長していくのです。上のお子さんが小学校に入ると、もっと落ち着いてくると思います。1人で悩まないで、気を楽にして、楽しい子育てをしてください。
授乳・離乳食 > 母乳
授乳中の内服治療、医師に問題ないと言われているが不安(3ヶ月)
服用しても大丈夫と判断されお薬を出されたのですから、ここはお医者さまを信じ服薬されてみてはいかがでしょうか。何か悩みごとがあるようでしたら、定期的にカウンセラーに会って対話するといったカウンセリングを受けるのも治療法の一つとしてお勧めいたします。
授乳・離乳食 > 離乳食
大人の食事に興味も示さず、離乳食がまったく進まない(10ヶ月)
決して無理しないで、食べられるものを食べられるだけで構わないです。まだ卒乳しなくてもよいので、おっぱいを好きなだけあげればよいです。お子さんの気持ちが安心してからでないと、なかなか前には進めません。2歳3歳になってもおっぱいを飲んでいるお子さんもいますし、あせらなくてよいです。
子どもの病気 > 発熱、かぜ
2ヶ月近く風邪の症状が治らないが、違う病院を受診した方がいい?
今回のような症状に限らず、なかなか治りが悪い場合には、1.病院を変える 2.頻繁に続けて通う 3.環境整備を考える、などなど十分頭に入れた上で、今受診している先生が小児科専門医ならもう一度だけ受診し、しっかり思うことをお伝えになってはどうでしょうか?
ママ・家事・家計 > 体の不調
完全母乳で産後間もないのに生理が再開することってありますか?
生理の可能性が考えられます。産後すぐの生理には排卵が伴うときもあり、伴わないこともあります。それはわかりません。したがって、妊娠する可能性はあります。妊娠を望まないのであれば、避妊することが大切ですので、ご注意ください。
育児・しつけ > まなび
ダンスを習い始めたが「ママ抱っこ」と言ってやりたがらない(3才)
一旦辞めて、入園されてから再開されても、休みつつダンス以外の楽しみも持たせて通わせる、ということでもどちらでもいいような気がします。小学生になったら続ける努力を教える必要もあると思いますが、まだ3才。いろんな体験授業だけでも充分楽しめる時期ではないかなあと思います。
子どもの病気 > 発熱、かぜ
2歳の頃から頻繁に発熱し、毎回39度前後の熱が一週間続く(6歳)
小児科や耳鼻科で何度も診てもらっているようですから大きな見逃しもないでしょう。同じ病院を受診していないから、というのも考え違いでいくつかの病院で診てもらっているからこそ診断は正しいといえるでしょう。咳も鼻水もでていないならアレルギー性鼻炎で通うのをやめてはどうですか?病院通いは風邪をもらう機会でもあります。
ママ・家事・家計 > ストレス
子どもの成長は嬉しいのだが、何とも言えない寂しさを感じる(小4)
仲良しの母娘なら、やがて大人の女性同士となり、お互い親密でもっとも信頼し合える人といった関係になっていくのではないでしょうか。その日のために、今から趣味でもお仕事でももう一つ何か家庭の外にご自分の世界を作ってごらんになってはいかがでしょうか。
子どもの病気 > 予防接種
日本脳炎予防接種、初回1回目2回目の接種間隔について(3歳8ヶ月)
できるだけ早くするに越したことはありませんが、体調不良時に無理をすることはありません。ただ、ワクチン接種後の一時的発熱は、副作用というよりありうる副反応ですからあまり神経質になることはありません。万全な時ってなかなかありませんから。
育児・しつけ > すいみん
昼寝せず寝つきも悪く、睡眠不足のせいかすぐキーっとなる(3歳)
添い寝の時間はママによって、それぞれだとは思いますが、1時間は想定内としていました。おやすみなさいといってすぐ寝てくれるということは考えにくいです。そこは少し気長に長期戦で…という感じでいらした方が、ママの気持ちも楽になるのではないかと思います。
ママ・家事・家計 > ストレス
退職してすでに2年、再就職や今後のキャリア形成に難しさを感じる
お母さんが子どもとしっかり向き合う時間を設けていると、その後の反抗期や子どもが悩んだ時に親との話合いが十分取れる関係が構築されます。社会とのつながりを意識しながら子育てにも夢中になる。子どもとお母さんの未来のためにも、今を思いっきり楽しんでみることをおすすめします。
授乳・離乳食 > ミルク
おっぱいを飲んでくれず、このまま出なくなってしまうのでは?と不安
育児の中で、いちばん大切なのは、「子が元気でいること」なのだと思います。確かに母乳は母乳の良さがありますが、それで母親が落ち込むことはないのだと。ミルクだって、抱っこして、目を見て、は同じです。そして何より、「親の思い」は同じです。「両方の楽しみ」があるのだと考えられてはいかがでしょうか?
育児・しつけ > お友だち
嫌なことをされたり言われたりすると、叩いたり蹴ったりしてしまう
うちも次男がそのような感じで大変でした。思いを上手に表現できず、ただただ自己主張するばかり。次男が集中することは何だろう?と観察していましたら、本を眺めたり図鑑を眺めたりすることが好きなことを発見。まだ本を読める時期ではなかったのですが、毎晩2冊、絵本を読んであげました。
育児・しつけ > トイレトレーニング
次女にばかり目が向くから?園でできることが家ではできない(3歳)
やはりおっしゃるように赤ちゃん返りというかお母さんへの依存心が大きいのではないでしょうか。、少しでも上のお子さんが自分でできていることをほめてあげたり、それは母としてすごく助かることだから嬉しいよ、ありがとう。と本人に伝えていくようにしたらどうでしょう?
育児・しつけ > まなび
空想の中で遊ぶのは、怒られてストレスを感じているから?(4才)
空想しながら遊びを展開出来るようになる年齢です。順調に成長なさっていると思います。経験してきた事が広がり、一人遊びの中で空想を高めていきます。楽しく見守ってあげてください。
< 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまはアイス好き?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツギフト券』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.