授乳・離乳食のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

水分補給を以前に増して嫌がるようになり、脱水になるのではと心配

幼児食 授乳・離乳食 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

水分補給を以前に増して嫌がるようになり、脱水になるのではと心配

1歳3ヶ月の男の子(第一子)がいます。赤ちゃんの時から水分補給を嫌がる子でしたが、最近さらに嫌がるようになり、これからの季節脱水になるのではと心配しています。赤ちゃんの時はミルクが大好きで、お水やお茶は飲まなくてもミルクだけはよく飲んでいました。最近はフォローアップミルクの飲む量が減り(1日で200ミリ程度)、お水やお茶は食事中に3回くらい口に含んでくれるかどうかです。散歩帰りなど食事以外の場面では水分を受け付けず、「ひと口で良いから飲んで」と息子を追いかけてしまいます。

飲ませ方にも苦戦しています。ストローマグは苦手なようで、幼児用コップは手を突っ込んでピチャピチャと水遊びをしたがり、お皿にお水を入れてスプーンから飲ませようとすると、お皿とスプーンを欲しがります。おしっこは1日で6~7回出ていますが、こんなに水分補給を嫌がっていて健康に害はないのでしょうか。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

子供によっては遊びが楽しくて夢中になっているうちに水分を忘れてしまうこともあります。その子の性格にもよります。例えば本人が飲みたい時にいつでも飲めるような体制にしておくのはいかがでしょうか?お母さんが飲ませてあげることを続けていると、お母さんも疲れてしまうかもしれません。

まだコップで自分で飲むことは難しいと思うので、例えばワオカップなどこぼれにくいコップを常に見えるところに置いておいてあげてみてはいかがでしょうか。果物やゼリーなので水分を取らせてあげてみてもいいですね。これからの季節、お母さんも暑くて大変だと思います。お母さんも自分補給をたくさんしながら、ゆっくりと見守ってあげてくださいね。

ファイナンシャルプランナー:ワーママ作家☆アヤ
2022年6月14日

確かに無味の水を嫌がるお子さんは多いかと思います。なので、どうしてもジュースなど甘味にはしりがちですが、それだけは避けて欲しいです。無味の水にも味があることがわかる味覚のある人になって欲しいと私は思います。水分補給は気になるのは当然ですが、赤ちゃん達は感受性が私達より数倍強いので「飲ませなければ」の気持ちがわかってしまい反対の行動をとることも考えられるのではないでしょうか。

ミルクをストローマグやコップで飲むのも一つの方法だと思います。コップから直接はどうですか?コップに短いストロー、赤ちゃん用麦茶パックなどもストローありますね?「どっちのコップがいい?」「お水とお茶どっちにする?」等お子さんに選んで貰ったり、同じコップで飲んだり、公園等の時は水筒から自分でコップに入れたり(こぼしても大丈夫なので)など環境をかえるのもひとつのきっかけにはなると思います。

保育士:きぬよ
2022年6月14日

いつもと比べて唇が渇いている、泣いても涙の量が少ない・出ない、尿の出る量が少ない・色が濃い、半日排尿がない、便が硬いなどあります。このような症状がみられたら、脱水になりかけてる(なっている)かもしれませんので、病院に相談もしくは受診された方がよいかと思います。

うちの息子の場合ですが、パックジュースでストロー練習をしました。側面を押すとジュースがあがってくるので、ストローでも飲めることを覚えさせました。あとコップですが私が息子と似たようなコップを使う姿を見せて「一緒だね。」「同じだね。」と声掛けしながら、息子の手助けをしつつ、コップの使い方を覚えさせました。子どもは真似をして色々学習していきますので、根気も必要ですが肩に力を入れすぎずいきましょう。

先輩ママ:くんちゃん
2022年6月14日

私の経験からですと尿も出ているのであまり心配しなくてもいいと思います。水分は足りてるので飲まないのだと思います。今後、もっと暑くなれば自然と飲むようになるのではないでしょうか。もしよかったら飲み物をゼライスの規定量の倍ぐらいの水分量で溶いてものすごく柔らかいゼリーにしたり、かき氷にして少し口の中に入れてみてあげるのを試してみてください。

お子さまと一緒に飲み物を飲んでみてはどうでしょう。お母様が飲み物を飲んでいる様子を見て欲しがるかもしれません。お子さまの様子では元気そうなので心配いらないと思います。いつもと様子が違ったりした時は気をつけてあげてください。

先輩ママ:さいあ
2022年6月14日

コップを使って水分を飲んでいるのですね。1歳になると、水に興味を持ち、水道の前にずっといる姿を見ます。流れる水を手で触って感触を楽しんだり、冷たさの感覚など、興味関心を持つことで、水を知り、集中力、持続力、観察力、好奇心、試してみようという思いなど、いろいろな発達を育んでいると、私は思います。

ちなみに、食事でコップの飲み物をこぼしたり、コップの中に手を突っ込んだりするのも発達の一つで、私の保育の経験ではこの時期の子どもによく見られる姿です。始まったなと、台拭きと雑巾をそばに置き付き合っています。十分経験すると、やらなくなります。

保育士:ふー3
2022年6月14日

アドバイザー紹介

ワーママ作家☆アヤ
専門資格 ファイナンシャルプランナー

メガバンクで法人営業として働き、金融メディアへ転職。FP2級、TOEIC910点、フランス語とスペイン語も話せます。3歳の男の子と1歳の女の子の母で、土日もワンオペ育児。お金の悩みを始め、育児や語学のことなど、お気軽にご相談ください♪

きぬよ
専門資格 保育士

二男二女の母、孫二人を持つ元保育士。現在は地域の児童館、保育室などで子どもたちと関わり合いながら、成長していく素晴らしさを肌で感じています。「Nobody’s Perfect」子育て講座のファシリテーターとして育児中のママたちと接し、完璧な親も子どもも存在しない、気持ちに寄り添う大切さが伝えられることを願っています。

くんちゃん
先輩ママ

一度流産をし、7年後に息子を出産。混合→完母、乳腺炎、断乳失敗の経験があり、息子は2歳8ヶ月から保育園へ。その当時はなかなか馴染めない息子に悩んだりもしました。色々大変ですが、仕事をしながらの育児も楽しいです。一人で全てを抱え込まないで、一緒に解決していけたらいいなぁと思います。些細な事でも気軽に相談してください。

さいあ
先輩ママ

母親になって母親ってこんなに楽しものなんだなって思います。毎日沢山の発見と楽しみがあります。子どもの笑顔を見ているのも大好きです。結婚する前は子ども英会話教室で子ども達に英語を教えていました。最近は地域の子育てに関する講座などを計画したりしています。子どもとともにいろいろなことを学んでいきたいなって思っています。

ふー3
専門資格 保育士

保育士を30年余り経験をしました。仕事の傍ら、カウンセリングの勉強をしてきました。その経験を生かして、子育てを応援したいと思います。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

2

0

注目TOPICS

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ヤケドしにくい安全設計で全方位をぐるりと暖かく お部屋の空気を汚さず、乾燥させず、安心&快適に
ヤケドしにくい安全設計で全方位をぐるりと暖かく お部屋の空気を汚さず、乾燥させず、安心&快適に
住みやすい街に住み心地のいい家がある タウン全体で快適な子育てライフをサポート
住みやすい街に住み心地のいい家がある タウン全体で快適な子育てライフをサポート
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
妊娠中のママ、生まれてくるベビー、家族みんなで続けられる、むし歯予防歯みがきを習慣に
妊娠中のママ、生まれてくるベビー、家族みんなで続けられる、むし歯予防歯みがきを習慣に
秋の肌は
秋の肌は"洗う""塗る"の2ステップで! やさしさを考えた低刺激性処方の保湿ケア
妊娠中もすこやかな毎日が過ごせる 家族みんなで続けたい健康習慣
妊娠中もすこやかな毎日が過ごせる 家族みんなで続けたい健康習慣
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
エアコンを効果的に使って、冬のお部屋をもっと暖かく
エアコンを効果的に使って、冬のお部屋をもっと暖かく
【参加無料】お子さまモデルオーディション撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さまモデルオーディション撮影会とライフプラン相談会
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

お子さまへのクリスマスプレゼント事情
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.