妊娠・出産のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

体重や体脂肪率の増え方が適切かどうか分からない(妊娠25週目)

妊娠 結婚・妊娠・出産 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

体重や体脂肪率の増え方が適切かどうか分からない(妊娠25週目)

第一子妊娠25週目の者です。身長は158~159cmで、現在の体重は48kg(妊娠前+4キロ)、体脂肪率は約27%(妊娠前+3%)あります。ネットで体験談などを検索していると、とても体重が増えてしまった方、妊娠前とそれほど変わらない方など色々なケースが出てくるので、今の体重の増え方が適切かどうかよく分からなくなります。

病院では、1ヶ月(16~20週)で1.6kg増えた時に少しオーバーかなと言われただけで、栄養指導等は受けたことがありません。妊娠中に体脂肪率が高くなるのは自然なことでしょうか。体脂肪率も気をつけてコントロールした方が良いのでしょうか。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

厚生労働省『妊産婦のための食生活指針』というものがあります。妊娠中の体重増加はお母さんと赤ちゃんにとって望ましい量があります。望ましい体重増加量は、妊娠前の体型によっても異なります。

妊娠前のBMI:BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
評価:18.5未満→低体重(やせ)、18.5以上25.0未満→ふつう、25.0以上→肥満

あなたの妊娠前のBMIは、
44÷1.58÷1.58=17.6 で低体重(やせ)になります。

続いて体格別の推奨体重増加量ですが、
低体重(やせ):18.5未満→9~12kg、ふつう:18.5以上25.0未満→7~12kg、肥満:25.0以上→個別対応となります。

よって、この妊娠前のBMIが17.6のあなたの妊娠全期間を通しての推奨体重増加量は9~12kgとなります。(1週間あたりの推奨体重増加量は0.3~0.5kg/週)

体脂肪率は妊娠中に増加するのは分かっていますが、正常値/異常値の設定、BMIの設定も決まっていません。あくまで参考値でしかありません。あまり体重を気にされてストレスをためるのもカラダによくありませんよ。

医師 産婦人科:西川 吉伸
2020年11月11日

安定期に入ってあとは出産が楽しみですね。身長は同じくらいですが、私の方が体重は少し多かったです。私は妊娠25週の時、体重が増えすぎて栄養指導が入りました。最終的には10kgほど増えました。病院に行く度に体重を増やさないように注意されました。

2年後に妊娠したときには引越しをしたので別の病院にかかりました。その先生は好きなだけ食べてもいいとのことでした。体重制限しませんでしたが、最終的に増えた体重はほぼ同じくらいだったと思います。体重の増加については個人差があるので先生から何もお話がないようでしたら気にしなくてもいいのではないでしょうか。

体重や体脂肪のことを気にするよりも食事の内容に気をつけ、食べ過ぎたと思ったら運動をすることにしたらいいと思います。私は、妊娠中にだいぶ体重が増えましたが、出産後は体重は妊娠前の体重に比べてだいぶ減りました。体脂肪については測りませんでしたのでわかりません。

子どもの出生体重はほとんど同じでした。安産で出産できることを願っています。赤ちゃんと会えるの楽しみですね。

先輩ママ:さいあ
2020年11月11日

赤ちゃんを産んでおっぱいをあげるために妊娠中から体重を増やして脂肪を溜め込もうとするのは体の仕組み、ホルモンのはたらきとして備わっています。うまくできているなと私は感心していますが、体重が増加しすぎるとママと赤ちゃんに問題となるかもしれないので、経験もあり、分かりやすくてすぐに測れる体重で妊娠中に管理するのはとても便利です。

私も診察で1度だけ、妊娠24週くらいに病院で体重で言われたことがあり、その時は、今から様子をみたほうがいいかなという意味合いだと感じました。ただし、これから体重の増え方が大きいと、指導されるかもしれないです。とりあえずは体重をめやすに管理すればよいと思います。

私の場合、お腹の赤ちゃんが大きめで食べる量が減って、体重はそこそこ増えたものの生まれてからは、私がなくなりそうなほどよくおっぱいを飲む赤ちゃんだったので、妊娠中にもうちょっと肉を溜め込めばよかったなと思うくらいでした。

逆にあんまりおっぱいを飲まない赤ちゃんだとママの体重が減らなくて困る場合もあって、ひとそれぞれなのであまり自分でキッチリと考えず、書かれている体調内容を見る限り、今は病院で言われたことだけ守っていけばいいのかなと思います。参考になれば幸いです。

薬剤師:ねこにゃん
2020年11月11日

アドバイザー紹介

西川 吉伸
医師 産婦人科

西川婦人科内科クリニック(大阪市中央区)院長。日本不妊学会評議員、日本産科婦人科内視鏡学会評議員。著書に「改定新版 赤ちゃんが授かる知恵」(日本文芸社)HPはhttp://www.nishikawa.or.jp

さいあ
先輩ママ

母親になって母親ってこんなに楽しものなんだなって思います。毎日沢山の発見と楽しみがあります。子どもの笑顔を見ているのも大好きです。結婚する前は子ども英会話教室で子ども達に英語を教えていました。最近は地域の子育てに関する講座などを計画したりしています。子どもとともにいろいろなことを学んでいきたいなって思っています。

ねこにゃん
専門資格 薬剤師

薬剤師で2児のママです。妊婦さんを含めたおかあさんおとうさん、おこさん家族みんなのくすりについてのギモンはもちろん、いろんな育児相談にお答えしています。予防接種についてもお答えしますのでよろしくお願いします。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

6

5

0

注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どんなクリスマスケーキにする?
抽選で5名様に『こども商品券(トイカード)500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.