おぞうに(雑煮)のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

我が家の“おぞうに”事情

Weekly ゴーゴーリサーチ(第729回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

新年あけましておめでとうございます。本年も「Weeklyゴーゴーリサーチ」をよろしくお願いいたします。
2016年最初のリサーチは「我が家の“おぞうに”事情」です。皆さんのお住まいの地域やご家庭によっていろいろな“おぞうに”があると思います。だしや具材、お餅のカタチなど、幅広く教えていただきました。

Q1.お正月に“おぞうに”を食べますか?

Q1.お正月に“おぞうに”を食べますか?

お正月におぞうにについて、「自宅で食べる」とお答えの方が59.2%、「実家(帰省先)で食べる」とお答えの方が35.2%で、9割以上の方が、おぞうにを食べていることがわかりました。

Q2-1.汁は?

Q2-1.汁は?

おぞうにの汁は、「すまし」とお答えの方が68.9%。すましが全国各地に最も広く浸透しているようですね。 一方、近畿や四国の一部では「白みそ」が一般的で、21.3%の方がチェックされました。

Q2-2.その他の場合は?

  • ・白味噌と合わせ味噌を混ぜたもの
  • ・豚汁と、かす汁
  • ・鳥1羽を煮出します
  • ・鶏がらスープの塩味
  • ・赤白混合のみそ煮込み
  • ・醤油ベースの出汁をきかせた汁
  • ・しょうゆベースの甘いスープ
  • ・酒粕と白みその合わせ
  • ・私の地域では小豆を使った善哉ベースのお雑煮を作ります

Q3-1.だしは?

Q3-1.だしは?

おぞうにに使うだしは、
「かつお(48.0%)」
「昆布(22.5%)」
「インスタント(14.9%)」
という順になりましました。

いつも食べ慣れているもの、おぞうにの汁に合うものを使われるのでしょう。インスタントはさっとだしがとれて便利なのでは?

Q3-2.その他の場合は?

  • ・昆布と煮干しでブレンド
  • ・昆布とカツオの合わせ
  • ・あごだし
  • ・とびうお
  • ・鳥のガラ
  • ・醤油のみ
  • ・焼きエビ
  • ・だし入りの合わせみそを使う
  • ・煮干し

Q4-1.お餅は?

Q4-1.お餅は?

お餅は、「角餅」とお答えの方が58.9%、「丸餅」とお答えの方が40.4%でした。 一般的には、関東、すましには「角餅」、関西、白みそには「丸餅」といわれていますが、地域やご家庭によって、形は変わってくるのでしょう。

Q4-2.その他の場合は?

  • ・九州流だと丸餅なんですが、妻の実家から角餅を沢山貰うので角餅で作ります
  • ・あんこ入り丸餅

Q5-1.具材は?(複数可)

Q5-1.具材は?(複数可)

おぞうにの具材は、
「大根(57.6%)」
「にんじん(57.1%)」
「鶏肉(51.5%)」
と、半数以上の方が「大根」「にんじん」「鶏肉」 にチェック。「大根」「にんじん」は汁の種類に関わらず、外せない具材なのかな? 色が紅白でおめでたいですものね。
「鶏肉」は、すましによく合うのでしょう。
以下は、汁によって、いろいろな具材を入れて食べられるようで、
「みつば(37.7%)」
「かまぼこ(35.0%)」
「ネギ(33.0%)」
「しいたけ(26.6%)」
という順になりました。

Q5-2.その他の場合は?

  • ・鯛
  • ・いくら
  • ・牡蠣
  • ・ホタテ
  • ・魚のアラ
  • ・スルメ
  • ・牛肉
  • ・こんにゃく
  • ・ちくわ
  • ・卵
  • ・伊達巻
  • ・生麩
  • ・春雨
  • ・とろろ昆布
  • ・青のり
  • ・柚子の皮
  • ・わらびなど山菜
  • ・レンコン
  • ・もち菜(正月菜)
  • ・たけのこ
  • ・せり
  • ・かぶ
  • ・かつお菜
  • ・あんこ
  • ・小豆

Q6.“おぞうに”を作るとき・食べるときの決まりごとや、地域や我が家ならではの作り方があれば教えてください。

実家が関西なので、白みその丸餅のお雑煮を毎年いただきます。これが美味しくて美味しくて。白みそ以外のお雑煮はなぜかしっくりきません。きっと皆さん我が家の味が一番ですよね。(のぶたりん/静岡県磐田市)九州の主人の実家で初めてお雑煮を食べた時に、お餅がお椀にくっつかないように薄くスライスして茹でた大根が敷いてあり、心遣い(?)に感動しました。長野の実家や親戚の家で食べるお雑煮は、本当に「雑」煮だったので、具を一つずつ煮炊きして、丁寧に盛り付けるお雑煮に感動しました。(よしなん/福岡県大野城市)子どもも食べられるように小さくしたり可愛くクッキー型でお花やハートにしてみたりして作りながら楽しんでいます。お野菜も栄養も満点なのでたくさん作って何日か食べます。寒い季節にはお正月だけでなく作ってみたりもします。一歳の子にはかなり柔らかく煮込んであげると食べてくれます。(ゆゆ/千葉県千葉市)決まりごとは特にないのですが、我が家では、たっぷりいくらの醤油漬けをトッピングします。家族皆がいくらが好きなことからこの様になりました。(おみよ/静岡県静岡市)香川県出身の私の作るお雑煮は、白みそ&餡入り丸餅です。私自身、お餅が食べられないので作るだけ…ですが、同居している私の母は懐かしい~と言って食べます。旦那や子ども達もこの味に慣れたようで、今では、我が家のお雑煮はコレに決まり!です(笑)(りぃー/茨城県坂東市)正月のお雑煮は、その家の主(男)が作る。女は料理場に立たないという昔からのならわし。そのためのおせち料理だと教えられてきた。結婚してからは旦那が作り、私の実家も旦那の実家も父が作っていた。(しー/鳥取県鳥取市)毎年おぞうにを作るのは主人の役割です。御節料理作りは一切手伝いませんが元日の雑煮だけは誰よりも早起きして作ってくれます。(コタ/東京都町田市)私の郷里は飛騨の高山市なので、おぞうには、大晦日の夕刻、とゆうより、まあ、ほぼ深夜ちかくになってから、正月のご馳走とともにいただきます。これを年取りの祝いとゆうてます。この時に飲む酒の銘柄も決まりがあって、他のものではいけんようになっているのです。そして、年が明ける前に食べ始め、食べながら年を越すのです。朝までこれが続きます。(だちかんデェ/神奈川県横浜市)我が家では、お雑煮は元日から3日にかけて毎日食べると決まっており、元日はお餅は1個、2日にはお餅は2個という感じで毎日1個ずつ増やして食べます。お餅の数を増やすことはすごく縁起が良いそうで、末永く家が繁栄することを願うという意味があると聞きました。(おはな/富山県氷見市)前の晩に用意しておき、正月は包丁は使わない。(とちこ/福岡県福岡市)母方のおぞうには具沢山のすまし汁で、父方のおぞうには小松菜のみのかつおしょうゆ汁です。また、こちらの地域では小松菜のことをもちなと言います。(にこにこさーや/愛知県津島市)鶏から出汁を取った後、鶏の身を取るのは毎年父親と私の仕事です。神棚と仏壇にお雑煮を供えてから家族一斉に食べます。(イロハス/千葉県成田市)

●感想

「我が家の“おぞうに”事情」と題した今回のリサーチはいかがでしたか? 年末年始のお忙しい時にも関わらず、たくさんのご投票をいただき、感謝しております。
“おぞうに”は地域、ご家庭によって、本当にいろいろあるのですね! ママ・パパの出身によっても変わってくるよう。元日はパパの故郷のおぞうに、2日はママの故郷のおぞうにを作る方、また、ご家庭でアレンジして食べられる方もいらっしゃいました。
そんなおぞうにが子どもたちにとって、家庭の味、故郷の味として伝わり、また作ってくれるとうれしいですよね!
さて、2016年も楽しく、子育てファミリーに役立つリサーチを行っていきます。皆さまのご投票、よろしくお願いいたします。


第730回の投票テーマは「冬のお肌トラブルありますか?」です。
今週もぜひご投票ください。

お餅がぷくっと膨らんだらおぞうにの完成! さあ、みんなでおめでとう&いただきます〜・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
我が家の“おぞうに”事情
投票期間
2015.12.24~2016.01.06
有効回答数
701
質問内容

Q1.お正月に“おぞうに”を食べますか?
Q2-1.汁は?
Q2-2.その他の場合は?
Q3-1.だしは?
Q3-2.その他の場合は?
Q4-1.お餅は?
Q4-2.その他の場合は?
Q5-1.具材は?(複数可)
Q5-2.その他の場合は?
Q6.“おぞうに”を作るとき・食べるときの決まりごとや、地域や我が家ならではの作り方があれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.