ママの自分の時間のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

自分の時間ありますか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第734回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

育児や家事にはおやすみがありません。ママはお子さまや家族のために毎日フル稼働。自分の時間を持つことができないのではありませんか? そこで、今回はママに自分の時間についてお伺いしました。今回は、お子さまをお持ちのママだけのお答えを分析しました。

Q1.お子さまは何歳ですか?(二人以上の場合は末子)

Q1.お子さまは何歳ですか?(二人以上の場合は末子)

今回のリサーチで対象となるお子さまの年齢は、
「0歳(17.6%)」
「1歳(14.6%)」
「2歳(11.3%)」
「3歳(10.7%)」
「4歳(4.9%)」
「5歳(4.4%)」
「6歳以上(31.2%)」
となりました。

Q2-1.育児、家事ではない、自分のための時間がほしいと思うときがありますか?

Q2-1.育児、家事ではない、自分のための時間がほしいと思うときがありますか?

ママは自分の時間がほしいと、「毎日思う」とお答えの方が40.7%。ママの忙しさを物語っていますね。 「時々思う」という方も35.6%。 「たまに思う」とお答えの方は16.5%でした。

Q2-2.自分の時間を何に使いたいですか?(複数可)

Q2-2.自分の時間を何に使いたいですか?(複数可)

ママは自分の時間を、「自分の趣味」に使いたいとお答えの方が半数以上で、51.2%。自分の好きなことは後回しになっていますものね。
続いては、「睡眠」とお答えの方で44.7%。赤ちゃんや小さいお子さんがいると、ミルクやおむつ替え、夜泣きなどで、ママはどうしてもゆっくり眠れませんものね。「ゆっくりお風呂に入る」とお答えの方も33.3%。お子さまがいるとお風呂の時間も削られてしまうのかも。
「ショッピング」とお答えの方も多く、44.4%。お買い物も、日頃は自分の物より子どもや家族の物が優先になってしまっているのでは。時には、買いたいものを買ったり、お店を見て歩くだけでも、気分転換になるのでしょう。
「友人と会う」とお答えの方は35.0%でした。 日頃のストレスをおしゃべりで思い切り発散!ができますよね。

Q2-3.今、まさにこれがしたいということがあれば教えてください。

ママが今まさにこれがしたいということをいくつかピックアップしました。

  • ・旅行(海外、国内、温泉、一人旅)
  • ・友人と映画、食事、飲みに行きたい
  • ・美容院、エステに行きたい
  • ・マッサージに行きたい
  • ・読書
  • ・夜一度も起きずに寝たい
  • ・資格取得
  • ・習い事
  • ・仕事
  • ・スポーツ
  • ・ショッピング

Q3-1.実際に、平均すると1日あたり、どのくらい自分の時間がありますか?

Q3-1.実際に、平均すると1日あたり、どのくらい自分の時間がありますか?

1日のうち、ママの時間はわずか「1時間程度」とお答えの方が35.9%。多くても 「3時間以上(14.7%)」「2時間程度(17.9%)」でした。また、「限りなくゼロ(10.0%)」という方も。ママがいかに自分の時間が無いかがよくわかります。

Q3-2.現在、お仕事をしていますか?

Q3-2.現在、お仕事をしていますか?

今回、投票いただいたママは「仕事をしていない」とお答えの方が34.8%。 一方、「フルタイムでしている」というママは23.7%、「パートタイム・アルバイトでしている」というママは20.9%でした。お仕事をされていると、さらに忙しく、自分の時間が取れないのではないでしょうか。

Q4.こうやって自分の時間を作っているという方法や、自分の時間にしていること、自分磨きのためにしていることなどがあれば教えてください。

毎日の少しの自分の時間に、欲しいものをネットで検索する。次のおやすみに買うために計画を立てて、その日に向けて一生懸命がんばる。(あさみどん/東京都練馬区)疲れが溜まり過ぎないうちに、また疲れを感じ始めたら、私は強制的に作業を中断し自分の時間を適度に作り、ハーブティーを飲んだり、ストレッチをしてリフレッシュさせます。自分磨きのため、日々読書をして知性を鍛えています。(みーこ/京都府京都市)子供が寝ている時。録りだめしているドラマなどを早見&早送りで見ると短時間で見れる(笑)(くろにゃん/静岡県浜松市)子どもが小学校に上がるまでは、切実に自分の時間がほしかったです。そのころにやってよかったのは、子どもと一緒に夜は8~9時に消灯すること。自然に朝4時には目が覚めて、子どもが起きてくるまで家事の合間にゆっくり足ツボマッサージ、お茶しながら読書をすることができました。子どもも規則正しく生活できて病気をしなくなるし、早寝早起きはおすすめです。(hirola/千葉県市川市)子どもが小さいときは、帰省した時にデパートへひとりで行くのが楽しみで仕方ありませんでした。今では娘と一緒にお買い物を楽しんでいます。ほんのちょっとでもほっとできる時間をつくるのが、あの頃は大事だったなと思います。(メロンパン/富山県砺波市)仕事から帰ってきて、時間を決めて家事を終わらせるようにしてます。終わったあと30分から1時間は赤ちゃんの服を作る時間にしています。(まりにゃん/愛知県名古屋市)ダラダラ過ごさない。本当に見たいTVや、必要なネット以外は見ない。自分に言い訳しない。自分を追いこむ。(ポンコツタロウ/埼玉県さいたま市)食事中やお風呂の時間をつかって、情報収集や勉強、髪や肌のケア等をしています。きっちりした時間を確保することが難しいので、そういうちょっとした時間でも有意義に使っています。(ゆーこ/広島県三原市)時々自宅でネイルをしています。子供の面倒をみていると手洗いの回数が多いのですぐに剥がれてしまいますが…気分転換になります。(にゃんこ/群馬県前橋市)週末に食材の作り置きをして、毎日パパッと料理が終わるようにしてます。これだけでも時短生活なので子供が寝てからは至福の時です。(あんこ/東京都小金井市)3ヵ月の赤ちゃんがいるんですが、しっかり寝てくれる方なので、自分が早起きして掃除、洗濯を済ませてしまい、日中のちょっとした赤ちゃんの昼寝の時間を自分の休まる時間にしてます( ´ ▽ ` )ノ後は、赤ちゃんと一緒にお風呂へ入るので、お風呂上がりの赤ちゃんを着替えさせてる間は、自分に顔パックしてます。(ニコ/宮城県石巻市)旦那さんが一通りの育児と家事が出来るので、1ヵ月に1回くらい旦那さんに子供を預けて、友人に会っています。(4ヵ月くらいから)元々旦那さんが出来る訳ではなく、参加するようにして、たくさん褒めて、できることが増えてくると積極的に手伝ってくれるようになりました。(ffflower/埼玉県春日部市)

●感想

「自分の時間ありますか?」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票をいただき、感謝しております。
育児に、家事に、さらに仕事に、ママは自分の時間をなかなか持てないよう。「ゆっくり寝たい」「美容院に行きたい」など、切実な声が聞かれました。
そんな忙しい中、午前中や夜に家事を済ませたり、今日は掃除、明日は料理の作り置きとスケジュールを決めたりして、なんとか自分の時間を確保しようとされていますね。とくに、お子さまのお昼寝中や就寝後はママのゴールデンタイム! 読書や資格取得、ヨガ、ホームエステなど自分磨きをされている方も目立ちました。
休日、ほんの1時間でもパパがお子さまの面倒を見てくれると、ママは自分のことができます。ぜひ協力をしてあげてくだいね。また、ママも疲れた時は無理をせず、休んでも、甘えてもOKですよ♪


第735回の投票テーマは「ママはぐっすり寝れますか?」です。
今週もぜひご投票ください。

パパのおかげで今日は自分タイムをエンジョイ♪これで明日からまたがんばれるよ!・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
自分の時間ありますか?
投票期間
2016.02.04~2016.02.10
有効回答数
432
質問内容

Q1.お子さまは何歳ですか?(二人以上の場合は末子)
Q2-1.育児、家事ではない、自分のための時間がほしいと思うときがありますか?
Q2-2.自分の時間を何に使いたいですか?(複数可)
Q2-3.今、まさにこれがしたいということがあれば教えてください。
Q3-1.実際に、平均すると1日あたり、どのくらい自分の時間がありますか?
Q3-2.現在、お仕事をしていますか?
Q4.こうやって自分の時間を作っているという方法や、自分の時間にしていること、自分磨きのためにしていることなどがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

1

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.