ママの睡眠のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママはぐっすり寝られますか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第735回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

毎日大忙しのママ。しっかり睡眠をとって疲れを癒やしたいのですが、朝早くから夜遅くまで家事や育児に追われていて、なかなか思うように眠れていないのでは? そこで、今回はママの睡眠事情についてリサーチを行いました。

Q1.お子さまの年齢は?(きょうだいがいる場合は末子の年齢)

Q1.お子さまの年齢は?(きょうだいがいる場合は末子の年齢)

今回のリサーチの対象となるお子さまの年齢は次の通りです。
「0歳(26.3%)」
「1歳(19.3%)」
「2歳(13.3%)」
「3歳(8.7%)」
「4歳(5.0%)」
「5歳(1.7%)」
「6歳(1.7%)」
「7歳以上(12.0%)」

Q2.ママは日頃、睡眠不足を感じてますか?

Q2.ママは日頃、睡眠不足を感じてますか?

ママは睡眠不足を「多少感じている」という方が50.9%、 「とても感じている」という方が28.4%。睡眠の度合いには個人差がありますが、8割近くの方が眠りが足りていないと感じていらっしゃるようですね。
「あまり感じていない」という方は20.7%でした。

Q3.ママの1日の睡眠時間は、だいたいどれくらい?

Q3.ママの1日の睡眠時間は、だいたいどれくらい?

ママの1日の睡眠時間は、
「5時間(32.0%)」
「6時間(26.0%)」
「7時間(18.4%)」
という順になりました。

一般的には理想の睡眠時間は6〜8時間程度といわれているので、ママの睡眠時間はやはり短いよう。夜、授乳が必要な赤ちゃんがいるママはさらに短くなってしまうのでは。保育園・幼稚園、小学校に入ると、お子さまの生活のリズムを整えるために早寝早起きが基本となり、ママの睡眠時間も増えるのかもしれませんね。

Q4-1.睡眠不足の理由や、睡眠の悩みは?(複数可)

Q4-1.睡眠不足の理由や、睡眠の悩みは?(複数可)

ママの睡眠の悩みは
「眠りが浅い(40.5%)」
「子どもの夜泣きや寝ぐずり(34.9%)」
「授乳(20.9%)」
「仕事と家事・育児の両立(20.3%)」
「子どもの寝つきが悪い(18.6%)」
「布団の中でスマホ(16.9%)」
という順になりました。

トップは、「眠りが浅い」。布団に入るギリギリまで忙しく動いていたり、夜中に何度も起きたりすると、目が冴えてしまって、なかなかぐっすり眠れないのでしょう。
「子どもの夜泣きや寝ぐずり」「授乳」「子どもの寝つきが悪い」といったことも、ママたちの「眠りが浅い」理由にあげられています。
また、「仕事と家事・育児の両立」で、睡眠時間を削っている、根本的に短いという方も。
「布団の中でスマホ」も眠れなくなるとわかっていても、日中は時間がないので、ついつい見てしまうのかもしれませんね。

Q4-2.その他の場合はどんな理由ですか?

  • ・臨月の為お腹が苦しく、頻尿もあり短時間で目覚めてしまう
  • ・胎動により寝つけない
  • ・夫の仕事が早い
  • ・夫の仕事から帰ってくる時間が遅い
  • ・子どもの寝相の悪さ
  • ・パパの寝返り
  • ・義両親と同居のストレスもあるため
  • ・育児のストレス
  • ・シングルベットで、子供と犬と寝ていて寝返りもうてない状態

Q5-1.快適な睡眠や疲れをとるために、こだわっていること、工夫していることはありますか?(複数可)

Q5-1.快適な睡眠や疲れをとるために、こだわっていること、工夫していることはありますか?(複数可)

睡眠は、快適に眠るための工夫が大切といわれています。ママたちがどのように工夫されているか伺うと、「昼寝や仮眠をとる」とお答えの方が37.9%。足りない分を上手く補われているようですね。
続いては、「あたたかい飲み物」とお答えの方で17.8%。忙しくて高ぶった気持ちと体を鎮めて、ほっこり眠りに誘ってくれるのでしょう。
また、「布団・毛布」も快適に眠るために必要なので、こだわっておられる方が15.0%いらっしゃいます。
一方で、「特にない」とお答えの方が14.0%。工夫をしている暇もないのかも。

Q5-2.その他の場合はどんなことですか?

  • ・寝る前にその日を振り返り、反省時間
  • ・週末にたまに子どもとのんびり寝て、お父さんに朝御飯作ってもらう
  • ・子供が寝ると安心するので子供の隣で寝ること
  • ・散歩や買い物
  • ・マッサージ
  • ・ノンカフェインの栄養ドリンク

Q6.ママやご家族の睡眠の悩みがあれば教えてください。また、「こうすると良いよ!」というコツがあれば教えてください。

夜通し寝たことは一度もなく、夜泣きで起きてしまう。自分自身が一度起きると、再入眠までに時間がかかるので、寝不足気味になってしまう。(みゃお/神奈川県相模原市)忙しくて睡眠時間が少ないうえに、主人のいびきがうるさくてなかなか寝付けない。耳栓をしたいけど、すると目覚まし時計の音も聞こえなくなっちゃうので…。(もも/埼玉県さいたま市)0歳の双子の授乳に加え、3歳の子が夜中起きて腕枕しなければならず授乳しながら身体をよじって反対側の子に腕枕するというすごい体勢で寝ています。いつも腕が痺れたり身体のあちこちが痛いです…。(さなちょ/茨城県龍ヶ崎市)子供が2人とも布団をすぐ蹴るので風邪を引かないか心配でどうしてもちょこちょこ起きて布団をかけてしまう。あとは、子供の寝相が悪くて顔を蹴られたりして起きてしまう事も。(よしえ/愛知県豊橋市)フルタイムで働いているので、通勤時間が大切な睡眠時間となっています。電車で乗り過ごさないように気を付けていますが、10分間眠れただけでも、かなりすっきりします。立ったまま眠ってしまうこともあるので、周りの方に迷惑にならないようにしています。(りょう/神奈川県横浜市)アイマスクをする。子供の授乳や夜中目覚めた時用に薄い灯りを付けて寝る人が多いかと思いますが、子供が動く動きが見えたり真っ暗じゃ無い環境で寝るとなんだかすぐ寝付けなかったりぐっすり眠れてない感じがします。私は最近アイマスクをすると閉ざされた視野の中で眠ることだけに専念できる気がして1人だけの空間を感じることができる幸せも感じています。ぜひおすすめです!(バウムクーヘン/岐阜県羽島郡)息子の昼寝タイムは私の昼寝タイムと決めてガッツリ寝ます!家事は少々手抜き!と割り切ってからは睡眠不足を感じなくなりました!(世志久ママ/三重県四日市市)疲れがたまりすぎたときは、静かな部屋にアロマを焚いて、クラシックを流して休むと少しは疲れがとれます!(はちみっつ/高知県高知市)冬の間は敷き布団にモコモコのシーツをかけているのですが、子どもたちはこのシーツの肌触りが大好き。寝つきがよくなった気がします。(うさくまこ/広島県安芸郡)寝る前に子どもたちと体を触れ合う遊びをすると子どもたちもグッスリ寝てくれるような気がします。あと絵本を読んだりすると寝かしつけが少しラクになりました。(ぽぽん/奈良県橿原市)寒い冬には暖房よりも布団乾燥機で少しだけでも温めて子供も布団に引き込む!冷めてきたころには息子も眠り、湯たんぽならぬ子たんぽで眠ります(笑)(ちっち/京都府京都市)主人のほうが寝つきが悪いのですが寝る前にホットミルクを飲んで背中を押してあげたら寝られるようになったようです。私は冬は100円のモコモコ靴下を履いて寝ています。(フレンチ/東京都江東区)

●感想

「ママはぐっすり寝られますか?」と題した今回のリサーチにもご協力ありがとうございます。
育児に、家事に、仕事に忙しいママ。朝から晩までバタバタしていたり、お子さまの授乳や寝ぐずりがあったりして、思うように睡眠時間を取れない、ぐっすり眠れないようです。
そんな中でもなんとか眠りの量を確保する、質を上げる工夫をされているママも。お子さまと一緒に昼寝をしたり、寝る前にあたたかい飲み物を飲んだり、また部屋を真っ暗にすることもぐっすり眠るのはいいみたいですね。
どうしても睡眠時間が足りていない、疲れが取れないと感じた時は、思いきって休むのが一番。パパやまわりの方に甘えて、ぐっすり眠るようしましょう!

第736回の投票テーマは「妊娠・出産、お金はどうする?」です。
今週もぜひご投票ください。

今日もがんばったから、すやすやスイッチオフ。明日もにこにこママスイッチオンだね!・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
ママはぐっすり寝られますか?
投票期間
2016.02.11~2016.02.17
有効回答数
369
質問内容

Q1.お子さまの年齢は?(きょうだいがいる場合は末子の年齢)
Q2.ママは日頃、睡眠不足を感じてますか?
Q3.ママの1日の睡眠時間は、だいたいどれくらい?
Q4-1.睡眠不足の理由や、睡眠の悩みは?(複数可)
Q4-2.その他の場合はどんな理由ですか?
Q5-1.快適な睡眠や疲れをとるために、こだわっていること、工夫していることはありますか?(複数可)
Q5-2.その他の場合はどんなことですか?
Q6.ママやご家族の睡眠の悩みがあれば教えてください。また、「こうすると良いよ!」というコツがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
はじめてのおむつの選び方講座
はじめてのおむつの選び方講座
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.