資格取得のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママが取りたい資格は?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第750回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

妊娠・出産後の復職やキャリアアップのために、資格を取得した、トライ中、考え中のママがいらっしゃると思います。そこで、今回のリサーチでは、どんな資格が人気で、どんなふうに取得されたかなどを教えていただきました。

Q1.妊娠・出産をきっかけに、復職のための資格を取りたいと思っていますか?

Q1.妊娠・出産をきっかけに、復職のための資格を取りたいと思っていますか?

復職のための資格は、「育児が落ち着いたら取得したい」とお答えの方が41.1%。取得したくても、育児優先になってしまい、勉強する時間がなかなか確保できないのが現実ですよね。
一方、「とくに考えていない」とお答えの方が29.0%。「すでに資格を取得し、仕事をしている」とお答えの方は11.3%でした。

Q2-1.取りたい(取った)もしくは興味がある資格はどんなものですか?(複数可)

Q2-1.取りたい(取った)もしくは興味がある資格はどんなものですか?(複数可)

ママが取りたい(取った)、興味のある資格は、
「医療福祉系(薬剤師、看護師、医療事務など)(29.4%)」
「食べ物系(栄養士、野菜ソムリエなど)(28.1%)」
「パソコン系(パソコン検定、シスアド、Word・Excelなど)(26.3%)」
「美容系(マッサージ、ネイル、リフレクソロジーなど)(17.9%)」
「教育福祉系(教員免許、保育士、介護福祉士など)(15.9%)」
「財務事務系(ファイナインシャルプランナー、簿記など)(13.6%)」
「語学系(英語検定、TOEFL、TOEIC、日本語教師など)(13.0%)」
という順になりました。

トップは、「医療福祉系(薬剤師、看護師、医療事務など)」。需要が高く、資格があれば、就職先がみつかりやすいのでしょう。
「食べ物系(栄養士、野菜ソムリエなど)」、「美容系(マッサージ、ネイル、リフレクソロジーなど)は、主婦、女性として、趣味と実益を兼ねられるのかも。
「パソコン系(パソコン検定、シスアド、Word・Excelなど)」は、在宅のお仕事も多く、子育てしながらできるので、取得したい(取得した)のでは?
「財務事務系(ファイナインシャルプランナー、簿記など)「語学系(英語検定、TOEFL、TOEIC、日本語教師など)」など、ママの得意分野、妊娠・出産前の仕事や知識を生かす資格もランクインしました。

Q2-2.その他の場合はどんな資格ですか?

  • ・介護福祉士
  • ・ケアマネージャー
  • ・ホームヘルパー
  • ・社会保険労務士
  • ・社会福祉士
  • ・臨床心理士
  • ・精神保健福祉士
  • ・旅行業務管理者
  • ・宝飾系
  • ・不動産取得一級
  • ・秘書技能検定
  • ・電気工事士
  • ・船舶免許
  • ・色彩検定
  • ・獣医師
  • ・手話
  • ・建築士
  • ・気象予報士
  • ・危険物乙種第4類
  • ・メンタルヘルスマネジメント
  • ・ペット関連
  • ・行政書士

Q3-1.資格を取る際に気になることはありますか?(複数可)

Q3-1.資格を取る際に気になることはありますか?(複数可)

資格を取る際、気になることは「費用がかかる」とお答えの方が圧倒的で、75.0%。資格にかかる費用が家計の負担になってしまっては元も子もないですよね。 「時間がとれない」とお答えの方も6割近くの59.1%。育児や家事が忙しく、なかなか勉強に集中できないのかも。

Q3-2.その他の場合はどんなことですか?

  • ・取得できるか自信がない
  • ・資格を仕事として活かす場合、育児をしながら働ける環境かわからない
  • ・仕事をしながらの資格取得はハード
  • ・なかなかやる気が起きない
  • ・どこのスクールが良いか分からない

Q4-1.1つの資格を取るために、どのくらい投資できますか(しましたか)?

Q4-1.1つの資格を取るために、どのくらい投資できますか(しましたか)?

1つの資格取得にかけることができる(かけた)投資額は、「50,000円まで 」とお答えの方が70.9%。資格は取得したいけれど、あまり投資できない、費用がかかる資格は取得できないのかも。
かけたとしても、「50,001円~100,000円(18.8%)」と、10万円以内でおさえたいのが実状のようです。

Q4-2.1つの資格を取るために、どのくらいの期間をかけられますか(かかりましたか)?

Q4-2.1つの資格を取るために、どのくらいの期間をかけられますか(かかりましたか)?

1つの資格取得にかけることができる(かけた)期間は、「半年~1年以内」とお答えの方が47.2%。投資額と同じく、時間もあまりかけたくないようです。
「半年以内」と、短期間で資格を取得して仕事をしたい(している)方も39.1%いらっしゃいました。

Q5.資格取得のエピソード(苦労やコツ)があれば教えてください。また、この資格が役に立ったなどのおすすめがあれば教えてください。

毎日少しずつ覚えていく。出来なかったところはまた次の日も見る。1日10分くらいで大丈夫です。何ヶ月も続けると結構覚えられてます。面倒くさがり屋の私でも続けられました。(あやっくま/東京都町田市)今年2歳の子供がいるが、子供が起きている時間は全て子供に費やさないといけないです。なので、夜は比較的に早く寝かしつけて夜に勉強時間を確保しています。また、寝かしつけている間に旦那に次の日の夜ごはんを作っておいてもらうなど、並行して色々作業できるように家族ぐるみで取り組んでいます。(ハニー/大阪府豊中市)国家資格を取ったときは、受験の3ヶ月前に勉強を始めました。長く少しずつやるよりメリハリつけて、時間を作ることがコツだと思います。社会福祉士は、自分が生活する上で役に立ちますよ。仕事じゃなく、社会保障や公的扶助や六法が身に付くので、生きていくのに無駄がなくなって楽になります。(めめこ/秋田県秋田市)ヘルパーの資格を取り、働き始めるとあっという間に実務経験3年を過ぎ、介護福祉士の資格がとれて、その後も実務経験を積み、介護支援専門員の資格を取り、スキルアップしてきました。パートだったので、空いた時間に試験勉強もできたので、合格できたのかな?とも思ってます。(しげっち/北海道石狩郡)ファイナンシャルプランナーは、様々な種類の会社で役に立つ資格なので、就活の際に役にたちました。(hinamama/宮崎県宮崎市)家事や育児の合間をぬいながらの勉強では、勉強の進捗が遅いのと、なかなか覚えられません。土日の主人が休みの日に、子どものお世話を任せて静かに勉強するとはかどりましたし、覚えも早かったように思います。集中できる環境づくりが1番!先日FP2級を取得しましたが、家計収支についてや、税金関連は家計を任せられている主婦には役立つ情報ばかりで勉強してよかったなと思っています。(なすび/奈良県生駒市)簿記1級取得を目指して勉強していますが、2級をちゃんと理解しないまま合格してしまったので今になって苦労しています。やはりその場できちんと理解してから進むべきですね。自分自身のためでもありますが、子供にも勉強が楽しいということが伝わればいいなと思います。(ふく/千葉県佐倉市)保育士資格を取得しました。普段の子育てだけでなく、専門的な知識が得られたのでとても良かったと思います。ただ、仕事内容と給料が割りに合わないので、やりたい仕事と現実の生活のための給料を天秤にかけてしまいます。(ねこ/新潟県上越市)介護事務の資格を通信講座で取りました。忙しい合間の勉強は大変でしたが、1週間ごとに計画を立て、目標を持って取り組みました。福祉系の資格はとても役に立つと思います。(ありこ/山梨県韮崎市)独身時代に医療事務の資格を取りました。簡単とは言えないので、試験前の勉強は大変でしたが、この資格を持っていることでどこの病院でも採用されやすいです。(みみりん/滋賀県長浜市)調理師の資格を取りましたが調理関係の仕事はどの県に行っても活用できるので重宝しています。(とも/福井県福井市)看護師の資格を大学の時にとったのですが、出産育児を経てさらに視野が広がり、ベビーマッサージやアロマテラピーなどにも興味があります。自身にも役に立つものなので取得にも意欲が湧きそうです。(れもんまま/愛知県岡崎市)同じ資格を取ろうとしている仲間がいたら続けていけると思います。最近は記憶力も落ちて大変だろうと思いますが、仲間がいたら頑張れる気がします。リアルな仲間でなくてもインターネットを通じて同じ志を持った人と交流できたらとも思っています。(あひ/千葉県君津市)通信教育では自宅での勉強がはかどらず資格取得のスクールに通った。(まろん/神奈川県横浜市)継続して続けることが難しく、幾度となく挫折をしました。育児の合間を縫って計画的に勉強できる人にはオススメだと思いますが、気まぐれで始めると中途半端になってしまう。(じゃがいも/福島県いわき市)

●感想

「ママが取りたい資格は?」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票をいただき、感謝しております。
今回の結果を見ると、学生時代や独身時代、妊娠・出産前に取得した資格、妊娠、出産後に取得した資格を生かして働いておられるママがたくさんいらっしゃいました。
ただ、育児、家事と並行して勉強するのは相当の覚悟と、パパをはじめ、まわりの理解や協力が必要で、挫折してしまったという声も。せっかく取得した資格を生かせないというケースもあるようです。
なぜその資格を取得したいのか、どう生かせるのか、しっかり考えてからトライしたいですね。もちろん、一生懸命頑張って取得した資格はママを一段と輝かせてくれるはずです!

第751回の投票テーマは「三世代旅行実態調査」です。
今週もぜひご投票ください。

子どもを寝かしつけたら、ママのスタディタイム。かわいい寝顔にやる気アップだね・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
ママが取りたい資格は?
投票期間
2016.06.02~2016.06.08
有効回答数
1559
質問内容

Q1.妊娠・出産をきっかけに、復職のための資格を取りたいと思っていますか?
Q2-1.取りたい(取った)もしくは興味がある資格はどんなものですか?(複数可)
Q2-2.その他の場合はどんな資格ですか?
Q3-1.資格を取る際に気になることはありますか?(複数可)
Q3-2.その他の場合はどんなことですか?
Q4-1.1つの資格を取るために、どのくらい投資できますか(しましたか)?
Q4-2.1つの資格を取るために、どのくらいの期間をかけられますか(かかりましたか)?
Q5.資格取得のエピソード(苦労やコツ)があれば教えてください。また、この資格が役に立ったなどのおすすめがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.