化粧のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

お化粧していますか!?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第39回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

「いつも、いつまでもきれいでいたい…」これは女性にとって永遠の願いです。そこで今回は、お化粧してますか? と題して55192会員の皆さんに第39回目のアンケートをお願いしました。皆さんの“きれいであること”への関心の高さを表してか、有効投票数は276票! 妊娠や出産、子育てなど、環境が変わるとお肌やおしゃれだって変わってくるもの。そんな中でママたちは“きれい”に対してどんな風に考えているのでしょう? 「きれいだね」って言われたい全国のママ! 今回も必見ですよ!

Q1.月々のお化粧品代は?
Q2 妊娠・出産前より増えた?減った?

919_1

1カ月の“化粧品代”については、約57%の方がお答えになった「3,000円未満」が第1位でした。続いて「3,000~5,000円未満(約26%)」「7,000~1万円未満(約6%)」「5,000~7,000円未満(約5%)」が上位に。中には「3万円以上」という方も!
 さらにその金額を『妊娠・結婚前』と比べると、「安くなった」という方が約53%で「変わらない(約41%)」「高くなった(約 6%)」を上回る結果が…。結婚するとやっぱり自分のものにかける金額は少なくなりがち? でも「変わらない」とお答えの方も「安くなった」という方とほぼ同数。上手にやりくりされているのか、それとも前からお化粧品にかける金額が少なかったのか?…“きれい”でありたいという気持ちは皆さん同じのはずですよね!

Q3.自分の“きれい”に満足してる?

919_2

トップは「子育て優先で、なおざりになりがち(約40%)」というお答えでした。
あとは「子育てに手をとられつつも、かなり意識してがんばっている(約33%)」
今はほとんどかまっていない(約25%)」
充分、時間・手間がかけられている(約2%)」の順にランクイン。
このうち「なおざりになりがち」と「ほとんどかまっていない」とお答えになった方を足すと“約65%”で過半数をオーバー。やはり子育てママは忙しいんだなぁ…と再認識しました。

Q4.今欲しいのはどんな化粧品?

919_3

各化粧品会社がさまざまなコンセプトで商品を開発していますが、55192ママが今ホントに欲しい化粧品は何だったのでしょう? 答えはズバリ、「ホワイトニング(美白、シミ、くすみ対策/約75%)」! 他を大きく引きはなしてダントツの第1位です。
続いて「リンクルケア(シワ、たるみ対策/約25%)」「保水・保湿系(乾燥肌対策/約18%)」「さっぱり系(オイリー肌をノーマル肌に/約15%)」「その他(にきび、1本ですべてが済むもの、毛穴を引き締める、口紅、アイシャドウなど/約8%)」という結果に。 皆さんの欲しい化粧品は“きれいに見せるモノ”よりも“肌そのものを美しくする、整えるモノ”が多いようですね。

Q5.あなたの“きれい”の工夫・努力を教えて!

しっかりきれい編

ビタミンC(薬)を飲んで、野菜中心・便秘をしないように適度な運動や水分(糖分のものは避けるように)をとっている。1週間に2回のパック。毎晩お風呂上がりに、たっぷりと化粧水を肌に なじませて、コップ1杯の水をのんでねている。(み-ママ)私の実家が近いので(歩いて5分程度の所です)、うちの両親には日頃お世話になりっぱなしなので、私が1日実家の家事を毎年やってあげています。母はじっとしていられない様で「何か手伝お~か?」って言ってくれますが…。やっぱり、この日だけはゆっくりしてもらいたい!! のですが、 知らない間に「孫」と遊んでいます!! ^0^(じゅんちゃん)『すっぴん』で外出はしないようにしています。夏など紫外線が強い時などに、何もつけずにいることはかえって肌に悪いと聞きました。 ファンデーションはつけない時でもUVケアのものをつけたりしていました。どんなに“きれい”にお化粧をしていても肌が荒れていては“きれい”には見えないと思うし、年齢よりも上に見られてしまう場合もあると思います。ファンデにこだわるよりは化粧水など、これからの季節は水分が保てるものなど肌には気を使っています。(ちこり)外出しない日は化粧はせずに肌を休めるようにしているけど、基礎化粧品は必ずつけて肌の手入れは怠らない! 朝は洗顔から始めてUVカットの乳液をつける。夜は化粧はしなくてもUVカットの乳液をしっかりと落とすために、クレンジングも忘れない。(てんちゃん)長女を出産してすぐの頃はお化粧もな~んか面倒くさくってあまりしてませんでした。ファンデーションが子供につくのも悪いかなーなんて思ったり。 でも、やっぱり女はいつまでも美しく、若く、綺麗でありたい!! と思うもの。 今ではメイクをバッチリ決めるようにしてます。マスカラだってしっかりつけてます♪(お-ちゃん)毎日、洗顔、化粧水、美容液と基本的な事はどんなに忙しくても絶対やるようにしています。疲れたときには、美容液をたっぷりつけて細かく切ったティッシュでパックするとふっくらモチモチになります。 いつもきれいなママでいたい、きれいな妻でいたいと思うことも大事ですよね。(ともりん)お化粧をきちんとしていると気が引き締まり、自然に姿勢も良くなります。子育て中だからというのを言い訳にしたくないので。 身なりもそうですが、今は言葉遣い(敬語)や、女らしいしぐさを身につけなくては…と30歳過ぎてしみじみ感じます。(しずく)これだけは…!編

お風呂上りは乾燥しがちなので、たとえ子供が泣いてても化粧水は必ず丁寧につける。もちろん乳液も。どうせ5分もかからないのだから、その5分でお肌は変わる。(純子)とりあえず洗顔第一!! 素肌がきたないとお化粧しても化粧がのらないので、洗顔してから化粧水や乳液は必ず。それだけで結構肌がきれいになりますよ!!(チハのママ)「ピタっとした服を着て体型を常に意識する。化粧をする時間がなくても基礎化粧品は必ずつける。(ひろえ)子育てが大変でスキンケアが適当でした。いつの間にか細かいそばかすができ、肌の張りもなくなっていました。最近はどんなに忙しくても寝る前のスキンケアには時間をかけるようにしています。(みおちゃんママ)洗顔には忙しくても時間をかけます。 外側にお金をかけるより、食事に気をつけたり、ゆとりのある時間を持ったりしています。メイクに凝ったりするのは、下の子が保育所に行きだしてからでもいいかなと思ってます。(きゅうちゃん)日々育児に追われて何もしてないが、せめて洗顔をしてる時だけは顔のマッサージをして引き締めるようにしている。(くまママ)お肌ケア編

クレンジングでしっかり落として化粧水をつけすぎ? って言うくらいはたきます。週1回はクリームパックです。この間幼稚園の園開放に行ったら、久しぶりに会えたお友達に「綺麗になって~」と言われて嬉しかったです。(ともちゃん)ぬるま湯で顔をまず洗って、それから洗顔して又ぬるま湯でゆすいで、今度は冷たい水で洗っています!(ようりん)マッサージを欠かさず、皮膚のたるみを防ぎます。(りこ)以前テレビで見た米のとぎ汁洗顔と、小麦粉パックを続けています。 肌のしみが出にくくなるそうです。(ゆーたん)洗顔はよく泡立てて念入りにしてます。20代の頃はしてませんでしたが、今では週に1~2回はパックもしています。パックをした翌朝は全然違いますよ。30代になるとある程度手をかけないとダメですよね。あとは笑顔を心がけています。(おぐ)娘を毎日自転車で幼稚園に送り迎えしています。特に日焼けには気をつけて首や腕などもケアしています。私自身、化粧品が好きなのでお風呂上りにはパックもよくします。ただ2歳の息子は怖がってあまりそばに寄ってきません。(すずらん)がんばるぞ!編

やっぱり「お手入れです」。主人のお母さんは化粧品屋さんですが、さすがに67歳とは思えないくらい美しいです(色も白く、肌もきれい)。30代の私の方が美しくないぐらい…。義母は毎日1時間ぐらいマッサージをしたりお手入れしてます。私も見習わなくっちゃ!(かずママ)いつも午前中はスッピン。でも買い物や友達と会ったりしたら、このままじゃヤバイとあせり、次の日はきちんとメイク!! ほかの人の刺激を受けてあせりながら自分にやる気を出さしてます。(はる)外出するときはナチュラルメイクをしてます。が、赤ちゃんの検診なんかに 行くときは、まわりは若いママが多いのでめいっぱい若づくりメイクにします。私は34歳なので…。さぁ、今日もがんばるぞ!(くままーく)私は塗りたくるお化粧より素肌に近いお化粧を心がけているので、スキンケアに力をいれてます!! しみのないお肌がんばるぞー!!!(ももちゃん)自分のやりたい事はやるようにしている。そうすることで精神的な安定がとれて元気でいられるように思います。(yurira)実母が言うには「夫が仕事に行く前にきちんとお化粧してなさいね」って言ってるけど…確かに母は外出しないときでもしてた…。結婚して早や2年、子供もできて奇麗なママでいなくっちゃ。それがわたしの努力!? 目標!?(まーちゃん)毎日朝晩のシミ、シワ対策。私が鏡を見てがんばっていると1歳の子供がなぜかぐずり始める。それでも負けず塗りつづける私。(ゆうゆうまま)マイルール編

シンプル・イズ・ベストを心がけ、あまり化粧品に頼りすぎないようにしている。あまり化粧品に頼りすぎてしまうと、だんだん化粧がケバくなってしまうし、素顔のきれいさが無くなってしまうように思うので、素肌美人(笑)を目指している。(ふうか)どこにも出かけなくても1日1回はお化粧するようにしています。あと育児書などを買う時、きれいになるための雑誌も購入するようにしています。(ゆりひめ)どんなに育児に手がかかっていても化粧をしてきれいにしているということが自分のモットー。母でもあるけど妻でもある。ダンナから見てきれいでいたいから化粧をして、少しでも手入れして肌がきれいでいたい…。(あっこ)家にいるときでもなるべく化粧はするように意識しています。化粧するとなぜか気持ちまでシャキッとするので。(としこまま)鏡を毎日ちゃんと見る。 おざなりになりながらも鏡を見ていれば気をつけるところがわかる。(ようたん)自宅に1日いないようにしている。外に出れば必然的に人の目もあるので化粧はしようという気にもなり、他人を見て一層努力しようと反省もすると思う。(ともちゃん)その他

いろいろなカラーのTシャツを買って着ています。きれいな色を着ると自分もしゃんとするし、元気になります。そして子供たちも喜んでくれるので。(ともママ)パパとお出かけ(もちろんちびもいっしょ)の時は、かなり気合いを入れる。 いつも家では何もしてなくても他の女性に負けないようにと思いがんばる。 出かける時にきれいにするのも妻の役目だと思う。(ちさまま)もともとあまり凝ったメイクをするほうではなかったので、結婚してからはほとんどノーメークでしたが、最近はスーパーに行くときも一応するようにしています。年とともに隠さないといけないものも出てきたし、一応最低のマナーかなとも感じるようになったので。ただ、メークをすること=きれいでは無いと思うので、心にゆとりのある生活をしていれば本当の意味で「きれい」でいられるように思うのですが…。(いく)雑誌などを見て、今流行りの洋服や小物などをチェックする。 ウィンドウショッピングでもいいからお店に数多く行く。(ひろちん)美容院にこまめに行き、毎日薄化粧をする…。サプリメントを上手にとって、たまの休み、月1回でも良いからきちんとお化粧して着飾って夫とデートをする…。妊娠するまで心がけてはいましたが、結婚して2ヶ月で妊娠。仕事もやめ現在妊娠そろそろ10ヶ月。体重は20キロ増え、今までの服はもちろん入らず、最近では産婦人科に行くときしか化粧をしません。夫は特に言わないけれど、自分では「これじゃあ詐欺だよな~…」と思っています。結婚してこんなに太ってごめんなさい。その代わり毎日の掃除・洗濯・料理は欠かさず頑張っています。(もうすぐまま)野菜をたくさん食べて、よく寝る! 睡眠不足になると、とたんに吹き出物がでてしまいます。あと近所の奥さんとストレス発散にしゃべることかな?(れいちゃん)

●感想

第39回目のゴーゴーリサーチNOW。今回は「お化粧」を通して“きれい”に関するご意見をたくさん頂だいしました。お化粧、というものは女性にとってかなりプライベートな部分。それだけに他のママたちがどんな“きれいの努力”をしているのかは気になるところでもありますよね。皆さんのコメントを拝見しながら、“きれい”の価値観はそれぞれ違うけれど、自分なりにとても大切にお考えであることがわかりました。中には

「このアンケートできれいになるための努力を思い出しました。育児を理由にどうでもよくなっていることに反省。これじゃあパパや子供がかわいそうですよね。せめてきれいになりたいと思うことだけは忘れないようにしようと思います。」(ヤン)
という方もおられ、このアンケートが少しでも55192ママたちの“きれい”のお役に立てたのならウレシイな! と思っています。これからもお子さまのため、パパのため、そしてもちろんママご自身のために、どんどんきれいになってくださいね!

第40回目の投票テーマは「お子さまからどう呼ばれたいですか?」です。
今週もぜひ、ご投票ください。

忙しいけどがんばってみる? 今日からちょっときれいになって…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
お化粧していますか!?
投票期間
2001.09.13~2001.09.19
有効回答数
276
質問内容

Q1: 月々にかけている化粧品代はいくらくらいですか。
Q2: その値段は、妊娠やお子さまが生まれる前と比べて?
Q3: “きれい”でいることに対して、今現在の満足度はどのくらいですか。
Q4: 今、いちばん欲しいのはどんな機能の化粧品ですか。(複数可)
Q5: “きれい”でいることに関して、あなた自身の工夫、努力があれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.