命名のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

お子さまの“命名の由来”教えてください!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第739回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

親として初めての大仕事である命名。お子さまの一生に関わることなので、あれこれ悩み、考え、思いを込めて命名されたことでしょう。今回は、お子さまの命名の由来について、皆さんに教えていただきました。

Q1-1.お子さまの名前は主に誰が決めましたか?(プレママの方は予定で。きょうだいがいる場合は複数可)

Q1-1.お子さまの名前は主に誰が決めましたか?(プレママの方は予定で。きょうだいがいる場合は複数可)

お子さまの名前を決めたのは、「ママ・パパ合作」とお答えの方が55.8%。ふたりの宝物ですから、一緒に考えられたのでしょう。
「ママ」とお答えの方は21.6%、「パパ」とお答えの方は20.7%でした。ママ・パパそれぞれに思いがあった名前を付けられたのかな。
ママ・パパのじ〜じ・ば〜ばとお答えの方は少なめでした。

Q1-2.その他の場合はどなたですか?

  • ・姓名判断占い師
  • ・親戚
  • ・叔母
  • ・姉
  • ・下の子の名前は候補の中から上の子が「この名前だよ!」と宣言しました
  • ・ママの兄
  • ・お坊さん
  • ・おばあちゃんのような人

Q2.お子さまの名前はいつ決めましたか?

Q2.お子さまの名前はいつ決めましたか?

お子さまの名前を決めたのは「産まれる前から」という方が多く、67.8%。お子さまを授かった瞬間から考えられていたのでしょう。
「出生届を出すまでに」とお答えの方は25.9%。候補がたくさんあり、悩まれたのかな。
「産まれた日」とお答えの方も6.3%いらっしゃいました。その瞬間の感動やインスピレーションを大切にされたのかも。

Q3.字画など、姓名判断にこだわりましたか?

Q3.字画など、姓名判断にこだわりましたか?

字画など、姓名判断は、「一応こだわった」とお答えの方が46.3%。姓名判断にはいろいろなものがあり、正解はないのですが、できれば良いものを付けてあげたいですよね。
「大変こだわった」という方も28.9%いらっしゃいました。
一方、「特にこだわらなかった」とお答えの方は24.8%でした。

Q4.親や祖父母の名前の継承にこだわりましたか?

Q4.親や祖父母の名前の継承にこだわりましたか?

親や祖父母の名前の継承については、「特にこだわらなかった」とお答えの方が大半で、80.6%でした。お子さまの個性を大切にされたのでしょうね。

Q5.有名人や、名付けランキングなど、流行の名前を参考にしましたか?

Q5.有名人や、名付けランキングなど、流行の名前を参考にしましたか?

時代や流行を映し出す名前。名付けランキングなども発表されますが、そういった流行などは「特に気にしなかった」とお答えの方が多く、77.1%。夫婦の思い、お子さまの個性を最優先にされたのでしょう。
一方、「かぶらないようにした」という方も15.5%いらっしゃいました。よくある名前にはしたくなかったのかも。

Q6.お子さまの命名にあたり、一番こだわった点、いわゆる命名の由来について教えてください。(きょうだいの命名でこだわった点なども)

悠って漢字を入れたくて、3人の息子全員に入れました。(味噌汁姫/鹿児島県霧島市)名前は与えられたメッセージだと思い、男の子には優しくて嘘をつかない子、女の子には、自分が子供のときに泣き虫だったので力強い名前にしました。(akky/東京都稲城市)名前が繋がるように私の名前が奈美なので、みから始まる名前で長女がみゆ、次女がゆから始まるゆめと、しりとりみたいになるようにしました。(タマラブ/兵庫県神戸市)夫の趣味が山登りで、初めて信州に行った時、梓川を見て感動し、結婚して女の子が生まれたら、梓という名前にしたいと思ったそうです。(なが9012/和歌山県橋本市)生まれる前は色々と考えていたんですが、生まれた日にとても菜の花が太陽に照らされてキラキラしてとても綺麗でした。その瞬間、陽菜という名前にしようと決めました。今でもこの名前を見るだけで、この子を産んだ日のことを思い出します。いつか子供に名前の由来を聞かれた時に、この世に生まれた日のことを話してあげたかったので、生まれた日を由来にしました。(e.f/神奈川県川崎市)妊娠後期にお腹の中で病気をしている事がわかり、とにかく元気に産まれてきて欲しいと生命力の強い名前にしました。(みなやん/兵庫県加古郡)娘の名は、私達が出会い、お互いを異性として意識した場所に咲いていた花にちなんで名付けました。また、私達にとって、特別な意味を持つ「月」の字をあわせました。劇的にあまあまな理由ですが、私達の想いがあって、その結果として産まれてくる宝物、という意味を込めました。…でも、男の子でなくて、よかった。一緒に名前を考えたその人は、もう亡いけれど、二人の想いを背負った娘は、天真爛漫に育っています。(百襲姫/埼玉県所沢市)生まれる前に、人の生死に関わる出来事があり、強く生きてほしいという願いを込めて<生>の字を名前につけました。(maa/福岡県福岡市)日本人らしく、季節を感じられる名前で、漢字は当て字を使わず誰にでも読めること。名前だけで女の子だとわかること。覚えてもらいやすいこと。年をとっても恥ずかしくないことをポイントに決めました。(ロシナンテ2世/熊本県熊本市)二人の子供がおります。長男の名前は字数にもこだわりましたが、その為か50代60代の年齢の方に人気の名前(音・響き)で、今風の名前ではありません。家族を結ぶ絆という意味もあるというその名前は私(父)の好きな名前です。名前が性格や人間を決めるのではないでしょうが、あまり手のかからない子供で、まあ親からすればよい子に育ってくれています。ただ、子供に長男ということを押し付けた名前かなという思いもあり、次の子供も男の子とわかってからは、次男にはもっと伸び伸び育ってもらいたい、という思いで名前を付けました。思いが通じたか、通じすぎたのか、兄とは対照的に活発すぎで手を焼いておりますが。(かめっち/神奈川県川崎市)息子が妻のおなかにいるときに、よしよしと可愛がっていたので、名前の本を参考に良登と、名付けた。(しん/神奈川県横浜市)産気づいたと知らせを受け、職場から土砂降りの豪雨の中を車で病院へ駆けつけました。到着したら既に出産後で立ち会えませんでしたが、対面し触れ合って癒された後、帰路につこうと病院を出ると、満月の晴天に変わっていました。なんだかとても「お月様」が優しく感じられたので、「優月(ゆづき)」と名付けました。(daidaini/愛知県小牧市)長男は、はじめての子ということもあり、時間をかけて考えました。パパの「自分の名前から一文字使いたい」という希望と、武将のような響きが気に入ってつけました。(まゆぽん/三重県朝日町)男の子が二人います。夫は誠といいます。漢字の通り、私が知っている範囲では誠実で程よくまじめで愛情深いです。そういう人になってほしいという思いから、誠と同じような意味で同じ読み方ができる、「諒」と「諄」と名付けました。(RJお母さん/大阪府藤井寺市)私達が花に関する仕事をしているので、花言葉を由来に名付けました☆兄弟の名前の頭文字をとると私の名前になるように主人が考えてくれました☆(四人ママぴよ/福島県河沼郡)

●感想

「お子さまの“命名の由来”教えてください!」と題したリサーチはいかがでしたか。
お子さまの一生のものとなる名前。その子の個性、人となりも表すことにもなるので、ママ・パパとしては、本当に一生懸命考えて名付けられたよう。それぞれにこだわりがありましたが、流行や姓名判断などにはとらわれず、お子さまのこと、ママ・パパの思いを大切に名付けられていました。また、命名の由来を子どもたちに話すこともママ・パパの喜びになっているようでした。
今回もたくさんのご投票をいただき、ありがとうございます。

第740回の投票テーマは「トイレトレーニング、どうすすめた?」です。
今週もぜひご投票ください。

名前はママ・パパからの初めてのプレゼント。気に入ってくれるとうれしいな。・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
お子さまの“命名の由来”教えてください!
投票期間
2016.03.10~2016.03.16
有効回答数
509
質問内容

Q1-1.お子さまの名前は主に誰が決めましたか?(プレママの方は予定で。きょうだいがいる場合は複数可)
Q1-2.その他の場合はどなたですか?
Q2.お子さまの名前はいつ決めましたか?
Q3.字画など、姓名判断にこだわりましたか?
Q4.親や祖父母の名前の継承にこだわりましたか?
Q5.有名人や、名付けランキングなど、流行の名前を参考にしましたか?
Q6.お子さまの命名にあたり、一番こだわった点、いわゆる命名の由来について教えてください。(きょうだいの命名でこだわった点なども)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note

注目トピックス

保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.