室内遊びのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

寒い日の室内遊び、どうしてる?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第539回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

冬は気温が低かったり、雪が積もっていたりすることもあり、お子さまを外で遊ばせてあげられない日もありますよね。では、皆さんはこの寒い冬にお子さまをどんな風に遊ばせておられるのでしょう。今週のテーマは「寒い日の室内遊び、どうしてる?」。屋内での遊び方、アイデアを教えていただきました。

Q1.お子さまの年齢は?きょうだいがいる場合は末子の年齢を選んでください。

Q1.お子さまの年齢は?きょうだいがいる場合は末子の年齢を選んでください。

今回のリサーチで対象となるお子さまの年齢は以下の通りです。

  • 「6ヵ月未満(12.9%)」
  • 「6ヵ月~1歳未満(10.7%)」
  • 「1歳(13.8%)」
  • 「2歳(12.6%)」
  • 「3歳(9.9%)」
  • 「4歳(5.7%)」
  • 「5歳以上(34.4%)」

Q2-1.寒い日や雨の日などお子さまがお外で遊べない時、どうしていますか?(複数可)

Q2-1.寒い日や雨の日などお子さまがお外で遊べない時、どうしていますか?(複数可)

寒い日や雨、雪の日などの遊ばせ方は、

  • 「家で遊ぶ(88.7%)」
  • 「ショッピングセンターなどのプレイコーナーを利用する(25.2%)」
  • 「図書館へ行く(19.6%)」
  • 「お友だちの家に遊びに行く(17.9%)」
  • 「お友だちを家に呼ぶ(17.3%)」
  • 「児童館を利用する(13.5%)」
という結果になりました。

寒い日や雨、雪の日などは「家で遊ぶ」とお答えの方がダントツのトップ。そんな日は、子連れでどこかにお出かけするのも大変ですよね。
それでも、お家の中だけではお子さまがどうしても退屈しちゃうという方は、遊び場を求めてお出かけされるようです。「ショッピングセンターなどのプレイコーナーを利用する」というママは、買い物もついでにできてしまうので、一石二鳥ですね。

「図書館へ行く」「児童館を利用する」と、地域の施設に足を運ぶ方も。これらは無料で利用できることも多いので活用したいですね。

「お友だちの家に遊びに行く」 「お友だちを家に呼ぶ」 という方もいらっしゃいました。
お友だちがいれば、お家の中でも楽しめますよね。

Q2-2.その他の場合、具体的に教えてください。

  • ・祖父母の家に遊びに行く
  • ・従姉の家に行く
  • ・子育て支援センター
  • ・保育園のサロンに行きます
  • ・博物館、映画館
  • ・最寄駅構内を散歩、電車や新幹線を見せています
  • ・習い事のお教室に行く
  • ・スポーツセンターに行く
  • ・カラオケBOX
  • ・雨の日は子供も眠たいみたいで、寝たりします
  • ・マンションの廊下などをウロウロ
  • ・ドライブをする

Q3-1.家で遊ぶ場合は何をしていますか?(複数可)

Q3-1.家で遊ぶ場合は何をしていますか?(複数可)

お家で遊ぶ場合の「遊び方」ベスト5は、

  • 「DVDやテレビを見る(63.4%)」
  • 「絵本を読む(59.4%)」
  • 「人形やおもちゃで遊ぶ(44.1%)」
  • 「お絵かきやぬり絵(43.6%)」
  • 「ブロックや積み木などで遊ぶ(41.8%)」
という結果に。

お家の中は、外とは違って飛んだり、走ったりはできないので、座ってできることや知育系の遊びに答えが集まりました。
トップは「DVDやテレビを見る」。ママ・パパも一緒に見ることができるので、親子で楽しめますよね。
「絵本を読む」というお答えも多数。小さなお子さまの場合は、まだひとりで読むことができないので、ママやパパが読み聞かせてあげるのでしょう。スキンシップも図れていいですね。

「人形やおもちゃで遊ぶ」 「お絵かきやぬり絵」 「ブロックや積み木などで遊ぶ」とお家の中での定番的な遊びも多くのチェックが入りました。

Q3-2.その他の場合、具体的に教えてください。

  • ・裏口に小屋がくっついているのでそこにビニールシートを敷いて砂遊びをよくします
  • ・身体を使ってスキンシップしながら遊ぶ
  • ・乗り物のおもちゃで遊ぶ
  • ・手遊び、お手玉
  • ・手先が器用になってきたので、アイロンビーズやビーズ遊び
  • ・犬と追いかけっこ
  • ・簡単な踊り(マルマルモリモリなど)や体操をする
  • ・階段でボール遊びをする
  • ・歌を歌う
  • ・おりがみ
  • ・囲碁
  • ・ミニカーで遊ぶ
  • ・ベイブレード
  • ・プラレールで遊ぶ
  • ・ふとんを出してトランポリンをする

Q4.「室内遊び」のアイデアやおすすめのお出かけスポットがあれば教えてください。

マンションの二階なので、室内遊びでは下に音が響かないようにじゅうたんやプレイマットをしいています。音をあまり気にすることなく大胆に遊ばせることができます。(みっきー/愛媛県松山市)料理を一緒にすると、子供が喜んでお手伝いしてくれますし、多少時間はかかりますが、食事の準備もできるところが一石二鳥です。(ばにぞう/神奈川県大和市)飽きないように時間を決めて持っているおもちゃで遊ぶのを楽しんでいます。好きなキャラクターのぬいぐるみなどをおもちゃ箱から探したりするのがお気に入りみたいです。(シズママ/熊本県熊本市)探検隊ごっこ。家の中にある丸いものをみつけよう!と子供と一緒に探します。見つけた時の子供の達成感のある笑みが大好きです。(みでんくん/群馬県前橋市)室内で遊ぶ場合に室内での探検ごっこや遠足ごっこをお弁当を持って、おやつを持ってやったことがあります。ごっこ遊びなので、押入れが洞窟だったりしました^^(うた/大阪府大阪市)折り紙は意外に奥が深い。折り紙の本を買うと勝手に子供がどんどん折りだす。教えなくてもかなり一人でできる。時間もかかるのでいいかも。(だめまま/東京都あきる野市)新聞紙を好きなだけびりびりにやぶる遊びは子供がおおはしゃぎします。最後に丸めて捨てればいいので室内も汚れません。(ガオライオン/福島県福島市)リビングの飾りつけ。きれいな折り紙で星やハートなどの形を切り抜き、テープのりで壁にはる。(テープのりなら粘着が弱く、壁が傷みません。)
リトミック。ピアノの音にあわせてジャンプをしたり、走ったり、手をたたいたりする。(ゆー/長野県木島平村)床拭き掃除は意外と楽しめたりします。お互い身体も温まりますし、飽きた子どもは背中に乗ってきたり、単なるハイハイ競争になったり。掃除ですが、遊びです。遊びだからしっかり拭けなくてもOK。
窓際の日光が当たる場所に布団を敷いてごろごろ遊び。ごろごろ布団をかぶったり、もぐったり、重ねたり。布団もぽかぽかでついついお昼ねしたくなります。暖房いらずです。(三児の母/佐賀県武雄市)姉妹がいるので室内遊びではごっこ遊びやトランプ・カルタなどで遊んでます。今はまっているのはフリーマーケットと言って、自分が持ってるシールやメモ帳など交換してます。(リラックマ/福岡県福岡市)最近はおもちゃを手作りすることにハマっています。ネットで手作りのおもちゃを検索して親子で作ってあそんだりしています。最近は私がフェルトでお弁当の中身を作って、子供に詰めさせて家の中でピクニックごっことかおもしろいですよ♪(野性のエルザ/宮城県仙台市)親子で温水プールに行くといいです。あったかくて泳ぎも上手になります。(にこにこ/石川県河北郡)カラオケは、子連れで良く利用します。ファミレスとかレストランだと、飽きてしまったり、ゆっくりできないし、カラオケだと騒いでも大丈夫。だから、お勧めです。(りゅう/東京都台東区)名古屋市在住です。トヨタ産業技術記念館がおすすめです。ボールプールやジャングルジムがあって、年間パスも良心的なお値段なので、雨の日や寒い日にとても助かってます。(ほたる0210/愛知県名古屋市)近くのスーパーがおでかけスポットです!!誰でも自由に使える子供が遊ぶスぺースが設けられていて、柔らかい大きな積み木や滑り台があり、いつ行っても誰かしらいるので子供同士はもちろん親同士も話ができて楽しいです♪(むらりんりん/青森県上北郡)

●感想

「寒い日の室内遊び、どうしてる?」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票をいただき、ありがとうございます。
お子さまを外で遊ばせることができない寒い日や雨の日。無料の施設を利用される方も多数いらっしゃいましたが、遊ばせる場所としてはやはりお家がダントツ。マンションなど集合住宅にお住まいの方は静かに過ごすように注意が必要ですが、出かけるのも大変ですよね。遊び方としては、時間で遊び方を変えたり、宝探しをしたりと、飽きさせない工夫をされているよう。また、読み聞かせをしたり、一緒に工作をしたりと、スキンシップを大切にされていました!ギュッっと寄り添えば、寒い日もあったかですよね♪

第540回の投票テーマは「収納どうしてる?」です。
今週もぜひご投票ください。

今日はどこにも出かけられないからお家でポカポカ♪ついウトウトしちゃいそう?… (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
寒い日の室内遊び、どうしてる?
投票期間
2012.01.12~2012.01.18
有効回答数
945
質問内容

Q1.お子さまの年齢は?きょうだいがいる場合は末子の年齢を選んでください
Q2-1.寒い日や雨の日などお子さまがお外で遊べない時、どうしていますか?(複数可)Q2-2.その他の場合、具体的に教えてください。
Q3-1.家で遊ぶ場合は何をしていますか?(複数可)
Q3-2.その他の場合、具体的に教えてください。
Q4.「室内遊び」のアイデアやおすすめのお出かけスポットがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
はじめてのおむつの選び方講座
はじめてのおむつの選び方講座
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.