子連れ旅行の持ち物とハプニングのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子連れ旅行の持ち物&ハプニング事情調査

Weekly ゴーゴーリサーチ(第601回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

4月も半ば。気温がぐんぐん上昇し、お出かけシーズンまっただ中。そろそろ夏の旅行プランも考える頃ですよね。お子さまとの外出や旅行はとても楽しい反面、大変なこともあるので、交通手段や宿泊先などをしっかりプランするのが大切。また持ち物の準備も欠かせません。そこで、今回は子連れ旅行の持ち物と、旅行にまつわるハプニングを教えていただきました。

Q1.初めて宿泊旅行をした時(帰省を除く)のお子さまの年齢を教えてください。 (きょうだいがいる場合は複数にチェック)

Q1.初めて宿泊旅行をした時(帰省を除く)のお子さまの年齢を教えてください。 (きょうだいがいる場合は複数にチェック)

お子さまが初めて宿泊旅行に出かけた年齢は、「0歳」とお答えの方が43.4%でトップ。 お子さまが小さいうちから思い出づくりに旅行されるファミリーが多いのかも。続いては、「1歳」とお答えの方で31.5%。以下は「2歳(11.9%)」「3歳(9.1%)」という順になりました。

Q2.夏の旅行でお子さま用に必ず持っていくものがあれば教えてください。 (複数可) 

暑い夏の旅行は注意したいポイントがいくつかあり、それに伴って荷物も増えますよね。そこで、夏の旅行の必携アイテムをジャンル別に教えていただきました。


<健康編>

Q2.夏の旅行でお子さま用に必ず持っていくものがあれば教えてください。 <健康編> 

海に、山に、自然の中にくり出すことも多い夏の旅行。ただ、気温が高いので、お子さまは体力や健康面に注意が必要ですよね。そこで必携アイテムは以下のようになりました。
「保険証(77.6%)」
「日焼けどめ(58.7%)」
「虫よけスプレー(57.3%)」
「母子手帳(51.8%)」
「絆創膏(39.9%)」
「保湿クリーム(26.6%)」

トップは「保険証」。万一、旅行先の病院に連れていくことも考えて持って行かれるのでしょう。赤ちゃんの場合、「母子手帳」もあると何と役に立つのでは?
続いては、夏に絶対不可欠な紫外線対策として、「日焼け止め」とお答えの方が多数。お子さまはとくに紫外線からガードしてあげることが大切ですからね。
また、お子さまのすべすべでキレイなお肌は虫にも狙われやすいので、「虫よけスプレー」が必須。
ちょっとケガをした時の応急処置用に「絆創膏」、日焼けの後のケアに欠かせない「保湿クリーム」も持っていかれるようです。


<食事・ケア編>

Q2.夏の旅行でお子さま用に必ず持っていくものがあれば教えてください。 <食事・ケア編> 

食事・ケア関係の必携アイテムは次の通りとなりました。
「飲み物(お茶やジュース)(71.3%)」
「お菓子(58.7%)」
「歯ブラシ・ハミガキ粉(49.7%)」
「水(48.3%)」
「食事エプロン(スタイ)(42.0%)」
「水筒(36.4%)」
「離乳食・ベビーフード(35.7%)」
「ストローマグ(35.7%)」

汗をかいて体力を奪われやすい夏は、旅行先といえども食事・ケアに気をつけたいもの。とくに気をつけたいのが熱中症です。そのため、「飲み物(お茶やジュース)」は75.5%と多くの方がチェック。また、「水」とお答えの方が48.3%、「水筒」とお答えの方が36.4%と、水の備えを意識されていました。
続いては、「お菓子」とお答えの方で71.3%。お腹がすいた時だけでなく、移動中、ゴキゲンでいてもらうために必要なのでしょう。
「歯ブラシ・ハミガキ粉」とお答えの方は49.7%。旅行中でも歯のケアは必須。宿泊先によっては子どもの用の歯ブラシ・ハミガキ粉が無い場合もあるので、持っていかれるのでは?
「食事エプロン(42.0%)」「離乳食・ベビーフード(35.7%)」「ストローマグ(35.7%)」と、食事に必要な使い慣れたもの、食べ慣れたものを持っていかれるようです。


<その他>

Q2.夏の旅行でお子さま用に必ず持っていくものがあれば教えてください。 <その他> 

健康や食事、ケア以外での必携アイテムは次の通りです。
「着替えの洋服(88.8%)」
「下着(80.4%)」
「オムツ(73.4%)」
「ビニール袋(70.6%)」
「帽子(69.2%)」
「お尻ふき(67.8%)」
「上着やソックス(65.0%)」
「タオル・バスタオル(64.3%)」
「パジャマ(55.9%)」
「お気に入りのおもちゃや絵本 (52.5%)」

トップは、宿泊旅行には欠かせない「着替えの洋服」。汗をかく季節は何度も着替えさせる必要があり、多いめに持っていかれるのでは?
「下着」「上着やソックス」「パジャマ」も必須ですよね。
「オムツ」「お尻ふき」もお子さまには欠かせないもの。
「ビニール袋」は、汚れた物、濡れた物を入れるのに重宝。
日焼け、熱中症対策用に「帽子」も多くの方がチェック。
「タオル・バスタオル」は汗を拭いたり、海やプールで遊んだりするのに不可欠。
「お気に入りのおもちゃや絵本」は移動中の退屈しのぎ、ぐずり防止に、夜に早く寝てくれるように持っていかれるのでしょう。

Q3.その他、これは持っていたほうがいい!というものがあれば教えてください。

  • ・ベビーカー
  • ・授乳ケープ
  • ・抱っこ紐
  • ・綿棒(こども用の細いもの)
  • ・枕
  • ・爪切り
  • ・除菌グッズ
  • ・携帯用洗剤
  • ・ウエットティッシュ
  • ・簡易トイレ
  • ・保冷ボックス
  • ・保冷マフラー(首に巻くもの)
  • ・オムツ替えシート
  • ・レジャーシート
  • ・ラジオ
  • ・ポータブルDVD
  • ・iPad

Q4.お子さまとの旅行で、失敗したことやプチハプニング、 またこれを持っていけば良かった、というものがあれば教えてください。

旅行中の急な発熱には慌てた。どんなに元気な状態で出発しても、解熱剤は常備しなければならないと思った。(伊太利亜屋/千葉県船橋市)子供が退屈しないように、遊具付きの部屋に泊まったが、楽しすぎて子供がなかなか寝てくれなかったこと。(きめこみ/神奈川県鎌倉市)長男がまだ0歳の時、親友達と温泉へ旅行に行ったときのこと。大浴場の脱衣場で赤ちゃん用のベッドで服を脱がせようとしたら、初めてで慣れない場所だったせいか大泣き…大浴場の中でも終始大泣き…。私は温泉に疲れを癒しにきたのに、いつもより倍疲れぐったり。旦那同伴か露天風呂突きのお部屋にしとけば良かったと思いました。(りり/石川県白山市)飛行機の中でうんちが背中まて漏れてしまい、全身着替えさすのに、機内のトイレのオムツ台は小さいし、空間も狭いのですごく大変でした。(メィプル/三重県松阪市)食物アレルギーがあるので、食べるものが少なくて困った。ベビーフードは多めに持ってった方がいいと思う。(ゆきゃ/愛知県名古屋市)乳児のときはマメにおむつ替えをしているつもりが、よく動くせいか、もれていることがあって、肌着の着替えが足らなくなったこと。気持ち多めくらいに着替えは必要だなと思った。(ぽこぽこ/栃木県宇都宮市)ストローマグを使っていた頃、旅行先でお泊まりした旅館でマグを洗っていたときに、ストローが流しに流れて行ってしまい、水分が取れない息子はぐったりとしてしまったことがあります。コンビニでストローをもらってみたけど、マグには合わず、結局、西松屋を探して、ストローマグのストローを買いました。(ゆきんこりんご/群馬県甘楽郡)子供連れだと子どものことばかり考えるが、暑くて抱っこなどして、私の方が汗だくになってしまったので、自分の着替えや水分なども大切。(つじまるこ/青森県青森市)鳥取砂丘に行ってきました。海にも行きました!完全母乳なのに授乳ケープを忘れて子供が泣きっぱなしで困りました!(ココア/岡山県岡山市)とにかく荷物が多くてトートバッグにつめたら重過ぎました。リュックサックと分けたほうがいいです!あと、小銭やすぐ出したいものをいれる小さめバックも必需です!(いくみ/神奈川県横浜市)小さい頃はオムツの枚数が読めず、超悪戦苦闘…。布団も持参したけど、結局意味がなく、荷物になるだけでした…。パンツになってもう大丈夫!と思った時に限って大変な事に…。また、車での旅行の際、突然車内で嘔吐。臭いは凄いし拭き物も足らず、咄嗟に使用したのが、寝る時のお気に入りタオルで…夜は大変でした。車内はファブリーズや車内用タオルを常備しておくべき…と学びました(笑)(こっしぃ/東京都江戸川区)

●感想

「子連れ旅行の持ち物&ハプニング事情調査」と題した今回のリサーチにもご協力いただき、ありがとうございます。
「子連れの旅行は荷物が多い」と、よくいいますが、旅先でお子さまも、ママ・パパも困らないようにと思うと、ついつい増えていくのでは? とくに夏の旅行では、洋服や下着など着替え、タオル類、日焼けや熱中症の予防グッズが欠かせませんよね。
また、フリーコメントのハプニングで多かったのが「飛行機や電車、車などでウンチをされてニオイに困った」という声。こまめにオムツを替える、万一に備えて消臭スプレーを携帯するなどして対応されているようです。
お子さまのことに必死になって、ママの着替えを忘れたという声も…。今回のリサーチ結果やフリーコメントも参考に、ハプニングや忘れ物のない楽しい旅行にしてくださいね。

第602回の投票テーマは「わが家のご褒美事情」です。
今週もぜひご投票ください。

お楽しみの旅行に出発!去年の失敗を糧に今年は準備も持ち物もぬかりなし♪・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
子連れ旅行の持ち物&ハプニング事情調査
投票期間
2013.04.11~2013.04.17
有効回答数
251
質問内容

Q1.初めて宿泊旅行をした時(帰省を除く)のお子さまの年齢を教えてください。 (きょうだいがいる場合は複数にチェック)
Q2.夏の旅行でお子さま用に必ず持っていくものがあれば教えてください。 (複数可)
Q3.その他、これは持っていたほうがいい!というものがあれば教えてください。
Q4.お子さまとの旅行で、失敗したことやプチハプニング、 またこれを持っていけば良かった、というものがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
パーティー料理は有能オーブン「石窯ドーム」におまかせ!
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
株式会社IBJのパパママキッズ婚活 親子でポップケーキを作りながら楽しむ婚活パーティ開催レポート
はじめてのおむつの選び方講座
はじめてのおむつの選び方講座
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
お子さまに目が届くから、安心しておしゃべりを楽しめる。 ホームパーティーにも最適な「キッズデザインの家」
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.