子どもの絵本のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもが喜ぶ絵本はどんなの?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第613回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

お子さまが大好きな絵本。絵本は子どもの脳や心の発達にも良いともいわれ、ママ・パパもたくさん見せて読んで聞かせてあげたいですよね。そこで今回はお子さまがお気に入りの絵本、絵本の選び方などについて、教えていただきました。

Q1-1.お子さまの性別は?(きょうだいがいる場合は1人選んでください)

Q1-1.お子さまの性別は?(きょうだいがいる場合は1人選んでください)

今回リサーチの対象となるお子さまの性別は、「女の子(53.5%)」「男の子(46.5%)」です。

Q1-2.お子さまの年齢は?

Q1-2.お子さまの年齢は?

今回リサーチの対象となるお子さまの年齢は、
「0歳~1歳(46.7%)」
「2歳~3歳(35.6%)」
「4歳~5歳(12.5%)」
「6歳以上(5.2%)」
となりました。

Q2.お子さまに絵本の読み聞かせをしていますか?

Q2.お子さまに絵本の読み聞かせをしていますか?

お子さまとのスキンシップやコミュニケーションにもなる絵本の読み聞かせ。皆さんも「週に2~3回している(39.7%)」、「毎日している(35.5%)」とよく読みきかせされる方が多いですね。

「月に2~3回している」とお答えの方は10.5%、「あまりしたことはない」とお答えの方は14.3%でした。お子さまが大きくなってくると、自分で絵本を読むようになりますよね。

Q3-1.絵本はどうやって入手することが多いですか?(複数可)

Q3-1.絵本はどうやって入手することが多いですか?(複数可)

絵本の購入、入手方法は、
「本屋で買う(73.6%)」
「図書館で借りる(38.7%)」
「プレゼントでもらう(25.7%)」
「ネットで買う(18.5%)」
という順になりました。

やはり「本屋で買う」「図書館で借りる」と、実際に手にとって中身を見て、お子さまが気に入ったものを選ばれるようですね。
本屋で買えば何度も何度も読み返しでき、図書館で借りれば違うジャンルにもトライできるのがいいのでは。
続いて多かったのは「プレゼントでもらう」。絵本はお子さまのプレゼントとして人気が高く、ママ・パパとしてもうれしですよね。
また「ネットで買う」とお答えの方も多いよう。育児・家事・仕事に忙しい、子どもがいるとじっくり絵本が選べない方には便利。絵本専門サイトも充実し、書評やママ・パパのクチコミなどもチェックしながら良い絵本が選べるのでしょう。

Q3-2.その他の場合は、どうやって入手しますか?

  • ・図書館の廃本をもらう
  • ・自分の小さい頃のものを親から貰いました
  • ・自分が小さい頃に読んでいた物を大切に置いていた
  • ・フリマ

Q4-1.絵本を選ぶ時に、特に気にしていることは何ですか?(複数可)

Q4-1.絵本を選ぶ時に、特に気にしていることは何ですか?(複数可)

絵本を選ぶ際のポイントは、
「絵のタッチ(67.5%)」
「ストーリー(59.6%)」
「しかけ・音が出る(32.9%)」
「子どもが選ぶ(31.2%)」
「対象年齢(23.6%)」
「価格(20.9%)」
という順になりました。

トップは「絵のタッチ」。視覚的におもしろいもの、興味をそそるものが絵本の魅力であり、決め手になるよう。
続いては「ストーリー」。お子さまが笑顔になったり、夢や希望を与えてくれるお話がいいですよね。
赤ちゃんや小さいお子さまは「しかけ・音が出る」といったストーリーがわからなくても 楽しめるものを選ばれるのでは?
お子さまにまかせられるという方もいらっしゃいました。本人が興味をもつ本がいちばんですよね。
また、何冊も欲しいので、価格も決め手になるようです。

Q4-2.その他の場合は、どんなことですか?

  • ・話の長さ
  • ・紙質
  • ・子どもの頃読んでいた本を懐かしくて選びがち
  • ・繰り返しの言葉があるかどうか
  • ・往年の物語
  • ・英語の歌
  • ・ベストセラー
  • ・シール遊び

Q5.お子さまのお気に入りの絵本のタイトルと、その理由と思われることを教えてください。

「かおかおどんなかお」理由:まだ一歳になっていないのでこの人間の顔が好きみたいです。産まれて1か月くらいから読み聞かせていますが、これを見せると喜んでいました。
「あかあかくろくろ」理由:赤と黒と白でできた絵本で絵もわかりやすいので、それでか好きみたいです。
「ぼうしとったら」理由:しかけ絵本が楽しいみたいです。あとめくりやすいようです。自分だったら買わなかった絵本ですが(プレゼントでいただきました)お気に入りです。(0~1歳・男の子 marginal/千葉県千葉市)「なにいろ」色とりどりでわかりやすいのが良いみたいです。(0~1歳・女の子 マリ姉/大阪府八尾市)「どうぶつリズム」。タンバリンになっていて、子供が持ちやすく、好きなテレビの歌が入っている。(0~1歳・女の子 まゆ/兵庫県加古川市)「どうぶつずかん」が好きです。もともと動物が好きみたいで簡単な図鑑を買いました。楽しそうに見ています。ことばもまだ言えない年齢なんですが、図鑑を見ながらいっしょに言葉の勉強もしていて図鑑に載っている動物の名前を覚えることができています。(0~1歳・男の子 かおりママ/北海道帯広市)「いないいないばぁ」。小さい時からよく目にしていたから、本自体を気に入っていて、中身を読み始めたら更に笑顔が増えた。ばぁという所が好きだから喜ぶのかなと思っています。(0~1歳・男の子 ミミータ/神奈川県大和市)「おおきなかぶ」。「うんとこしょ、どっこいしょ」というフレーズが気に入っているようです。(2~3歳・男の子 ミッチー/東京都調布市)林明子さんの「おててがでたよ」が大好きです。特にうーんうーんといいながら足が出てくる場面は毎回大喜び。もう何十回も読みました。今2才の娘が、なんでも自分でしたい時期なので、同じように洋服がうまく着られない姿が自分と同じということでお気に入りなんだと思います。(2~3歳・女の子 三毛猫/鹿児島市指宿市)長谷川義史さんの「いいから いいから」という本です。かみなりさんとおじいちゃん、おまごさんが登場するお話ですが、最後におへそを間違っておでこにつけてしまったところが、娘の笑いのつぼにはまってしまったようです。(2~3歳・女の子 はんぐりーまま/福井県吉田郡)最近のお気に入りは「こびとづかん」です。保育園で流行っているのがきっかけのようで、興味を持ち始めるとあっという間にキャラクターの名前も覚えました。子どもの興味をひく独特の世界観が良いのかなぁと思います。「こびと」が本当にいるのではないかと思っているので、現実世界でもときどきさがしています!(2~3歳・男の子 nao/岡山県岡山市)「ねずみくんのチョッキ 」。ストーリーは、まだ理解してないみたいですが、同じ言葉が連続するので、私のマネをして言おうとしたりして、とても喜びます。まだ話せる言葉が少ないので、絵本で言葉数が増えるのが私も嬉しくて、娘が飽きないように、面白い言い回しで読んであげています。(2~3歳・女の子 わらびもち/大阪府箕面市)今は乗り物に興味を持っているので、電車やバスが題材の本を読んでいます。特に「ぴんぽんバス」は、お気に入りで路上でバスを見かけると「ぴんぽんばちゅ」と言っています。(2~3歳・女の子 みみちゃん/静岡県浜松市)「やさいのパーティ大さわぎ」。カラフルな色使いでいろいろな野菜が出てくるのがお気に入りのようです。違うシリーズを一度園で借りて返すのを嫌がるほど気に入ったのでプレゼントしました。(2~3歳・男の子 そらぷー/長野県東御市)「まかせとけ!」というタイトルの働く車の絵本です。丸暗記するくらい読み込んでいます。車が好きなのでしょうね^^(2~3歳・男の子 ハルサラママ/神奈川県横須賀市)ポップアップ(しかけ)絵本が大好きです。まだ字が読めないので、視覚的に訴えるものもありますし、矢印を引くとどうなるかなど、わくわくしながら見ているようです。(4~5歳・女の子 フルーツ/埼玉県所沢市)「バルンくん」。車の本です。車がただ道路を走っているという本ですが、小さいころからよく読んでいます。絵がきれいで、私も気に入っています。(4~5歳・男の子 みっちい/三重県四日市市)

●感想

「子どもが喜ぶ絵本はどんなの?」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票、ありがとうございます。
ビデオやDVD、テレビ、ゲームなどが豊富に出回る中でも、皆さん、絵本を読んで楽しんでおられますね。知育や情操教育、しつけ、習慣づけなどにも良いといわれ、子育ての一部分としてすっかり定着しているようです。
また、絵本はお子さまにも、ママ・パパにも心に残ることも魅力。お子さまが大きくなった時、ママ・パパのやさしさ、ぬくもりを思い出してくれれば、とてもうれしいですね。
ママ・パパ自身にも大好きな絵本が心に残っているように、お子さまにもステキな絵本にたくさん出会わせてあげましょう。


第614回の投票テーマは「リフォームしたいところありますか?」です。
今週もぜひご投票ください。

ぼろぼろになるまで読んだ絵本。あの頃の可愛さ、子育てに奮闘中の私を思い出してウルウル・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
子どもが喜ぶ絵本はどんなの?
投票期間
2013.07.18~2013.07.24
有効回答数
363
質問内容

Q1-1.お子さまの性別は?(きょうだいがいる場合は1人選んでください)
Q1-2.お子さまの年齢は?
Q2.お子さまに絵本の読み聞かせをしていますか?
Q3-1.絵本はどうやって入手することが多いですか?(複数可)
Q3-2.その他の場合は、どうやって入手しますか?
Q4-1.絵本を選ぶ時に、特に気にしていることは何ですか?(複数可)
Q4-2.その他の場合は、どんなことですか?
Q5.お子さまのお気に入りの絵本のタイトルと、その理由と思われることを教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

家にあるものを使って親子で楽しく簡単に 「スクラッチ画」の年賀状をつくってみませんか
家にあるものを使って親子で楽しく簡単に 「スクラッチ画」の年賀状をつくってみませんか
ママ・パパと企業、保育所をつなぐ子育て支援事業「子育てみらいコンシェルジュ」
ママ・パパと企業、保育所をつなぐ子育て支援事業「子育てみらいコンシェルジュ」
空気を汚さず、乾燥させない、安全性の高い暖房器で、おうち時間を快適に
空気を汚さず、乾燥させない、安全性の高い暖房器で、おうち時間を快適に
肩や腰、抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートでおうち抱っこやお散歩を快適にサポート
肩や腰、抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートでおうち抱っこやお散歩を快適にサポート
阿蘇のミネラル水と植物の恵みを配合 無添加処方の保湿スキンケアシリーズ
阿蘇のミネラル水と植物の恵みを配合 無添加処方の保湿スキンケアシリーズ
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
【栃木県】 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
【栃木県】 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
家族みんなの安全性を追求したクルマだから。自然豊かなキャンプ場へのロングドライブも安心
住まいが家事や育児をサポート スマートホーム「HESTA」で快適に子育て
住まいが家事や育児をサポート スマートホーム「HESTA」で快適に子育て
忙しい⼦育て中こそ、⼿紙に書いて送りたい⼤切な⼈への感謝の気持ち
忙しい⼦育て中こそ、⼿紙に書いて送りたい⼤切な⼈への感謝の気持ち
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
大人が責任を持って子どもたちの命を守るために。妊婦さんも赤ちゃんも家族みんなを守るため、安全性に優れる車を選び、平常心を保とう!
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
妊娠・出産の「もしも 」に備える医療保障 妊娠中も加入しやすい*CO・OP共済
妊娠・出産の「もしも 」に備える医療保障 妊娠中も加入しやすい*CO・OP共済
ピュアウォーターを主成分に添加物フリーにこだわるサロンのプロが生み出したスキンケアシリーズ
ピュアウォーターを主成分に添加物フリーにこだわるサロンのプロが生み出したスキンケアシリーズ
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
【参加無料】お子さま撮影会とライフプラン相談会
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.