お弁当のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

お弁当事情調査

Weekly ゴーゴーリサーチ(第836回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

お子さまやママ・パパの毎日のお弁当、お出かけのお弁当と、お弁当を作る機会は多いはず。手作りなので、安心なうえ、フタを開けた瞬間、大好物が入っているとうれしくなっちゃいますよね。
今回は、皆さんのお弁当事情に迫りました!

Q1.どのくらいの頻度でお弁当を作っていますか?

お弁当を作る頻度は、「ほぼ毎日作っている」とお答えの方が多く、35.6%。お子さまやママ・パパなど家族が食べるために作っておられるのでしょう。
「週に3~4日は作っている」とお答えの方が21.5%。お弁当が要る時、要らない時があるのかも。
一方、「ほとんど作っていない」とお答えの方が15.3%、「年に数回(運動会や遠足など行事の時のみ)」とお答えの方が14.9%でした。

Q2-1.誰のお弁当を作っていますか?(複数可)

誰のためにお弁当を作っていらっしゃるか伺うと、
「パパが職場で食べるお弁当(45.9%)」
「子どもが園で食べるお弁当(28.3%)」
「家族で行楽地などで食べるお弁当(22.8%)」
「ママが職場で食べるお弁当(20.2%)」
という順になりました。

トップは、パパのため。お弁当は健康的で経済的。毎日お仕事を頑張るパパを応援する気持ちも込めて作られているのでは。
続いては、お子さまのため。ママ、パパの場合もあると思いますが、お子さまには手作りのものを食べさせたいですし、園で必要なので、作られているのでしょう。
以下は、行楽用に、ママが食べるために作られている方もいらっしゃいました。

Q2-2.その他の場合は誰のお弁当ですか?

  • ●子供が少年野球の練習や試合の時に食べるお弁当
  • ●息子と娘の遠足のお弁当
  • ●高齢の親のため
  • ●友達
  • ●子供の習い事の弁当
  • ●小学生の子供が休日学童保育利用するとき
  • ●子供が朝ごはんに食べるお弁当です!

Q3-1.お子さまが好きなお弁当のおかずは?(複数可)

お子さまが好きなお弁当のおかずは、
「ハンバーグや唐揚などお肉類(55.2%)」
「卵焼きやゆで卵(54.1%)」
「ハムやウインナー(52.1%)」
が上位にランクイン。

ハンバーグや唐揚は大人も子どもも大好き。お弁当に入っているとうれしいですよね。
卵料理やウインナー、ハムもお弁当のおかずの定番で、お子さまも好きみたい。
以下は、お子さまによってバラつきがありましたが、果物、フライドポテトやコロッケなどの揚げ物がお子さまは好きなようです。

Q3-2.その他の場合は何ですか?

  • ●麻婆茄子
  • ●こんにゃく
  • ●コーン
  • ●アスパラベーコン
  • ●キャラクターのおにぎり
  • ●ゼリー
  • ●焼き椎茸
  • ●ガパオライス
  • ●生春巻き
  • ●アスパラの肉巻き
  • ●酢豚
  • ●ポテトサラダ
  • ●枝豆
  • ●ひじき
  • ●ちくわ
  • ●ささかまぼこ

Q4.お弁当のおかずに冷凍食品を利用しますか?

お弁当に冷凍食品を利用されるか伺うと、90%以上が利用するとお答えに。最近の冷凍食品はおいしくて、栄養や安全性にも考慮。また、手作りのごはんやおかず類を冷凍ストックして利用されることも多いのでしょう。
冷凍食品を利用する頻度は、
「使うことが多い(30.9%)」
「たまに使う(30.0%)」
「いつも使う(29.4%)」
という順になりました。

Q5-1.お弁当を作る時に参考にするものは?(複数可)

ほぼ毎日作るお弁当。メニューがワンパターン化したり、何を作るか迷ったりすることもありますよね。そんな時に参考にされるものは、「レシピサイト」とお答えの方が多く、39.3%。忙しい朝でもスマホでさっと検索できて便利。冷蔵庫にある食材を入れると、ぴったりなメニューにヒットするのもいいですよね。
「お弁当の料理本」を参考にされる方は29.9%。見やすくて写真もきれい。お弁当に限らず、料理はやっぱり本が頼りなるのかも。
「雑誌のレシピコーナー」を参考にされる方は16.4%でした。

Q5-2.その他の場合は何を参考にしていますか?

  • ●アプリなどの記事
  • ●自分が母に作ってもらっていたお弁当
  • ●母が教えてくれる
  • ●祖母
  • ●ブログ
  • ●新聞

Q6.お弁当作りで工夫していることはありますか?また、お弁当についてのエピソードを教えてください。

パパには新婚当時、野菜もたくさん使って栄養面に配慮したお弁当を作っていましたが、それで物足りないらしく、結局今はほとんど肉とご飯のお弁当。野菜は家で食べてもらいます。子供はまだ入園したばかりなので、完食を目標に食べやすいものを入れています。(ぴすけ/北海道石狩市)とにかく朝は時間がないので時短料理です。トースターを使用して洗い物なしにしたり、チンするだけですぐできるものを作ります。色とりどりに見えるようにカラフルに工夫してます。たまにあることですが、お箸を入れ忘れてパパはお弁当を手で食べたよ、と帰宅してから聞きましたが、本当にすいませんとすごくあやまりました。(ななめ/愛知県名古屋市)よく食べるタイプの子どもなので、可愛さよりも満足できる量と衛生面に気をつけています。料理は苦手ですが、一応お弁当は彩りを考えてつめるようにしています。キャラ弁は不衛生な気がして作っていなかったのですが、とうとう子どもがテレビで見かけたものをつくってほしいと言ってきました。私より器用な夫に頼んで、のりでキャラクターの顔を切ってもらいなんとか乗りきりました!(100/千葉県八千代市)夏場は冷凍食品の自然解凍OKの商品を保冷剤替わりに入れています。他のおかずが冷えすぎなくてちょうどよいです。(りーおん/富山県下新川郡)乾物のひじきと切干大根は交互くらいで、一気に作って冷凍しておくと、あと一品というときに役立つ。なるべく朝から作業しないでいいようにする。できればチンして詰めるだけ。何もないときは炒めたり、揚げたりすることもあるが。(ちびまる/神奈川県横浜市)子どもが食べやすいようなもの、たとえばひじきなどは落とすのでコロッケなど固形のものを入れるようにしている。(あるす/和歌山県紀の川市)子供が楽しく美味しく完食出来るように、見た目も可愛く作るように頑張っています。嫌いな物も少しずつ克服出来るように、たまに忍ばせてます!苦手な物も頑張って食べた日には思いっきり褒めちゃいます。(あーな/千葉県鎌ヶ谷市)彩りはこだわりを持っています。開けた時に、綺麗とか楽しい気分になるようにしてます。冷凍食品を使っても、それに何かしら手を加えて人の温もりを感じられるようにしてます。(ぴちょん/神奈川県横浜市)夏場はダメですが、その他は、前の日のメニューをリメイクしています。(カボチャサラダをチーズをのせて焼いたものをお弁当に、など、、)お弁当箱を洗うとき、お肉の油が固まって、白くなっているのを発見し、旦那さんに聞いたら、たまに、食べるときも、油が白く固まっていると、、(保冷剤を使っているためか??)中身を気をつけないといけないなあと思った瞬間でした。(あじさい/京都府京都市)今年29歳になる夫は今でもウインナーが大好き。何日続いても大丈夫な人なので、お弁当のおかずの内の一品はウインナーで決まり。かなり助かっています(笑)(小梅/愛知県西尾市)安心、安全、傷まない、彩りをキレイに気を付けていたら、娘が友達にいいな~ってうらやましがられたようで、とっても嬉しそうに話してくれた。売っているお弁当も「ママの方が美味しい」と言ってくれるのがとても心に染みます。(るど/大阪府大阪市)子供はまだ赤ちゃんで離乳食時期なのですが、家で子供と2人で過ごしているより少しでも外に出たくてお弁当を持ってお散歩に行きます。荷物が多くなるので近くで済ませますが、それでも家で食べるよりリフレッシュできます。昼間はママとまだ話ができない赤ちゃんの2人きりが多くて少し日々が退屈に感じているママにおススメです。(まーちゃん /神奈川県茅ヶ崎市)旦那とケンカ中の時のお弁当はオール冷凍食品で彩りもあえて全て茶色に揃えて「私の心は怒りで煮えたぎっている弁当」を持たせて、私の怒りを伝えている。(りんりんしのしの/栃木県日光市)野菜の量を食べれるように、ご飯にまぜたり、グラタンにしのばせたり、ハンバーグに入れたりしてます♪ピクニックでお弁当をたべていたとき、蟻を見つけてご飯粒をあげていました(笑)(chi_/愛知県刈谷市)

●感想

「お弁当事情調査」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票をいただき、ありがとうございます。
多くの方がお子さまのため、ママ・パパのため、ほぼ毎日お弁当を作っておられますね。
おかずには冷凍食品も利用されていますが、手作り派が多数。ハンバーグや唐揚とお子さまが大好きなメニュー、栄養バランスを考えて、野菜を中心とした副菜類を時間がある時に多めに作って冷凍ストックされているよう。衛生面から凍ったまま入れる方も。昼時にちょうど自然解凍できているので、いいですよね。
また、お子さまの場合、かわいい見た目にしたり、小さく切ってスティックに刺したり、食べやすさ、食が進むことにも気を遣っておられるようでした。
毎日のことなので、大変な時もありますが、おいしく食べてくれるお子さまや家族の顔を思い浮かべて、お弁当作り、ガンバりましょう!


第837回の投票テーマは「野菜を食べさせていますか?」です。
今週もぜひご投票ください。

空っぽのお弁当箱と「ごちそうさま」「ありがとう」の笑顔がうれしい!明日のお弁当は何にしようかな♪・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
お弁当事情調査
投票期間
2018.04.19~2018.04.25
有効回答数
630
質問内容

Q1.どのくらいの頻度でお弁当を作っていますか?
Q2-1.誰のお弁当を作っていますか?(複数可)
Q2-2.その他の場合は誰のお弁当ですか?
Q3-1.お子さまが好きなお弁当のおかずは?(複数可)
Q3-2.その他の場合は何ですか?
Q4.お弁当のおかずに冷凍食品を利用しますか?
Q5-1.お弁当を作る時に参考にするものは?(複数可)
Q5-2.その他の場合は何を参考にしていますか?
Q6.お弁当作りで工夫していることはありますか?また、お弁当についてのエピソードを教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

出産準備に揃えておきたい家電(加湿器編)
出産準備に揃えておきたい家電(加湿器編)
リビングで勉強&自分でお片づけ「収育スタイリング」を実現するシステム収納
リビングで勉強&自分でお片づけ「収育スタイリング」を実現するシステム収納
お子さまのさまざまな能力を引き出して育てる「リトミック」の体験レッスンに参加してみよう
お子さまのさまざまな能力を引き出して育てる「リトミック」の体験レッスンに参加してみよう
床の上までお部屋まるごと暖かく。さわっても安心な遠赤外線パネルヒーター
床の上までお部屋まるごと暖かく。さわっても安心な遠赤外線パネルヒーター
広すぎ収納、2WAY和室にワークカウンター ママの「イイね!」がいっぱい詰まったオークラホームの住まい
広すぎ収納、2WAY和室にワークカウンター ママの「イイね!」がいっぱい詰まったオークラホームの住まい
置くだけ簡単、いろいろなシーンで大活躍! カビの発生やダニの増殖を抑制する和紙でできた置き畳
置くだけ簡単、いろいろなシーンで大活躍! カビの発生やダニの増殖を抑制する和紙でできた置き畳
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
乾燥する季節にすばやい加湿で快適に!赤ちゃんにも安心な 「スチームファン蒸発式加湿器」
乾燥する季節にすばやい加湿で快適に!赤ちゃんにも安心な 「スチームファン蒸発式加湿器」
年末年始のパーティーはおしゃれを楽しみたい 親子おそろいのリンクヘアーで決まり!
年末年始のパーティーはおしゃれを楽しみたい 親子おそろいのリンクヘアーで決まり!
形がおもしろいものを探して楽しく!「なぞり絵」で年賀状をつくってみませんか
形がおもしろいものを探して楽しく!「なぞり絵」で年賀状をつくってみませんか
抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートキャリア
抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートキャリア
家族を守る安全機能が充実したクルマなら、旅行時のドライブや年末年始の帰省も快適
家族を守る安全機能が充実したクルマなら、旅行時のドライブや年末年始の帰省も快適
マザーズセレクション大賞発表
マザーズセレクション大賞発表
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.