ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録

撮影した写真が自動でカレンダー形式に。お子さまの成長記録が簡単に

お子さまの成長記録をフォトで簡単に保存/整理できるアプリケーション「Kidsカレンダー」。
フォトをアップロードするだけで、自動的にカレンダー形式で表示してくれるので、刻々と成長するお子さまの変化がひと目でわかる便利なアプリです。
このアプリの魅力を、お菓子研究家で輝くママでもある波毛英里紗(はけ・えりさ)さんにおうかがいしました。

お話をうかがった人
波毛英里紗さん

波毛英里紗さん

ミキハウス子育て総研が認定した輝くママのひとり。2004年ル・コルドンブルー菓子ディプロム取得。現在は、お菓子研究家として、自宅での少人数制お菓子教室、食品会社とのタイアップメニュー開発、雑誌やWEBにてレシピを提案。要望に合わせたオーダーケーキ、クッキー制作など、多方面で活動中。テーマは"HappySmile”。

お菓子作りで幸せの笑顔を広げよう♪

キーワードは“共有”

中学生のお嬢さまをお持ちの波毛さん。お嬢さまが小学生くらいまではよく写真を撮っていたとのことですが、その整理方法にはお困りだった様子。デジタルカメラからパソコンに取り込んで、そのまま、といったことも多かったということです。

「写真ってどんどん撮ってしまうんですけど、整理が出来なかったりするんですよね。でも、この『Kidsカレンダー』は自動的に日付ごとに振り分けてくれるので、とても便利だなと思いました。」

「そして、限定公開でおじいちゃん、おばあちゃんと共有出来るのがとてもいいですね。離れていて会うのが難しくても、こうやって毎日の成長が見れるのはきっと嬉しいと思います。一日一枚のベストショットを選べる機能が、共有している側でも使えるともっといいですね。例えば、パパが海外に単身赴任になってしまったりした場合でも、このカレンダーを通して“繋がってる感”が持てるんじゃないかな、と思いました」

お子さまが大きくなってからでも広がる使い方

「『Kidsカレンダー』という名前ではありますが、仕事柄お菓子をたくさん作るので、作品の写真を取り込んでおくと、1年間を通して作ったものを見返せるのでいいですね。主婦の方だったら、キャラ弁なんかを毎日撮影したり、ホームパーティーが好きな方だったら、おもてなし料理の写真を取り込んでみると、振り返ることが出来て面白いんじゃないかなと思いました。」

「子供が大きくなると、子供が学校行事にデジカメを持って行ったりして撮った写真も増えてくるので、その写真を家族の間で見せ合うのもいいかもしれません。両親と一緒に旅行に行った時なんかは『ここにアップしておいたから見てね』と言って、撮った写真を見せてあげられるのも便利ですし、思い出の共有になりますよね。あとは、毎日の写真にコメントをつけて、お誕生日なんかにスライドショーで流すのもいいかなと思いました」

波毛英里紗さん

小さいお子さまがいるママにこそオススメしたい

「小さいお子さんがいるママには特に時間がありませんよね。でも、この『Kidsカレンダー』はとても簡単に写真が整理出来てしまうので、本当にいいと思います。お子さんが小さければ小さいほど、毎日の変化が大きいじゃないですか。なので、ぜひ「Kidsカレンダー」を活用して、日々の成長を感じてみて欲しいですね」

波毛英里紗さん

お嬢さまが中学生になられて、お友達同士で遊びに行く機会も多くなったという波毛さん。

お嬢さまが撮影した写真も今後「Kidsカレンダー」に取り込んで共有していきたいとのことでした

Kidsカレンダーでは、カメラが記録した撮影日データを自動判別。カレンダーに入れるフォトをまとめて指定するだけで、それぞれの日付に自動的にふりわけます。

撮影日順に並んだカレンダーでお子様の成長を、思い出と一緒に一覧することができます。
限定公開を設定すれば、おじいちゃんやおばあちゃん、ご家族や親しい友人からもあなたがアップしたカレンダーをご覧いただけるようになります。

カレンダーを通して、お子様の成長の様子をみなさんで共有することができます。
ほかにも、兄弟それぞれのカレンダー表示、ベストショット設定など、Kidsカレンダーではお子様の写真を楽しく、大切に保管・整理していく機能がたくさんです。
関連記事
子育て写真の記録も楽しみながらできる withPhoto(ウィズフォト)
withPhotoに込められたコンセプトやメッセージを担当者に聞いてみました。
親子の思い出を残すことができる写真を楽しんでもらいたい
作品だけじゃなく、お子さまとの思い出も一緒にした成長の足あとづくり

お知らせ

ƒ

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.