寝具のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

この時期、どんな“寝具”使ってる?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第289回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

朝晩の気温がぐんと低くなってきたこの頃。お布団に入ると、寒さや冷えを感じることも多いのでは?
また、地域によっては、すっかり「冬寝具」で眠られているかも。
また、寒い季節は、お子さまがおやすみの際、寝冷えしないか、風邪をひかないかと、心配ですよね。

そこで、今回は「この時期、どんな“寝具”を使っている?」と題してリサーチ。
お子さま、ママパパの睡眠スタイル、こだわりの寝具などについて伺いました。

Q1. お子さまは、夜、どこに寝ていますか?

img109_1

お子さまが寝るところは、
「布団(70.9%)」
「ベッド(29.1%)」
という割合になりました。

小さなお子さまはママパパと“川の字”になって寝る場合も多く、「布団」の方がスペースが広々と取れるのではないでしょうか。

「ベッド」は、赤ちゃんの利用が多いのかも。
また、お子さまが一人で眠れるようになったり、子供部屋を設けたりすると、ベッドでおやすみされるのかもしれませんね。

Q2. お子さまの寝相はどうですか?(複数可)

img109_2

お子さまの寝相は、
「掛布団をかぶらない(82.9%)」
「敷布団からはみ出る(53.3%)」
「お腹を出している(28.1%)」
「布団に抱きつく(11.1%)」
という結果になりました。

睡眠は人の体温リズムと関係しているそう。
体温は夕方から夜にかけて上昇し、下がりはじめる頃に眠気がおき、睡眠に入ります。
その後、眠っている間、体温はまた徐々に上がり、朝の目覚めを迎えるようになっています。
「掛布団をかぶらない」お子さまは、この体温リズムの変化により、熱くなってきて、掛布団をかぶらないのかも。
「夜、子どもに布団を掛けたのに、朝になるとかぶっていない」というママパパも多くいらっしゃいました。

「敷布団からはみでる」お子さまも寝床が熱くなって、無意識のうちに冷たい場所へ転がっている場合もありそう。
また、元気に遊んでいる夢を見て、動いているのかもしれません。
「お腹を出している」お子さまは、寝冷えが心配ですよね。
「布団に抱きつく」というスタイルは、安心感をもたらすそう。
お子さまは布団をママパパだと思って、スヤスヤ眠っているのかもしれませんね。

Q3-1. 寒い時期の寝具は?(複数可)
Q3-2. その他の場合はどんな寝具ですか?

img109_3

寒い時期は、ママパパもお子さまも温かく眠りたいもの。寝具も大切なポイントになりますよね。
55192ファミリーが寒い時期にお使いの寝具は、
「羽毛布団(50.8%)」
「綿毛布(40.2%)」
「綿布団(36.7%)」
「アクリル毛布(27.1%)」
「ウール毛布(18.1%)」
「羊毛布団(11.6%)」
となりました。

55192ファミリーには、保温性・吸湿性にすぐれ、1年中使える「羽毛布団」が人気のよう。軽さも魅力ですよね。
また、布団については、「綿布団」「羊毛布団」が多く使われているよう。
寝心地や温かさ、取り扱いのしやすさなど、それぞれの好みで選ばれているのでしょう。

「綿毛布」も多くの方が使われています。肌ざわりが良く、お使いの掛布団や敷布団に1枚プラスするだけでも温かですよね。
「アクリル毛布」「ウール毛布」と、その他の素材の毛布も「寒いときの寝具」として使われているようです。

その他では次のような寝具が挙げられていました。

Q3-2:【寒い時期の寝具~その他のお答え】

・アレルギーがあるため、予防するための化繊の毛布です
・タオルケット
・フリースのパジャマ
・絹毛布
・厚手のアクリル敷きパッド
・大人は寝袋、娘はスリーパー
・昼寝時は着ぐるみ(スウェード地)

Q4-1. お子さまの夜中の寝冷え対策でしていることは?(複数可)
Q4-2. その他の場合はどんなことですか?

img109_4

Q2.の結果からもお子さまの寝相は、掛布団をかぶっていなかったり、敷布団からはみ出していたり、お腹を出していたりと、良いとはいえないみたい…。
寒い季節は寝冷えや風邪をひく原因になりかねません。

お子さまの寝冷え対策としては、「スリーパー、はんてん」を活用されるママパパが多く、54.3%いらっしゃいました。
スリーパー、はんてんはお子さまに着用させることができ、肩口の冷えを防止。布団を無理にかぶせるよりいいのかもしれませんね。

続いて、多かったのが「腹巻」で、35.2%の方がチェックされました。
腹巻はお腹を冷やさないための昔ながらのアイテム。ママパパもお子さまのとき使っていたのでは? 最近は若い女性の防寒アイテムとしても人気があるようですよ。
「部屋を温める」とお答えの方は、22.1%いらっしゃいました。
とくに寒い夜はお部屋全体を温められるのでしょう。

その他では次のような答えが挙げられていました。

Q4-2:【夜中の寝冷え対策~その他のお答え】

・シャツを着る
・ズボンの中にシャツを入れる
・パパとママではさむ!
・可愛いピンクのウサギ(帽子付き)の着ぐるみ着て寝ている
・首巻き
・窓からの冷気が寒いので、カバーをしている
・湯たんぽ
・夜中に様子をみる

Q5. お子さま・ママパパが快適に寝るために工夫していることや、オススメ寝具やグッズがあれば教えてください。

4歳頃までは、スリーパーを着せていましたが、時々脱皮していたので、ファスナー部分を後ろにして着せていました。(ちーたん/北海道札幌市)あまり着せすぎると夜中に起きてしまうので寝るまで厚着、寝てから一枚脱がして布団にきちんと寝かせています。(pipicom/愛知県名古屋市)2人目が生まれて私をはさんで子供たちが寝るようになりました。シングルの布団しかなく、間の私が境目にきてどうも寝づらいので、敷布団の向きを縦向きから横向きに変えて寝てます。これなら境目は子供の足元だし、私も気になりません。(にゃご/宮城県柴田郡)ズリズリと上に這い上がってしまう2歳の娘と8ヶ月の息子。 布団からはみ出さないように&壁に頭をぶつけないように、布団の上の方にクッションや毛布を丸めて置いています。(ホパック/静岡県浜松市)すぐ敷布団からはみでるのでまわりに座布団を敷いて範囲を広げています。(sasupon/埼玉県所沢市)子供が寝冷えをしないようにスリーパーを着せると、暑いようで、かえって寝相が悪くなり蹴っ飛ばされるので、大人が思う心地よいくらいの格好で寝させています。暑ければ足を出し、寒くなったら布団に入りと、結構大人と同じようにやっている様です。(はとぐみ/東京都練馬区)子供と一緒に寝るようになってから、冬は快適です。とっても暖かくて今まで使っていた敷くタイプの毛布などは要らなくなりました。(たかまま/栃木県大田原市)乾燥する時期や喉がいがらっぽい時には、濡れたタオルを部屋に置いておく、加湿器をつける等します。(よこ/島根県松江市)子供が好きなキャラクターのパジャマや寝具カバーなどを使うと喜んで布団に入ります。 大人は布団屋で枕を何種類も試し自分に合った物を選んで寝ています。(のの工房/静岡県御殿場市)枕は少々高額でも、それぞれにあって寝心地のいいものを選んで使っている。(しろにゃーにゃ/福岡県福津市)シーツや枕カバーはこまめに洗濯し、晴れている時は布団を干す。ただそれだけのことでも、お日さまのいい香りがする寝具は、気持ちいいです。(ゆいなっち/東京都足立区)

●感想

1日の3分の1以上の時間を占め、私たちの活動を支える基本でもある睡眠。
「寝る子は育つ」というように、お子さまの場合は成長や健康にも関係があるので、より快適に眠れるよう、ママパパとしては気を配りたいですよね。
とくに寒い季節は寝冷えを防ぐこともポイント。55192ファミリーのみなさまは、さまざまな寝具を用いて、温かな睡眠を心がけているようでした。

これからますます気温が低くなります。
家族のこだわり寝具や快眠方法で、寝冷えや風邪に負けず、しっかり眠りましょうね。
今回もたくさんのみなさまにご協力いただき、ありがとうございました。

第290回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「朝ご飯食べてますか!?」です。今週もぜひ、ご投票ください。

家族がひとつの布団に並び、「おやすみなさ~い」。今夜もポカポカ、ステキな夢を見られそうだね…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
この時期、どんな“寝具”使ってる?
投票期間
2006.11.02~2006.11.08
有効回答数
241
質問内容

Q1: お子さまは、夜、どこに寝ていますか?
Q2: お子さまの寝相はどうですか?(複数可)
Q3-1: 寒い時期の寝具は?(複数可)
Q3-2: その他の場合はどんな寝具ですか?
Q4-1: お子さまの夜中の寝冷え対策でしていることは?(複数可)
Q4-2: その他の場合はどんなことですか?
Q5: お子さま・ママパパが快適に寝るために工夫していることや、オススメ寝具やグッズがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ ハグ育ラボ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

通わせてますか?習い事
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
パパママ・キッズ婚に関するアンケート (2017年度版)
子どもと一緒の結婚式(以下、「パパママ・キッズ婚」)などに関するアンケートについてご協力ください。また本リサーチ結果は、ミキハウス子育て総研の編集記事等に、個人を特定されない形で使用させていただく場合がございますので、ご了承ください。
アンケートに投票いただいた方の中から抽選で10名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント

特別編リサーチ!

子育てファミリーの移住意向調査2016年
Weeklyゴーゴーリサーチ特別編として、お子さまがいるファミリー(妊娠中含む)の 地方移住についてのお考えについて、結果にまとめました。
見る

特別コラム!

子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条
第606回「防災対策してますか?」のリサーチに寄せられたママ・パパの声をもとに、 Happy-Note.com編集部が「子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条」を提唱します。
見る
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.