ママの健康のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママの健康大調査

Weekly ゴーゴーリサーチ(第851回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

育児、家事、仕事と、すべてに頑張るママ。体力には自信がある、健康には気を遣っている方も多いでしょう。一方で、体に不調を感じていらっしゃるのでは。そこで、今回は「ママの健康大調査」と題してリサーチを行いました。

Q1.年代は?

このリサーチの対象とママの年代は次の通りです。
「30代(37.4%)」
「20代(27.6%)」
「40代(21.8%)」
「50代(7.7%)」
「60代以上(3.0%)」
「10代(2.5%)」

Q2-1.日頃、感じている体の不調について教えてください。

ママが日頃感じていらっしゃる体の不調を症状別に伺いました。
まず、多くの方がかなり気になっている、やや気になっているとお答えなのが「肩こり」「腰痛」。お子さまを抱っこしたり、買い物で重い荷物を持ったり、日々の積み重ねによって出やすい症状ですよね。 また、「頭痛」「不眠」「疲れ目・充血」「貧血・めまい・立ちくらみ」「動悸・息切れ」を感じていらっしゃる方も多数。育児・家事・仕事の何役もこなしているママの忙しさを物語っています。
女性に多い悩みである「冷え性」「生理痛・生理不順」「便秘」「肌荒れ」も気になっている方が多いですね。これらの症状は結婚前から気になる方もいれば、妊娠・出産を機に体質や体調が変わり、気になるようになった方もいらっしゃると思います。
「尿漏れ」「痔」は、「感じたことがない」という方が半数以上でしたが、出産直後に起こりやすいので「以前は気になっていたが、今は気にならない」という方も。 「歯痛・歯周病」「抜け毛」も妊娠・出産後、起こりやすいといわれており、「感じたことがない」という方が多い一方、現在も「気になる」という方もいらっしゃいますね。
さらに目立っていたのが、具体的な症状ではないものの、「ストレス」「疲れ・だるさ」を感じていらっしゃるママがたくさんいらっしゃること。 育児や家事はなかなか休むことができず、ストレスや疲れ、だるさが慢性化していらっしゃるのでしょう。
ママ業は体力勝負なので、しっかり食べていらっしゃるのか、「食欲不振」を感じていらっしゃる方は少なめ。一方、「肥満気味」は気にされているよう。出産を経験し、年齢を重ねるとどうしても体型や体重が変化してしまいますよね。

Q3.ママは健康診断を受けていますか?

体の不調や万一の病気を発見するには健康診断が大切。ママも健康診断を「毎年受けている」という方が40.7%いるものの、「定期的には受けていない」というママの方が多く、44.5%。専業主婦・ママの方は健康診断を受ける機会がないのかもしれません。

Q4-1.乳がん検診を受けていますか?

女性の罹患率が高い乳がんの検診は、「定期的に受けている」とお答えの方が25.0%。ここ数年、人気キャスターやタレントの方が乳がんを公表して、検診を推奨されていることもあるのか、「受けようと思っている」というママも多く、40.1%。ただ、「あまり意識したことがない」という方も34.9%いらっしゃいました。

Q4-2.子宮がん(子宮頚がん)検診を受けていますか?

子宮がん(子宮頚がん)の検診は、「定期的に受けている」とお答えの方が多く、39.5%。「受けようと思っている」というママも31.3%いらっしゃいました。妊娠・出産を機に子宮を検診することへの意識が高まったのかも。 「あまり意識したことがない」とお答えの方は29.2%でした。

Q5.健康を維持するために、日頃から気をつけていることや実践していることがあったら教えてください。

年齢のせいかもとか運動不足かな、とか疲れてるだけかもと思っていたことが、実は病気の自覚症状でした。今までと違うことがあれば、自分の体をきちんと見直して軽く流さず受診する、というのも、健康を維持するために大切かなと思っています。(ちなみに判明した病気は治療でかなり改善しました。)(きらゆー/香川県高松市)育児と仕事を両立しているので適度なストレス発散として友人と会う時間を作る事と料理は極力手作りし、惣菜等は買わない事。毎週末主人とジョギングするよう心掛けています。(豆大福/北海道札幌市)自分のリフレッシュ時間を少しでも設けています。疲れがたまっているときは夫や両親に協力してもらって、少しお昼寝するのスッキリしてとても良いです。(もみじん/埼玉県川口市)ストレスを溜めないように1日の終わりに自分の時間を作っています。(ゆりぶぶ/愛知県高浜市)栄養をしっかりとって、バランスの良い食生活を送る。出先ではマスクを着用し、帰って来たら必ず手洗いうがいをする。朝起きたらコップ一杯の白湯とヤクルトを飲み、夕食前には豆乳青汁を飲み、食後はヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取する。早寝早起きを習慣にできるように努力する。(かすみさき/東京都豊島区)スマホの歩数計をチェックしながら毎日1万歩以上歩くようにし、お風呂上がりに軽いストレッチをしています。太りやすい体質なので(あと下半身デブです…)、なるべく動くように心がけています。あとスキンケアの面では、2日に一度ローションをたっぷり含ませたシートマスクをし、気が向いた時にフェイスマッサージをしています。食生活の面ではスナック菓子とジャンクフード、揚げ物と菓子パンは控えめて、野菜を多くとるように心がけています。(やしろ/鳥取県鳥取市)健康を意識してバス登園をやめて、電動ではない自転車で送迎することにしました。生活に組み込まないと続かないタイプなので、この方法で、1日40分自転車をこぐ習慣になりました!(ゆずゆ/東京都府中市)肩こりからくる頭痛がひどいので、朝、なるべくラジオ体操を取り入れています。できないときは肩周りを動かす事を心掛けてます!やり始めて少しすると腕もピンと真上に伸ばせるようになりましたし、調子も良いと感じてます!!(ひよこ/福岡県春日市)ジムに通う時間はないので、子ども達が寝た後に自宅で筋トレやストレッチをしています。食事は我慢せず好きな物を食べています。歩くことは基本好きです。(あや/京都府京都市)よく食べてよく寝ること!!とくに朝ごはんはしっかり沢山食べるようにしています!!あとは、お出かけはできるだけ徒歩移動したり、子どもと公園で遊ぶことで運動不足にならないようにしています。(キレンジャー/大阪府東大阪市)野菜が不足してるな…と感じたときには、味噌汁の具を野菜たっぷりにするようにしたり、野菜スープ(コンソメやトマト風味)をとるようにしています。子どもも、わたしと一緒で野菜炒めやサラダより、汁物に入った野菜の方が食べやすいようです。(ゆちこママ/北海道札幌市)医療補助でワンコインで子宮頸がん検診ができるから積極的に行きます。(かずみんみんぜみ/広島県尾道市)

●感想

「ママの健康大調査」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票をいただき、ありがとうございます。
毎日忙しく頑張るママ。それだけストレスや疲れをため込んでいらっしゃるようですね。肩こりや腰痛、頭痛、不眠など、具体的な症状があらわれ、気になっている方が多数。ママの大変さを改めて感じました。
しかしながら、こういった疲れや症状を改善して元気で頑張ろうという意識は高く、栄養バランスの良い食事を3食しっかり食べる、早寝早起き、適度な運動をされているよう。買い物やお子さまのお迎えの際、遠回りして歩いたり、寝る前にストレッチしたり、生活の中に上手く組み込んでいらっしゃいますね。
育児や家事はなかなか休めないと思いますが、ストレスや疲れを感じたときは遠慮せずお休みを。また、健康診断や乳がん・子宮がんの検診を受けている方が少なめだったので、ぜひ定期的な検診を受けてくださいね。

第852回の投票テーマは「ママ・パパのスマホ事情」です。
今週もぜひご投票ください。

今日はママをおやすみ。すっきりリフレッシュ、たっぷりエネルギーチャージしよう♪・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
ママの健康大調査
投票期間
2018.09.27~2018.10.03
有効回答数
511
質問内容

Q1.年代は?
Q2-1.日頃、感じている体の不調について教えてください。                     
Q3.ママは健康診断を受けていますか?
Q4-1.乳がん検診を受けていますか?
Q4-2.子宮がん(子宮頚がん)検診を受けていますか?
Q5.健康を維持するために、日頃から気をつけていることや実践していることがあったら教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.