ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ママの日焼け止め、使い分けしてますか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第886回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

これから暑くなってくると気になるのが日焼け。紫外線は肌にダメージを与えてしまうため、お子さまはもちろん、ママも日焼け、紫外線対策をされていることでしょう。
そこで、今回はママの日焼け止めについてリサーチを行いました。

Q1. ママが日焼け止めを使用する時期は?(複数可)

ママが日焼け止めを使用する時期は、「夏(6~8月)」とお答えの方が多く、70.2%。太陽の光=紫外線がもっとも強い夏は日焼け止めが必須ですものね。 「春(3〜5月)」とお答えの方も多く、31.0%。春も紫外線量が多いので、早めに使い始められるのでしょう。 「秋(9~11月)」とお答えの方は22.5%。残暑厳しい頃は夏と同じくらい日差しを強く感じますものね。

Q2. ママは自分専用の日焼け止めとお子さまと一緒の日焼け止めのどちらを使っていますか?

ママとお子さまは日焼け止めを使い分けされているか伺うと、「ママ専用」とお答えの方が多く、69.6%。ママはお子さまよりも日焼け止め効果が高いものを使われているのでしょう。 「お子さまと一緒」とお答えの方は30.4%でした。

Q3. ママは顔用と身体用に日焼け止めを使い分けしていますか?

ママは顔用、身体用と日焼け止めを使い分けしていらっしゃるか伺うと、「していない」とお答えの方が多く、64.0%。顔と身体が兼用になっているものも多く、忙しいママとしては使い分ける手間も時間も省けて便利ですよね。 使い分けを「している」とお答えの方は36.0%でした。身体には効果が高いもの、顔には化粧下地になってファンデーションと相性がいいもの、肌にやさしいものと、使い分けされているのかも。

Q4.使用している日焼け止めのタイプは?(複数可)

ママが使用している日焼け止めのタイプは、「ミルク(乳液)タイプ」とお答えの方が7割近くで、68.6%。伸びがよく、肌の潤いを保てるのがいいのでは。 以下は、より潤いが保てる「クリームタイプ(32.5%)」 、手を汚さず、重ねづけや外出先でもさっと使える「スプレータイプ(20.3%)」 、ベタつきにくい「ジェルタイプ(16.0%)」をチェックされた方が多くなりました。

Q5-1.日焼け止めを選ぶときのポイントは?(複数可)

日焼け止めを選ぶときのポイントは、「SPFやPAの高さ」とお答えの方が多く、67.9%。 「SPF」は短時間で肌に赤みや炎症を起こし、黒くさせてしまうUVB(紫外線B波)を防ぐ効果指数で、UVBを防げるかの時間を1〜50+を表示。「PA」は、一時的に黒くなり、その後、肌の弾力を失わせるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安で、「+」マークの4段階で表示。数字が高い、数が多いほど効き目があるので、多くの方が選ぶときのポイントにされていますね。 続いては、「使い心地」とお答えの方で51.7%。夏は汗をかいて、肌がベタベタするので、できるだけさらっと使えるものがいいのでは。「汗や水に強い(33.3%)」もポイントになりますよね。 毎日必要でこまめに塗り直すことも大切なので、「値段(38.7%)」もポイントになるよう。 また、肌への負担や使いやすさを考えて、「石鹸でおちる(29.3%)」をチェックされた方も多くいらっしゃいました。

Q5-2.その他の場合は何ですか?

・口に入ったりしても大丈夫か
・持ち運びが楽かどうか
・白浮きしないか
・香り
・敏感肌用
・CMが好きかどうか

Q6-1. 日焼け止めでのお悩みは?(複数可)

日焼け止めを使うときのお悩みは、「塗りなおすのが面倒」とお答えの方が半数以上で、55.7%。外出中に塗りなおすのは、手や服が汚れてしまうこともあり、確かに面倒ですよね。 続いては、 「汗で落ちてしまう」とお答えの方で44.3%。落ちてしまうと、また塗りなおさなければならず、面倒なのでしょう。 塗ったときの肌ざわりや使い心地、汗をかいたときの「ベタつきが気になる」とお答えの方も多く、40.9%でした。

Q6-2.その他の場合は何ですか?

・メイク落としでは落としにくい
・価格が高い
・顔に塗って時間がたつと痛くなる
・効果がわからない
・手が汚れる、帽子が汚れる
・消しゴムのカスみたいにモロモロしてしまう
・水に強いと、綺麗に落ちず、肌がぎしぎしする感じが残ってしまう時が嫌
・中身が少ない
・肌に負担がかかっている気がする

Q7. 日焼け止めを使用するにあたって工夫していることや、紫外線対策で気をつけていることがあれば教えてください。

日常で使う日焼け止めは肌に負担がかからないようにSPFなどが高すぎないもの(レジャー用とかでないもの)を使用しています。運転する時は腕までの手袋をつけて日焼け予防をしています。(おにぎり大好き/新潟県新潟市)お風呂あがりや汗をかいてる時などは汗が引いてから日焼け止めを塗る。お化粧の下地で塗るときは、化粧水など肌に浸透してから塗る。サンダル焼けや耳も忘れず塗る。髪の毛にもスプレーする。日傘や手袋は曇りの日でもかかさない。(メグメグ/富山県魚津市)外出する直前に塗るのはあまり効果が得られないと聞いた事があるので、準備を始める段階で最初に塗っておくこと。(はるはる/兵庫県伊丹市)こまめに塗り直す。塗り忘れがないように、常に鞄の中に入れている。(スグメグ/宮崎県宮崎市)お布団干すときや洗濯物を取り入れる時間も、チリもつもればで長時間になるので、必ず帽子を被るようにしています!(うえっち/大阪府吹田市)ファンデーションなども日焼け止め効果のあるものを使用するようにしています。(まさみ/愛知県名古屋市)髪の毛専用の日焼け止めを使用したりしています。顔に塗る日焼け止めは全面にたっぷりはぬらず、前髪で隠れるような部分には薄くぬっています。(さえちゃん/宮城県仙台市)アレルギーがあるのでアルコールフリーの肌に優しいものを使っています。顔にはパウダータイプのものを使用して化粧直しのついでに日焼け対策できて便利です♪(みぃな/滋賀県野洲市)ムラなく塗る事。耳の後ろや首、デコルテ、足首等塗り忘れのないよう気を付けている。あとは、アームカバーや帽子などでさらに紫外線対策を!(ゆう/広島県広島市)靴とパンツのわずかな間、油断していたらしっかり焼けてしまったので、ここも念入りに日焼け止めを塗っています。(かーこ/長野県塩尻市)顔と首の色の差が気になるので、首やうなじ、鎖骨辺りまでぬるようにしています。なるべく肌を出さないように夏でも5分袖を着たりやアームカバーを着けるようにしています。(そうともママ/宮城県仙台市)帽子や日傘を活用。影になってるところを歩く。日焼け止めはムラなく塗るようにしてます。(あお/徳島県小松島市)

●感想

「ママの日焼け止め、使い分けしてますか?」と題したリサーチはいかがでしたか?
ママもお子さまも外出には日焼け止めが必須。主な使用時期は夏ですが、同じように紫外線量が多い春から秋まで長いシーズン活用されていますね。
人気は伸びがよい乳液タイプで、SPFやPAの値が高い効き目のあるものを選んでおられるよう。外出前に必ず塗って肌になじませることはもちろん、汗をかいて落ちたりすればこまめな塗りなおしも徹底され、日傘や帽子、手袋、UVカット仕様のカーディガンなども併用されていました。
また、日焼け止めはお子さまと同じではなく、ママ専用のものを使っていらっしゃる方が多くおりました。効果や肌への負担、化粧品との相性を考えておられるのでしょうね。
レジャーやイベントなどで外に出ることが増える夏。日焼けと熱中症対策には念には念を入れて楽しみたいですね。
今回のリサーチにもたくさんのご投票をいただき、ありがとうございます。

第887回の投票テーマは「ママはヘアケアどうしてる?」です。
今週もぜひご投票ください。

日焼け止めを塗りなおしたら、さあ、もうひと遊び。ママは日傘、手袋も必須だね♪・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
ママの日焼け止め、使い分けしてますか?
投票期間
2019.06.20~2019.06.26
有効回答数
508
質問内容

Q1. ママが日焼け止めを使用する時期は?(複数可)
Q2. ママは自分専用の日焼け止めとお子さまと一緒の日焼け止めのどちらを使っていますか?
Q3. ママは顔用と身体用に日焼け止めを使い分けしていますか?
Q4.使用している日焼け止めのタイプは?(複数可)
Q5-1.日焼け止めを選ぶときのポイントは?(複数可)
Q5-2.その他の場合は何ですか?
Q6-1. 日焼け止めでのお悩みは?(複数可)
Q6-2.その他の場合は何ですか?
Q7. 日焼け止めを使用するにあたって工夫していることや、紫外線対策で気をつけていることがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.