子ども部屋のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

どうする?我が家の“子ども部屋”

Weekly ゴーゴーリサーチ(特別編分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

今回、Weeklyゴーゴーリサーチでは、不動産・住宅情報ポータルサイトHOME'S(ホームズ)と共同調査を実施しました。テーマは「どうする?我が家の“子ども部屋”」です。
子ども部屋はお子さまの成長と共に必要となってくるもの。ママ・パパの子育て方針、家族やきょうだいの人数、住宅事情などによって、子ども部屋に対する考え方、子ども部屋のスタイルはいろいろ違ってくると思います。
そこで、皆さんの貴重なご意見をお聞かせいただきました。

Q1-1.お子さまの人数は?

Q1-1.お子さまの人数は?

今回、ご投票いただいたご家族のお子さまの人数は、「1人(43.1%)」「2人(41.9%)」「3人(8.6%)」「4人以上(1.4%)」でした。

Q1-2.お子さまの年齢は?

Q1-2.お子さまの年齢は?

調査の対象となるお子さまの年齢は、

  • 「0歳(41.1%)」
  • 「1歳(18.0%)」
  • 「2歳(18.0%)」
  • 「3歳(14.9%)」
  • 「4歳(12.9%)」
  • 「5歳(13.1%)」
  • 「6歳(9.2%)」
  • 「7歳(7.4%)」
  • 「8歳(7.2%)」
  • 「9歳(5.4%)」
  • 「10歳以上(16.6%)」
となりました。

Q2.お子さまが何歳になったら子ども部屋を与えたいと思いますか?

Q2.お子さまが何歳になったら子ども部屋を与えたいと思いますか?

お子さまが何歳になったら子ども部屋を与えたいか伺うと、「小学校低学年から」とお答えの方が40.4%でトップ。小学校に入ると勉強机も必要ですし、宿題などをするためにも子ども部屋を用意するにはちょうど良いタイミングなのでは?

続いては、「小学校高学年から」とお答えの方で24.2%。高学年になると勉強にも力を入れて欲しいし、お子さまの自立という意味でも子ども部屋を与えられるのでしょう。

「中学生以上から」とお答えの方は13.5%でした。小学校卒業まではママ・パパのより近くにいてほしいのかもしれません。

Q3.子ども部屋について、あなたの考えに当てはまるものをお選びください(複数選択可)

Q3.子ども部屋について、あなたの考えに当てはまるものをお選びください(複数選択可)

子ども部屋について、ママ・パパの考えを伺うと、48.7%の方が「小さい頃は、きょうだいで同室が良い」とお答えに。お互いのものやスペースをシェアする気持ちが生まれ、きょうだいの絆が深まりますよね。
続いては、「小さい頃は、リビングなどに専用のコーナーを設ける」とお答えの方で48.3%。子ども部屋として分離するのではなく、ママ・パパの目が届く範囲で「子どもの領域」を与えたいのでしょう。

一方、ある程度の年齢になれば、きょうだいそれぞれに子ども部屋が必要とお考えで、「思春期になったら、異性のきょうだいの場合は、別々の部屋を与えたい」とお答えの方が40.1%、「思春期になったら同性のきょうだいの場合も、別々の部屋を与えたい」とお答えの方が35.1%でした。
ただ、「思春期になっても、同性のきょうだいの場合は、同室で良い」とお考えの方も12.4%いらっしゃいました。

また、「小さい頃から、1人に1部屋を与えたい」とお考えの方は7.2%と少なめでした。

Q4-1.子ども部屋にあるもの、また今後、置いておきたいと思うものをお選びください(複数選択可)

Q4-1.子ども部屋にあるもの、また今後、置いておきたいと思うものをお選びください(複数選択可)

子ども部屋にあるもの、置きたいものは

  • 「本棚(79.5%)」
  • 「学習机(78.5%)」
  • 「ベッド(64.8%)」
  • 「クローゼット(59.2%)」
  • 「玩具などの収納(58.7%)」
  • 「エアコン(54.0%)」
が上位にランクイン。

トップは「本棚」。図鑑や絵本をはじめ、さまざまな本を置くスペースは必須。ママ・パパとしては、お子さまに本を読む習慣をつけるために、自然に本を手に取れる環境をつくりたいという思いもあって本棚を置くのでは? もちろん、「勉強机」も必要ですよね。

お答えからみると、子ども部屋は、「学ぶ(本棚・勉強机)」「遊ぶ(玩具などの収納)」「着替える(クローゼット)」「寝る(ベッド・寝具)」と、生活の場であるだけでなく、子どもの成長に従って増えてくる「モノ」を置いておく収納場所としての役割を果たしているようです。

Q4-2.その他の場合は、どんなものですか?

  • ・電話の子機(内線で子どもを呼ぶ為。外線には使わせない)
  • ・地球儀
  • ・大きな姿見の鏡
  • ・扇風機
  • ・子供の学用品、自分のスポーツの道具(バットなどクラブで使うものもすべて)
  • ・弦楽器
  • ・家族写真
  • ・ローテーブル
  • ・ハンドクリーナー(消しゴムのカス取りに)
  • ・ハムスター
  • ・ぬいぐるみなど
  • ・インテリア時計

Q5.現在のお住まい(居住環境)について教えてください。

Q5.現在のお住まい(居住環境)について教えてください。

調査にご協力いただいたご家族のお住まいは、

  • 「持ち家(戸建て)(38.2%)」
  • 「賃貸(33.0%)」
  • 「持ち家(マンション)(15.9%)」
という順になりました。

Q6.現在のお住まいを借りた際、または購入した際に、子ども部屋(子どものスペース)を意識しましたか?

Q6.現在のお住まいを借りた際、または購入した際に、子ども部屋(子どものスペース)を意識しましたか?

お住まいを借りる・購入する際、子ども部屋については、

  • 「何となく意識した(31.3%)」
  • 「あまり意識しなかった(27.4%)」
  • 「はっきり意識した(25.3%)」
という結果に。

借りる・購入する際のお子さまの年齢、ママ・パパの事情にもよると思いますが、なんとなくは子ども部屋を意識されるよう。購入する際は、子どもたちが巣立つまでその家で過ごすわけですから、はっきり意識されるのではないでしょうか。

Q7.今後、子ども部屋のために、住み替えやリフォームする可能性は?

今後、子ども部屋のために、住み替えやリフォームする可能性は?

借りる・購入する際に意識している、考えている子ども部屋ですが、成長と共に必要なものが変わってきたり、既存のスペースや機能では物足りなくなってくる場合も。

そこで、子ども部屋のために、住み替えやリフォームをお考えか伺うと、「購入を予定している」とお答えの方が17.2%、「借り替えを予定している」とお答えの方が7.1%、「リフォームを予定している」とお答えの方が6.1%と、30%以上のママ・パパが子ども部屋のために、住み替えやリフォームをお考えでした。「まだ何とも言えない」とお答えの方も多く、38.0%。「あまり考えていない」とお答えの方は31.6%いらっしゃいました。

Q8.我が家の子ども部屋に対する考え方や、理想の子ども部屋(イメージ・インテリアなど)を教えてください。

理想はパリの子供部屋のイメージ。古い家でもいいので成長にあわせて子供と一緒に壁の色を塗り替えたりしたい。(らいちゃん/千葉県八千代市)小さいうちからインテリアは自分で選ばせてあげたいなぁと思う。わたしのときは親が全部決めていたので、友達の部屋がちょっと羨ましかったりしたから。(ポピー畑/東京都福生市)子供が女の子なので、かわいらしく花柄やピンクでまとめたい。憧れは天蓋付きがいいですね。また、部屋に引きこもったりしないよう、個人的にパソコンやテレビは部屋に置かず、リビングに設置できるようにするつもりです。(みぽこ/大阪府堺市)子供が帰ってきた時に顔を合わさずに部屋に入らないよう、玄関からリビングを経て子供部屋に行けるようにしたいです。中は白を基調に、子供が後で好きな配色にしたときにどの色にも合うような、ベーシックな部屋にしてあげたいです。どんな絵でも描ける…そんな白いキャンパスが理想かな。(にょろきょろ/東京都新宿区)今はまだ小さいので、子供部屋を作る必要はないと思っています。異性の兄弟なので、いずれ自分の部屋がほしいと言い出すのかなぁと少し楽しみにしています。私は小さい頃、兄と同室で兄の中学校入学を機に別々の部屋になりましたが、二段ベッドで寝てたり夏休みとか一緒に宿題をしたり勉強を教えてもらったなぁと懐かしいです。私の希望ですが、インテリアはイケア!!決定です。シンプルだし色使いもかわいいのですが、現実はごちゃごちゃしそうです。(うしうし/福岡県福岡市)幼いうちは(小学校6年くらいまで)リビングで勉強するような環境がいいと思っています。(部屋にこもりがちになってほしくないので。)リビングスペースで遊んだり、宿題したり、家族の団らんを大切にした家づくりをしたいです。子供部屋のイメージは光の入る、明るく、カラフルで子供らしいお部屋。中学生くらいに少し落ち着いたインテリアに変えていくのが理想です。(りん/大阪府大阪市)明るい日差しが入る部屋で、日中は電気を付けなくても過ごせ、風通しもよく、窓を開けて開放的な部屋が理想です。テレビは基本的にリビングだけで、子供部屋には置かず、団欒の時間は大切にし、でも、自分の居場所は確保できるようにしてあげたいです。(りかりんりん/岡山県岡山市)服など身の回りの事、部屋の片付け、布団の上げ下ろしなど、子供が自分でできるような部屋にしたい。大きくなっても違和感がないようにシンプルな部屋にしたい。(かわうそ/高知県須崎市)やはり部屋に引きこもられては嫌なので、基本的にはリビングに家族が集まって会話が出来るようにしたい。そのために子供部屋は学習と就寝を中心とした環境にし、テレビやゲーム機などは部屋には置かないようにしたいと考えています。テレビ見るのもゲームをするときも家族一緒の部屋で行うことが理想です。何でも部屋に揃えてしまうと部屋が居心地良すぎて出てこない…なんてことになると寂しいですし、会話が減ると子供の様子も分からなくなるので避けたいところです。(かんた/沖縄県那覇市)同性だったら子ども部屋はいつまでも同じでいいと思います。私も妹とずっと同じ部屋でしたが、何かと話しやすく、楽しく今でも友達のような感覚です。私は一緒の部屋にしてくれた両親に感謝したいです。 (なるなるぷーさん/愛知県豊田市)上の子が受験生になったら兄弟で部屋をしきり、個々に使ってほしいが、それまでは、一緒に広々と使って欲しい。その為に、2つの部屋を仕切らずに、1つの部屋で建てたので。(たいちゃん/福島県福島市)親と同居の為、これまでは間取りへの選択の余地がなく、何となく過ごしてきましたが、中学生になり勉強量が増えた、友人を呼ぶ事が多くなり、本人が希望するようになった事を考慮してリフォームを検討することになりました。子供は好きなものを置いたり、飾ったりしたいようですが、親としては高校受験までは出来るだけシンプルで使いやすい部屋作りをしたいと考えています。その後は本人の意思を尊重し、任せていきたいと思います。(リーママ/山形県天童市)まだ上の子が3歳の時に新築しましたが、なんとなく子供部屋は意識しましたが子供が使うのは長くて10年位と思い、あまり重要視しませんでした。小学生のうちはリビングで勉強し部屋は寝るだけで中学生位になってから子供部屋を良く使うのでは?と思っています。インテリア等は子供の自由にと思っているので壁紙も遊ばず白にしました。(まふぁる/佐賀県西松浦郡)お友達が来たときの遊び部屋に今はなっています。自分の部屋があるということは6歳でも嬉しいようです。現在は勉強はリビング、寝室は家族みんなで寝ています。(ゆずず/愛知県半田市)リビング横に子供部屋兼書斎パソコン部屋を作り、子供の気配を感じながら家事をしたり、主人が読書したりパソコンをしている姿を子供がみたりという環境。(きなこ/東京都世田谷区)小学生、特に低学年のうちは部屋を与えなくてもいいかな、と思います。小学校入学にあたり、学習机を購入したのですが、その机を使用したのは最初の頃だけ。今はリビングの机の一角が参考書などの資料置き場になり、リビングの机で勉強しています。小学高学年〜中学生になり自分の部屋を欲しがったら考えようと思っています。(みいみい/東京都江戸川区)子供部屋は基本的に寝るためのものとしたい。普段はリビングで家族と過ごし、リビングの一角で勉強し、寝るときに自分の部屋に行く。という概念で今のところ捕らえている。そのため、子供部屋は、子供がゆったりできるような、割と明るめな色を沢山使い、ポップでかわいい感じにしたい。(ベリー/神奈川県海老名市)新生児の時から子供部屋を用意しました。今はまだ小さいのでリビングにもコーナーを設けていますが、基本、洋服や、普段遊ばないおもちゃ、インテリアに合わないものは子供部屋に持っていかせるようにしています。(たむとむ/広島県広島市)主人が外国人のため産まれた時から、子供は自分の部屋の自分のベッドで寝ています。子供が産まれると子供中心になってしまいますが部屋を分けるだけで夫婦の時間もちゃんともてます。子供も慣れているので一人でぐずを言わず寝てくれて子育てもちょっと楽ができています。(ニイナ/東京都足立区)自立心を育てるためにも個人の部屋は必要だと思う。机に向かう習慣をつけて欲しいので、座り心地のいい椅子は必須だと考えています。机は学習机ではなく、思索のために向かう、生涯にわたって使えるものを考えたいですね。(ひろあーく/富山県中新川郡)

●感想

不動産・住宅情報ポータルサイトHOME'S(ホームズ)と共同調査「どうする?我が家の“子ども部屋”」はいかがでしたか? 
子ども部屋に対する考え、現在の様子はご家庭によってそれぞれ。早くから子ども部屋を与えている方もいらっしゃいましたが、多くの方が小さい頃は必要ないのでは?とお考えでした。また、きょうだいも小さい頃は同じ部屋にされているようですね。
もちろん、一人で寝る、勉強をする、片づけなどを習慣づけるために、時期が来れば子ども部屋を用意。きょうだいで部屋を分ける必要もあるようです。
ただ、その際も子どもが孤立したり、引きこもってしまわないよう、「必ずリビングを通るようにしている」「テレビやゲームは置かない」と工夫されていました。
家族でもプライバシーは大切。でも、もっとも欠かせないのはコミュニケーションですよね!
皆さんのご投票、ありがとうございました。


自分の部屋ができて得意げな子ども。ママ・パパもうれしいけれど、ちょっぴり寂しい?… (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
どうする?我が家の“子ども部屋”
投票期間
2011.07.28~2011.08.10
有効回答数
596
質問内容

Q1-1.お子さまの人数は?
Q1-2.お子さまの年齢は?
Q2.お子さまが何歳になったら子ども部屋を与えたいと思いますか?
Q3.子ども部屋について、あなたの考えに当てはまるものをお選びください(複数選択可)
Q4-1.子ども部屋にあるもの、また今後、置いておきたいと思うものをお選びください(複数選択可)
Q4-2.その他の場合は、どんなものですか?
Q5.現在のお住まい(居住環境)について教えてください。
Q6.現在のお住まいを借りた際、または購入した際に、子ども部屋(子どものスペース)を意識しましたか?
Q7.今後、子ども部屋のために、住み替えやリフォームする可能性は?
Q8.我が家の子ども部屋に対する考え方や、理想の子ども部屋(イメージ・インテリアなど)を教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

出産準備に揃えておきたい家電(加湿器編)
出産準備に揃えておきたい家電(加湿器編)
家族を守る安全機能が充実したクルマなら、旅行時のドライブや年末年始の帰省も快適
家族を守る安全機能が充実したクルマなら、旅行時のドライブや年末年始の帰省も快適
乾燥する季節にすばやい加湿で快適に!赤ちゃんにも安心な 「スチームファン蒸発式加湿器」
乾燥する季節にすばやい加湿で快適に!赤ちゃんにも安心な 「スチームファン蒸発式加湿器」
広すぎ収納、2WAY和室にワークカウンター ママの「イイね!」がいっぱい詰まったオークラホームの住まい
広すぎ収納、2WAY和室にワークカウンター ママの「イイね!」がいっぱい詰まったオークラホームの住まい
置くだけ簡単、いろいろなシーンで大活躍! カビの発生やダニの増殖を抑制する和紙でできた置き畳
置くだけ簡単、いろいろなシーンで大活躍! カビの発生やダニの増殖を抑制する和紙でできた置き畳
マザーズセレクション大賞発表
マザーズセレクション大賞発表
床の上までお部屋まるごと暖かく。さわっても安心な遠赤外線パネルヒーター
床の上までお部屋まるごと暖かく。さわっても安心な遠赤外線パネルヒーター
形がおもしろいものを探して楽しく!「なぞり絵」で年賀状をつくってみませんか
形がおもしろいものを探して楽しく!「なぞり絵」で年賀状をつくってみませんか
年末年始のパーティーはおしゃれを楽しみたい 親子おそろいのリンクヘアーで決まり!
年末年始のパーティーはおしゃれを楽しみたい 親子おそろいのリンクヘアーで決まり!
「葉酸サプリ」で人気のブランドがお届けする妊娠中から産後をサポートする専用シリーズ
「葉酸サプリ」で人気のブランドがお届けする妊娠中から産後をサポートする専用シリーズ
お子さまのさまざまな能力を引き出して育てる「リトミック」の体験レッスンに参加してみよう
お子さまのさまざまな能力を引き出して育てる「リトミック」の体験レッスンに参加してみよう
抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートキャリア
抱っこの負担を大幅に軽減するヒップシートキャリア
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
群馬県昭和村で今年も開催!『ミキハウス ハッピー・ノートファーム2019』ファームオーナー大募集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.