雪遊びのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

雪遊びしましたか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第829回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

ここ数週間、大寒波に見舞われ、日本各地で大雪が降りましたよね。交通機関に影響が出るなど、大人にとってはやっかいな面もある雪ですが、お子さまにとっては雪遊びができて楽しいものなのでは? また、冬場はスキー場をはじめ、雪遊びができるスポットにお出かけするファミリーも多いと思います。そこで、今回は「雪遊びしましたか?」と題してリサーチを行いました。

Q1.お子さまが初めて雪を見たのは何歳の時ですか?(きょうだいがいる場合はその時点で一番小さかったお子さまの年齢をお選びください)

お子さまが初めて雪を見た年齢は、
「0歳(32.8%)」
「1歳(23.4%)」
「2歳(16.3%)」
「4歳以上(10.7%)」
「3歳(8.8%)」
という順になりました。
お住まいの地域にもよりますが、0〜1歳という方が多く、雪デビューは早いようです。

Q2-1.雪が降った日に、お子さまとどんな遊びをしました(今後したいです)か?(複数可)

雪が降った日に、お子さまとした(したい)遊びは、
「雪だるまや雪うさぎを作る(64.8%)」
「あしあとをつける(48.9%)」
「眺める(観察する)(40.1%)」
「写真やムービーを撮る(33.4%)」
「雪合戦をする(30.8%)」
という順になりました。

トップは、「雪だるまや雪うさぎを作る」。雪遊びの定番中の定番であり、冷たさを感じたり、どんな作品を作ろうか考えたりするのも楽しいのでは。
続いては、「あしあとをつける」。いつもの道とは違って、あしあとがくっきりと残ったり、キュッキュッと音がしたりして、おもしろいのでしょう。
また「眺める(観察する)」という方も。寒い外に出したくない、まだ雪だるまを作ったりできないお子さまは眺めるのがいいのかも。
お子さまが作った作品や冷たさに驚く姿などを「写真やムービー」に収める(収めたい)方も。
「雪合戦」はある程度大きくなったお子さまの遊びなのかな。ママ・パパやきょうだいと熱くなっちゃうのでは。

Q2-2.その他の場合は、どんな遊びですか?

  • ●雪ダイブ
  • ●お砂場のバケツやスコップ遊び
  • ●お山作り
  • ●お父さんと雪かきをしました
  • ●お風呂のお湯を洗面器にいれて、雪をどんどんいれる
  • ●お風呂時に、雪を持って行って遊んでます
  • ●スノーボード
  • ●ツルツルになった所でスケートごっこ
  • ●ひたすら雪に触れあわせたい!
  • ●顔を雪にズボっといれて、顔型遊び
  • ●砂遊び用のおもちゃでアイスクリームを作ったりケーキを作ったり
  • ●雪でおままごと
  • ●雪の形の切り絵を作る
  • ●雪の上を駆け回る
  • ●夜かまくらをライトアップし、中で雪見だいふくを食べる

Q3-1.お子さまとどこで雪遊びをしました(今後したいです)か?(複数可)

お子さまと雪遊びをした(したい)場所は、「自宅の庭やベランダ」とお答えの方が多く、71.0%。今年は各地でたくさん雪が降っているので、お出かけしなくても雪遊びができますよね。
「近所の公園や広場」とお答えの方も多く、44.8%。
寒い時期であり、小さいお子さまも多いことから、「スキー場」などレジャー施設に出かける方は少なめでした。

Q3-2.その他の場合は、どこですか?

  • ●お買い物に行くいつもの道
  • ●お風呂
  • ●家の前
  • ●青森におばあちゃんひいおばあちゃんがいるので、曾孫の顔を見せて一緒に雪国らしい雪遊びをしてほしい
  • ●祖父母が農家なので田んぼの中
  • ●駐車場
  • ●動物園
  • ●野沢温泉スキー場
  • ●友達の家

Q4.お子さまがはじめて雪を見た時の反応や、お子さまと雪遊びをした時のエピソードがあれば、お聞かせください。

0歳の頃は抱っこひもで手に付いた雪を眺めて、1歳はウェアを着て外に出るも怖くてずっと抱っこ。2歳の今、少し怖がりながらもソリで遊ぶ息子を見て、成長したなと感慨深いです。パパも雪山作った甲斐があると喜んでました。(ぴすけ/北海道石狩市)1月産まれの息子。産まれた次の日に雪が降り、産院の部屋で、抱っこしながら雪を見つめていました。まだ目がしっかり見えていない頃だろうから覚えていないと思いますが。2年経ち、今年は初めて雪遊びさせました!フワフワの雪を踏むと足跡がつくので嬉しそうです。さわったり、スコップですくってみたり、手でかためてみたり。冷たくて不思議なのか、とても熱心に遊んでいました。(せいちゃんママ/愛知県名古屋市)1歳の冬にスキー場へ行ってソリ遊びをしました。生まれて初めて見る雪におっかなびっくりでなかなか歩こうとせず大変でした。触るのにも時間がかかり触ったと思ったら冷たくて顔をしかめたり泣いたり思い出すだけで笑っちゃいます。(もじまま/神奈川県横浜市)はじめて子供が雪を見たのは、スキーに毎年行っていた友達が、出産でスキーに行けない私達親子に、スキーのお土産に雪だるまをクーラーボックスに入れて持って帰ってきてくれた時です。子供はその時は何もわからない年齢でしたが、今ではその写真を見るのが大好きです。(もこちん/長崎県大村市)ふわふわ、カチコチ、溶けていく…と様々変わる手ざわりに驚きと、冷たさに驚きと!興味津々で、2時間近く触ったり雪を投げたりして遊びました。幼稚園に入る前の最後の思い出作りにと、おじいちゃんが張り切って、庭に巨大な雪だるまと、滑り台付きのかまくらを制作!!写真を見返しては、いまも、楽しかったねーと言っています。(うにたん/埼玉県川口市)あまり積もった雪ではなかったけれど、別の世界を見るように目をキラキラさせているこどもを見ると、自分が四季を感じる余裕もなくなっていたのだなあと勉強させられました。(だいのんすけ/大阪府東大阪市)あまり雪が積もらないので、テレビや本の情報でしか雪=冷たいを知らなかった子供。最近の寒波の影響で少し雪が積もり、実際に触って遊ぶことが出来て大興奮!雪合戦…とまではいきませんが、奇声を発しながら雪投げやミニ雪だるま作りを楽しんでいました。それ以後ニュース等で大雪映像を見る度に、雪また遊ぶ!つめたーい!と言ってます。(タクタク/広島県広島市)めったに雪が降らない、そして積もることは本当に奇跡のような、晴れの国おかやまに住んでいますので、こどもたちは雪が降ると大喜びです。初めて雪を見たときにはとても不思議そうでした。冬になると、毎年雪が積もることを心から楽しみにしている様子です。(ゆうこりん/岡山県岡山市)今年、かまくらを一緒に作りました。子供は中に入り雪団子を作ったりと楽しそうでした。けど次の日には晴れ、かまくらが溶けているのを見て、すごく悲しそうな顔をしていたのが印象的です。(れいママ/富山県氷見市)まだ0歳だった時、雪が結構降って来ていて一人でジーッと窓の外を見ていたのが印象的でした。雪を見ていたのかどうかは分かりませんが見た事も無い白いものが降っているのが不思議だったのかなと勝手に解釈しました(^_^;)(ようこ/岐阜県岐阜市)屋根から落ちていた少しの雪でも喜んで遊びました。手で触れ、声を出し、食べていました。普段の生活で冷たいと言う感覚が少ないので大変良かったです。(tyako/愛媛県砥部町)一生懸命に触ろうとして、触れた瞬間冷たかったのか、ビックリな表情を浮かべ、ひゃっと声を出して抱きついて。まだ喋れない1歳を迎える前の冬だったのですが、全身を使って雪の冷たさや雪景色が綺麗なのだと伝えてくれました。(ヒロリン/栃木県宇都宮市)赤ちゃんのときは白い世界と眩しさにびっくり。双子二人で顔を見合わせて、何かを伝えあっていました。その後は年を重ねる度に大胆な遊び方に。男子は倒れ、全身で。女子はウサギ作にせいを出す。(空元気/茨城県水戸市)娘が1歳の時に関東では珍しく大雪が降り、積もりました。その際雪だるまとかまくらを作り、娘をかまくらに入れてムービーを撮ったのですが終始泣いていました!雪国育ちの私は久々に楽しかったので子供よりも子供になった気がしました!(まり/神奈川県茅ヶ崎市)

●感想

「雪遊びしましたか?」と題した今回のリサーチはいかがでしたか?
1月は寒い日が続き、各地で雪が降ったので、お子さまと雪遊びをした方がたくさんいらっしゃいましたね。
初めて雪を見た時は、「とてもはしゃいでいた」「不思議そうにしていた」「怖がっていた」など、お子さまによっていろいろ。お子さまの素直な反応に「とても感動した」というママ・パパもいらっしゃいました。雪が多い地域の方も、めったに降らない地域の方も、季節を感じる、自然とふれ合う機会をつくってあげたいですね。
これからまた雪が降る日があると思います。風邪をひいたりしないよう、楽しく遊んでくださいね。


第830回の投票テーマは「我が家のお財布事情チェック!」です。
今週もぜひご投票ください。

フワフワと降る雪に瞳をキラキラと輝かせて。この瞬間も大切な家族の思い出になるね♪・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
雪遊びしましたか?
投票期間
2018.01.25~2018.01.31
有効回答数
866
質問内容

Q1.お子さまが初めて雪を見たのは何歳の時ですか?(きょうだいがいる場合はその時点で一番小さかったお子さまの年齢をお選びください)
Q2-1.雪が降った日に、お子さまとどんな遊びをしました(今後したいです)か?(複数可)
Q2-2.その他の場合は、どんな遊びですか?
Q3-1.お子さまとどこで雪遊びをしました(今後したいです)か?(複数可)
Q3-2.その他の場合は、どこですか?
Q4.お子さまがはじめて雪を見た時の反応や、お子さまと雪遊びをした時のエピソードがあれば、お聞かせください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

子育てママのファッション事情
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
リサーチ特別編
ミキハウス子育て総研が発行している子育て情報誌「Happy-Note」の特別号では、ママたちの投票によって選ばれた「マザーズセレクション大賞」の受賞商品を紹介しています。今回は、ハッピー・ノート ドットコムをご利用いただいているママたちがオススメしたい商品への投票をお願いします。
※今回の投票内容は、日本マザーズ協会の「マザーズセレクション大賞」への投票となります。 ※メールアドレス以外の投票内容は日本マザーズ協会に共有させていただきます。
投票期間:2018年2月8日(木)〜3月14日(水)
投票いただいた方の中から抽選で、「ミキハウスのフェイスタオル2枚&ミニタオル2枚セット」を5名様にプレゼント。 投票する
今週のプレゼント

特別編リサーチ!

子育てファミリーの移住意向調査2016年
Weeklyゴーゴーリサーチ特別編として、お子さまがいるファミリー(妊娠中含む)の 地方移住についてのお考えについて、結果にまとめました。
見る

特別コラム!

子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条
第606回「防災対策してますか?」のリサーチに寄せられたママ・パパの声をもとに、 Happy-Note.com編集部が「子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条」を提唱します。
見る
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.