ハグ育ラボ

ハッピーノート.comと花王ハミングがコラボ!!
肌ざわりと肌感覚にこだわった愛情子育てをテーマに
プレママ・パパから役立つハッピー子育て
お役立ち情報サイト「ハグ育ラボ」がオープン

  • 第2回ふれあいフォトコンテスト結果発表

ハッピー・ノートドットコム

花王ハミングneo

  • ハグ育って?

トピックス

 
  • 研究員が語るこだわりのやわらかさ
  • ママ必見!赤ちゃんのお肌知識(夏編)

    ホーム >心地よい肌感覚を大切に > ママ必見!赤ちゃんのお肌知識(夏編)

    夏は、赤ちゃんにとって肌トラブルが多い季節です。
    ときには肌着や衣類の繊維刺激から肌トラブルを招くことも! そのため赤ちゃんが身につけるものには気を配りたいですね。
    赤ちゃんの肌ケアの秘訣を、皮膚科医・佐々木りか子先生にうかがいました。

    ─ 赤ちゃんの肌の特徴を教えてください。

    佐々木りか子先生(以下、佐々木先生)
    赤ちゃんの肌は、すべすべして一見、理想的な肌に見えます。
    しかし大人と比べて、皮膚の厚さは1/2程度しかありません。また皮脂の分泌量が少なく、バリア機能も未熟なため刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすいのです。
    ときには"機械的刺激"といって、ゴワゴワした肌着や衣類の刺激から湿疹ができることも。そのため衣類に気を配るなど、きめ細やかなケアが必要です。

    ─ 健やかな肌を保つためには、どうしたらいいですか?

    佐々木先生
    赤ちゃんのスキンケアの基本は、次の3つです。

    1. 肌に優しい弱酸性、低刺激性の洗浄料を使ってキチンと洗う。
    2. タオルで優しく拭いて、水分をしっかりとる。
    3. ベビー用乳液などで保湿をする。

    赤ちゃんの体や顔を洗うときは、指の腹を使って優しく。
    またよく拭かずに、おむつをしたり、洋服を着せると肌トラブルの原因になるため、お風呂上りやおしりを洗ったときは、肌触りの良いタオルで押さえるように優しく拭いてください。ゴシゴシ拭くのはNGですよ。
    保湿剤は、乾燥がとくに気になるときはベビー用クリームを。それ以外は、ベビー用化粧水や乳液など、季節や肌のコンディションによって使い分けましょう。

    汗をかいたら、こまめに着替えとシャワーを。
    夏でも、保湿は忘れずに!

    ─ 夏のスキンケアのポイントを教えてください。

    佐々木先生
    先ほど赤ちゃんの肌の特徴について、①大人よりも皮膚が薄い、②皮脂の分泌量が少なく、バリア機能が未熟--とお話しましたが、赤ちゃんの肌にはもう1点"汗っかき"という特徴があります。
    赤ちゃんは、体は小さいのに汗腺の数は大人と同じで、発汗することで体温調整するため、とても汗っかきです。
    そのため夏は、汗をかいたらこまめに着替えをさせたり、シャワーを浴びて体を洗い、清潔を心がけましょう。
    また"夏=保湿は不要"と勘違いしているお母さんもいますが、赤ちゃんの肌は夏でも乾燥しています。冷房や日焼けなどによって、より乾燥することもあるため、夏でもベビー用化粧水や乳液で、しっかり保湿をしてください。

    ─ 赤ちゃんの衣類に柔軟剤を使ってもいいですか?

    佐々木先生
    "柔軟剤=赤ちゃんには刺激が強いのでは?"と考えるお母さんもいますが、赤ちゃんの肌ケアで大切なのは、柔らかく、肌触りの良い肌着や衣類、タオルを使い刺激を与えないようにすることです。先ほども言いましたが、衣類などのゴワゴワ、チクチク刺激は湿疹の原因になるため、ぜひ柔軟剤を使ってください。
    また赤ちゃんはタオルケットや毛布などを、寝ているとき手でつかんで頬に当てたりもするため、寝具も肌触りの良いものを使うように心がけてくださいね。

     

    注目TOPICS

    ƒ

    ページの先頭へ戻る