ハッピー・ノート.com

【"簡単・おいしい"パンレシピ01】ミニ食パン/2014年5月

忙しいママも毎日焼きたくなる!minnaの【“簡単・おいしい”パンレシピ12】

IMG_4802.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日食べるパン、家族の健康を守る役目にあるママとしては、安心な材料で作ったものを家族に食べてもらいたいですよね。

 

おうちでパンを焼けば材料は自分で見ることができるし、

何よりママの愛情たっぷりのパンはおいしくて、パン屋さんで買うよりも安く作ることができます。

 

パン作りというと時間がかかる、力仕事という印象があり、手を出せていない方も多いはず。でもそんなことはないんです。

 

今回お伝えする方法であれば作業時間はほんの15分程度。パン生地を休ませている間は好きなことができます。

実際に私も今2歳8ヵ月と2ヵ月の男の子を2人抱えてパン焼きしています!

 

是非ご自身の毎日の中にパン作りをうまく組み込んで、楽チンでおいしいパンライフをお過ごしください。

【“簡単・おいしい”パンレシピ01】ミニ食パン

今シリーズのトップバッターは「食パン」です。

IMG_5362.JPG

 

やはり朝ごはんの定番と言えば「食パン」ですね。大きなパンは分割が少なく、成型に手間がかかりません。

 

今回は分割なしで、型は牛乳パックを使った食パンをご紹介します。

 

しっかり熟成させた生地を焼いた食パンはじんわり甘みを感じ、とてもおいしいです。

 

サンドイッチにもトーストにもお使いいただけます。断面が牛乳パックの大きさなので、小さなお子様でも1枚ペロリと食べられるかわいい食パンです。

 

IMG_5371.JPG

【材料】ミニ食パン

国産強力粉 200g

インスタントドライイースト 1g

(小さじすりきり1杯の4分の1が1gです。お皿に出して4等分してください。)

塩 3g

きび糖 15g

牛乳 100g

水 30g

有塩バター 10g

【道具】ミニ食パン

●ボウル大1つ

●ボウル小1つ

●小皿1つ

●シャワーキャップorラップ

●タッパー1つ

●めん棒

●使い捨てオーブンシートを敷いた牛乳パック

(オーブンシートはステープラーで止めてください。)

●オーブン

【作り方】ミニ食パン

【計量】

1.JPG

材料をデジタルスケールで計量します。ボウル大に強力粉、きび糖、塩。

ボウル小に牛乳と水を計量。小皿にイーストを計量します。 

 

【こね】 ※ホームベーカリーにお任せでもOKです。

2.JPG

こねる前にボウル小にイーストを上から振り入れ、1分置きます。1分置くと表面に浮いていたイーストが膨潤し沈みます。そうなればOKです。

水につけてから長い時間置くとイーストの元気がなくなるので、1分置いたらすぐにボウル大に一気に入れてこね始めます。

3.JPG

ボウルに入った粉類をゴムベラでぐるぐると混ぜ均一にします。

4.JPG

ここに一気にイーストを溶かした仕込み水を入れて、ゴムベラで混ぜます。

5.JPG 6.JPG

これ以上混ぜても変化がなくなる状態までゴムベラでこねたら、ゴムベラの生地をきれいに取り、手でこねます。塊になったらボウルの壁にたたむように生地を押し付け3分程度こねてください。

7.JPG 8.JPG

表面がまだぼこぼこしていると思いますが、気にせず丸くしてシャワーキャップをかぶせて10分置きます。

9.JPG 10.JPG

10分置いたら手に持ち、写真にあるように生地を向こうへ引っ張りながら丸めます。破らないように注意してください。(ここで表面がツルンとならないようでしたら、再度ボウルをかぶせて10分置いてください。)

11.JPG 12.JPG 13.JPG 14.JPG

バターを生地に入れて、均一になったら表面をぴんと張って1次発酵へ入れます。

生地にバターを入れるのに、最初はツルツルとして入っていかないのですが手で生地を握りつぶすようにしていくと、断面にバターが入り込み、生地と馴染んできます。完成は生地がマットな状態になることです。ツルツルした部分があるようでしたら、断面を出して生地の中にバターを入れ込む作業を続けてください。

16.JPG 17.JPG

18.JPG 20.JPG

最後に少し生地をたたきます。ボウルの中で生地をたたき、伸びた生地をたたむように生地を抱き込んでまとめていきます。

21.JPG 22.JPG

生地が写真にあるようになめらかに、ツルンとなれば完成です。

 

【1次発酵】

23.JPG

冷蔵庫で8時間以上置きます。24時間以内に使えばOKです。

1日目の夜にこねて、一晩寝かせ、次の日の好きな時に焼く、というのがわかりやすいと思います。

 

【成型】

24.JPG 26.JPG

27.JPG 28.JPG

1次発酵が完了したら、生地を台に出します。無理にはがそうとせず、少し待ってあげてください。

29.JPG 31.JPG

32.JPG 34.JPG

牛乳パックの型の幅にめん棒で広げます。その後、図にあるように生地を折りたたみます。最後に二つ折りにしてとじ目を丁寧に指で閉じます。とじ目を下にして、両端も閉じ、型に入れます。

(もしここで型よりも短くなってしまったら、コロコロころがして型と同じ長さを出してください。)

 

【仕上げ発酵】

35.JPG

生地を天板にのせて、40℃で40分置きます。型と同じ高さまで発酵が進めばOKです。

 

【焼成】

36.JPG

仕上げ発酵後、180℃に予熱したオーブンで20分焼きます。焼きあがったらケーキクーラーに置いて冷まし、粗熱がとれたらビニル袋に入れて保存してください。

Mama's profile/プロフィール

吉永 麻衣子

吉永 麻衣子 ーパン教室主宰ー

記事テーマ

忙しいママも毎日焼きたくなる!minnaの【“簡単・おいしい”パンレシピ12】

「毎日食べるものだから、安心な材料で作ったパンを家族に食べてもらいたい!」そんなママの思いをかなえるレシピをお伝えします。 材料はスーパーで手に入るものを利用。生地はボウルひとつでこねるので、片付けは楽チン、時間もかからず力もいりません。冷蔵庫でゆっくり発酵するから焼きたいときに焼くことができます。さぁ、気軽に♪パン作りスタートです!

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/吉永 麻衣子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ