ハッピー・ノート.com

エコりゆーす、断捨離で快適な生活を!/2011年9月

断捨離、部屋の整理整頓、交換、身軽で快適な生活を!

秋の気配を肌で感じるようになりましたね。


季節の変わり目は、衣替えをする人が増えますが、最近、東京の次世代ママのクチコミ・マガジン「ジェネリーノ」のママ達から聞こえてくるのは
「衣替えしたついでに、いろいろ捨てて整理したわ」

「子供の使用していたベビーグッズを従妹の子供にあげたの」

「子供の使っていた玩具、保育園に寄付したの」

など物を増やさずに捨てたりあげたりして、家の中を整理したという会話。


その理由には、断捨離という言葉が流行し、メディアに取り上げられていることも関連しているようです。

ところで断捨離って何?

断捨離とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考えのこと。

 

(断)=入ってくる要らない物を断つ。(捨)=家にずっとある要らない物を捨てる。(離)=物への執着から離れる。(断捨離(だんしゃり)はクラターコンサルタントのやましたひでこさんが商標登録済)
ーウィキペディアを引用ー

 

つまり、整理整頓で調和を図るための生活術となります。

 

また、断シャリに目覚めた人のことをダンシャリアンとも呼ぶそうですが、ジェネリーノのママ達は、ストイックな考えではなく

「もしかしたらいつか使うかも。子どもが大きくなるまで取っておきたい」

など捨てられない気持ちでとっておいたものを、思いきって捨てたりあげたりすることによって、気持ちも部屋もスッキリした。という位の考えの方々が多いようです。


実際に、私も思いきって昔の仕事で使った資料を捨ててみたところ、気持ちがフワッと 軽くなりました。

「不要なものを必要なものに交換する」生活習慣の勧め。

アメリカで話題になった、いらないものを交換するシステムで、ビジネスとして成功している例としてベストセラーの本にも取り上げられた、「スレッドアップ」があります。
いらなくなった子供服を、欲しい人にあげる。という仕組みで成功した会社です。


また、日本にもTwitterのユーザー同士でいらないものを提供し合う「リブリス」という仕組みがあり、メディアでも注目されいます。

 

ジェネリーノでも、エコの時代、リユースや物を捨てない気持ちも大切だと考え、「物をあげたり交換したりする」ことを大切に考えようと「エコりゆーす」というイベントを立ち上げました。これが全国に広がっていったら良いな。と考えているボランティアイベント。


飽きてしまったり、着ないで終わったママのお洒落服や、子供のお洋服を、自分が必要なものと交換しあうことが目的です。

 090524_174731.jpg

捨てること、必要なものに交換すること、あげること、どれを選んだとしても、人それぞれの価値観。目の前にある、いらないものを自分の生活からなくすことには変わりはありません。

そして、「いらないものを、なるべく自分の生活からなくす」ことは、とても大切な事だと多くの方々が、気付き始めています。

 

是非、皆様の意識も教えてくださいね。

Information/お知らせ

次世代ママの口コミマガジン「ジェネリーノ」の詳細はコチラ

第1回『エコりゆーす』ママのお洒落お洋服★交換会!着てないお洋服を自分のお気に入りお洋服と交換しよう!の詳細はコチラ

Mama's profile/プロフィール

松前 博恵

松前 博恵 ール・バローン代表ー

記事テーマ

美容・健康・ファッション・お受験など東京スタイルの旬ネタ情報

東京を中心としたママ達の口コミ情報などを基に記事を展開していきます。プレママさんや0歳児~小学生のママに向けた、今一番旬の美容・健康・ファッション・ジョギングやウォーキング・ゴルフ・幼稚園小学校のお受験や中学受験などの教育・旅行・政治・経済・イケダンなど、ありとあらゆる旬ネタ、時事ネタを是非お見逃しなく!

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/松前 博恵さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ