食べ物の好き嫌いのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

食べ物の好き嫌いどうしてる?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第134回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

「お子さまの食事についていちばん悩むことは?」と聞かれたら「好き嫌い」とお答えになるママパパも多いのではないでしょうか。
美味しいものをいろいろ食べさせてあげたい、何でも食べる健康な子どもになって欲しい…
そんなママパパの願いとはうらはらに、お子さまと食べ物の「好き嫌い」は、ある意味切っても切れないものなのかも知れませんね。

そこで今回のゴーゴーリサーチNOWのテーマは「食べ物の好き嫌いどうしてる?」です。
「食べて欲しいけれど、どうしても食べてくれない」「ほかの子の好き嫌いってどんな感じ?」など、お子さまの好き嫌いに頭を抱えているママパパに、役立つ情報が満載です。
さぁ、この結果を参考に、好き嫌いの悩み、解決しちゃいましょう!

Q1.お子さまに食べ物(飲み物)の好き嫌いはありますか?

img801_1

まず好き嫌いの有無については
「少しある」とお答えになった方が約49.5%でトップ。

続いて
「多い(約22.4%)」
「特にない(約21.5%)」
「まだ分からない(約6.6%)」
という結果になりました。

「少しある」と「多い」を合わせると、半数以上(約72%)の方のお子さまが「好き嫌いがある」ということになります。

Q2.食べる(飲む)量はどうですか?

img801_3

また量については
「ムラがある(約43.9%)」
「よく食べる(約28.5%)」
「普通(約14.1%)」
「食が細い(約12.2%)」
「まだ分からない(約1.3%)」
という結果に。

この中にも、たくさん食べていても嫌いなものは食べない、好き嫌いが多くて食べられるものが少ないなど、さまざまな好き嫌い・食事量のタイプのお子さまがいらっしゃるでしょう。

「食べること=成長に必要な栄養を摂ること」ですから、やはり食事についての悩みは大きいですよね。

Q3.お子さまが苦手な食べ物(飲み物)で特にこれはダメというものはありますか?
Q4.逆にこれが大好きで、こればっかり食べる(飲む)というものはありますか?

●「お子さまが苦手なもの」ベスト5

第1位 野菜(生野菜、葉野菜、トマトなど)
第2位 肉類   第3位 果物  第4位 ご飯   第5位 牛乳
その他・・・たまご、納豆、すっぱいもの etc…

●「お子さまが好きなもの」ベスト5

第1位 野菜(かぼちゃ、にんじん、きゅうりなど)
第2位 果物   第3位 牛乳   第4位 納豆   第5位 お菓子
その他・・・ヨーグルト、マヨネーズ、パン、ハンバーグ、ジュース、豆、カレー、魚 etc…

よくお子さまの「野菜嫌い」の話を聞きますが、苦手なものは野菜(特に生野菜、葉野菜)が圧倒的でした。
好きなものにも野菜とお答えの方がいらっしゃいますが、こちらはかぼちゃ、コーンといったような野菜で、苦手なものとは少し違うようです。

同じく果物や牛乳も、嫌い・好きの両方に登場。
やはりひとりひとりのお子さまの性格が違うように、好き嫌いもいろいろなんですね。
特に好きなものは種類が多数あがりました。

Q5-1.食事を作るときに意識していることは何ですか?(複数可)
Q5-2.その他の場合は具体的に。

img801_3

食事を作るときにいちばん意識しているのは
「栄養のバランス」が約80.5%でダントツでした。

続いて
「衛生面に気を配る(約29.2%)」
「カルシウムを摂る(29.0%)」
「いろいろな味付け(約24.2%)」
「嫌いなものを刻む(約24.1%)」 「無添加のものを選ぶ (約23.8%)」 「子どもが喜ぶ盛り付け(約16.7%)」 「一緒にお手伝いさせる(約16.6%)」 「便秘対策(約10.2%)」 「アレルゲンの除去(約5.4%)」 という結果に。

アレルゲン以外の項目すべてに10%以上のチェックが入ったことからも、食事を作るママパパがさまざまなことに気を配っていらっしゃることがわかります。

その他のお答えは、次のようになりました。

Q5-2:【食事を作るとき気を配ること・その他のお答え】

・大好きなものをひとつだけ必ず入れる
・塩分控えめ、薄味
・食べやすい(手に持ちやすい)カタチに切る
・同じメニューが続かないようにする
・野菜をたくさん摂る
・やわらかくする

Q6.嫌いなものを食べられるようになったきっかけや、こうしたら食べられるようになったという工夫やレシピがあれば教えてください。

実家で野菜を作っていて、時々送ってくれます。
「じいじとばあばが一生懸命に作ったんだよ。」と教えると、食べてくれたことがあります。また、畑に連れて行って、野菜の収穫を自分でさせた時は、苦手だったはずの野菜でもとてもおいしそうに食べていました。(みわちゃん/福島県会津若松市)0歳の頃からお茶を全然飲まなかったのに、急に1歳を過ぎてから飲むようになった。きっかけは特になかった。嫌いなものをどう食べさせるかは難しいので、つい好きなものを中心にあげてしまいます。でも食べるようになる時期がきっと来るだろうと思って待っています。(ゆみたん/福岡県北九州市) 2歳になる頃までやはり野菜嫌いがありました。野菜を洗ったり、葉物をむかせたりと手伝いをさせるようになると、とたんにどの野菜も食べるように!(るんて/横浜市)うちの子供達は、兄弟で正反対というくらい食べ物の好みが違っていました。なので、食べられる子の方をちょっと大げさに誉めたりしてました。そしたら、食べられない子の方もがんばって1口ずつ食べるようになってきて、またその子も誉めたりしてたら、最近ではほとんど好き嫌いがなくなりました。(ひろ/愛知県稲沢市) お友達と一緒に食事をしたところ、パクパクなんでも食べるベビーちゃんでしたので、うちの子もすっかり刺激を受けて、その日以来食べることが楽しくなったようで、食が細ーいわが子が結構食べるようになりました。(ぷりん/海外) とにかく食べられたらすごいねえ〜!!と大げさにほめる。好きなものと一緒に、どさくさにまぎれて口の中に入れる。これが食べれたら、後はデザートがまってるで〜♪と言う。しいた〜け〜、えびえび〜♪とか適当に歌いながら口の中に入れると笑いながら食べます。(きーちゃん/神戸市兵庫区)にんじんや大根などを型抜きで可愛らしくすると喜んで食べます。これを子どもにも手伝わせると効果抜群!わざわざ探して食べてます。(こらくだ/東京都台東区)ポテトサラダが嫌いだったのに、角切りりんごをいれて「りんごが入っていたらあたりだよ」と言ってゲーム感覚で楽しんだら食べれるようになりました。それをかぼちゃでも応用してみたら大成功。今ではりんごが入っていなくても「な〜んだ、つまんないの」というだけでちゃんと食べてくれます。(ぴんぱん/広島県安芸郡)よく食べていたものを突然食べなくなるが、1、2ヵ月すると、またよく食べるようになる。バナナ、トマトなどがそうだった。好き嫌いは気にしないようにしている。(すう/東京都立川市)最初は「一口だけでいいよ」から始まり“ほめ殺し”作戦でだんだんと量を増やしてくことができました。野菜系は、苦手なものはカレーに入れたりスープにしたら、少しは食べてくれるようになりましたよ。あとは根気強く、苦手でも食卓にのせて大人が「おいしいね」と言葉かけしながら食べるといいようです。(なおせんせい/熊本県川口町)

●感想

お子さまの食べ物に対する“好き嫌い”をテーマにした第134回目のゴーゴーリサーチNOWの結果はいかがでしたか。
みなさんのコメントを読ませていただいていると、本当に「好き嫌い」をどうしようか?と頭を抱えている方もたくさんいらっしゃいました。

でも今回の結果をみて「ほかのママパパも同じ!」「こんな方法があるんだ、やってみよう」と思っていただければ、55192.comもうれしい限りです。
食べなさい!の一点張りではなく、お子さまとのコミュニケーションのひとつと考えれば、いろんな方法を試してみるのも楽しいかも知れませんよね。
さぁ、今日からも愛情たっぷりのおいしいお料理づくり、がんばってください!

第135回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「ウイルス?パソコンのトラブル体験」です。
今週もぜひ、ご投票ください。

今年の夏も思い出いっぱい。胸のアルバムに大事に残して…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
食べ物の好き嫌いどうしてる?
投票期間
2003.08.07~2003.08.27
有効回答数
645
質問内容

Q1: お子さまに食べ物(飲み物)の好き嫌いはありますか?
Q2: 食べる(飲む)量はどうですか?
Q3: お子さまが苦手な食べ物(飲み物)で特にこれはダメというものはありますか?
Q4: 逆にこれが大好きで、こればっかり食べる(飲む)というものはありますか?
Q5-1: 食事を作るときに意識していることは何ですか?(複数可)
Q5-2: その他の場合は具体的に。
Q6: 嫌いなものを食べられるようになったきっかけや、こうしたら食べられるようになったという工夫やレシピがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
赤ちゃんの眠りを見守るポータブル体動センサ「スヌーザ・ヒーロー®」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
上手に活用すれば、もっと子育てが楽しくなる!「子ども・子育て支援新制度」
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
福岡市在住のママ&キッズもナットク!! 家族みんなで楽しめる北九州市の遊び場を体験!
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
婚活サービスの株式会社IBJが「お子さまの健やかな未来を応援する会」オフィシャルサポーターに仲間入りしました。
"家族が集まるアイデア"を取り入れたひろびろ空間と「絆設計」で、親子がつながり、会話や笑顔が生まれる
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
お腹の赤ちゃんの心音を自宅で聞ける!「エンジェルサウンズ®」
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
忙しいママを助けてくれる家事ラクの工夫がいっぱい。自分の時間やお子さまとのふれあいの時間を増やせます
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
Baby Kumon(ベビークモン)でたっぷりやりとり ことばや感情表現が豊かになり、子育てがもっと楽しく
うるおいを保ち、肌を守る
うるおいを保ち、肌を守る"セラミド"に着目 メリーズ スキンケアシリーズ
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
ママ達が選んだ第8回「マザーズセレクション大賞」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
初めてママに嬉しい一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 MarkⅢ」
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
お子さまの成長を楽しめる街、ガーデンタウンさつき台 住まいにも、子育てにもゆとりあふれる暮らしが叶う
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!
ミキハウス ハッピー・ノートファーム 2017夏の収穫祭レポート!

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

化粧品・コスメはどうしてる?
抽選で5名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
パパママ・キッズ婚に関するアンケート (2017年度版)
子どもと一緒の結婚式(以下、「パパママ・キッズ婚」)などに関するアンケートについてご協力ください。また本リサーチ結果は、ミキハウス子育て総研の編集記事等に、個人を特定されない形で使用させていただく場合がございますので、ご了承ください。
アンケートに投票いただいた方の中から抽選で10名様に『ハーゲンダッツアイスクリーム ギフト券[ミニカップ120ml×2個]』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント

特別編リサーチ!

子育てファミリーの移住意向調査2016年
Weeklyゴーゴーリサーチ特別編として、お子さまがいるファミリー(妊娠中含む)の 地方移住についてのお考えについて、結果にまとめました。
見る

特別コラム!

子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条
第606回「防災対策してますか?」のリサーチに寄せられたママ・パパの声をもとに、 Happy-Note.com編集部が「子育てママと子どもにオススメ 防災対策10ヵ条」を提唱します。
見る
保険特集
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.