理想の住まいのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

理想の住まいはどんなの?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第404回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

春はスタートの季節。
保育園・幼稚園の入・卒園、仕事の転勤など家族のスタートを前に住まいの引っ越しや購入を控えている方も多いのではないでしょうか。
住まいはお子さまの成長を支え、家族が幸せに暮らしていくためのベースとなるところ。
それだけにさまざまなこだわりをお持ちだと思います。

今回は「理想の住まいはどんなの?」と題してリサーチを実施。
現在の住まいを選んだ際のポイントや次の住まいへの理想など、あれこれ教えていただきました。

Q1.現在のお住まいは?

img305_1

55192ファミリーの現在のお住まいは、
「持ち家(戸建)(45.0%)」
「賃貸(マンション・アパート)(25.8%)」
「持ち家(マンション)(16.3%)」
という結果になりました。

持ち家(戸建・マンション)の方が、61.3%、
賃貸(マンション・アパート・戸建・社宅・官舎)の方が、34.2%という結果でした。

Q2.新たに購入、建て替え、リフォームの予定(2年以内)はありますか?

img305_2

2年以内の住まいの購入、建て替え、リフォームの予定は、「ない」とお答えの方が72.1%でトップ。
Q1.の結果にもあるように、すでに理想の住まいを手に入れられた方が多いのかな?
またお子さまがある程度成長し、学校をはじめ将来がはっきり見えてきたら、住まいのことも考えたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

予定が「具体的にある」という方は5.0%と少なめでしたが、「漠然とある」とお答えの方は22.9%でした。
「今の住まいでは子どもが大きくなったとき、手狭かも?」「夫婦二人で過ごすスペースも欲しいな」など、夢や希望が膨らんでいらっしゃるのでしょう。

Q3-1.住まいを考える上で重視すること(費用は別として)を5つ教えてください。
Q3-2.その他の場合はどんなことですか?

img305_3

55192ファミリーが住まいを考える上で、重視することを順に発表すると、
「陽あたり(58.3%)」
「部屋数・間取り(57.1%)」
「安全な周辺環境(52.1%)」
「買い物に便利(50.8%)」
「交通アクセス(44.2%)」
「収納(41.3%)」
「駐車場(38.8%)」
「小中高の学区(30.8%)」
「通勤時間(30.0%)」
となりました。

トップは「陽あたり」。
太陽の日差しが燦々と降り注ぐと、それだけで家の中がぐっと明るくなるし、光熱費や洗濯といった生活面を考えても陽あたりは大切ですよね。

続いては「部屋数・間取り」。
部屋数・間取りは住まい選びの基本中の基本。部屋数・間取りを考えると、自ずと「収納」も気になってくるのでしょう。

また、立地も多くの方が重視するポイントに。
お子さまのことを考えれば、「安全な周辺環境」「小中高の学区」はチェックしておきたいもの。

さらに買い物や通勤といった毎日の生活では「買い物に便利」「交通アクセス」「通勤時間」も外せないところでしょう。

その他では下のようなお答えが挙げられました。

Q3-2:【住まいを考える上で重視すること~その他のお答え】

・ご近所さんとの付き合い
・近くに病院がある
・実家の近所

Q4.子育てを考える上で、あなたにとって理想の住まいとは?

どんなに小さくても、庭が欲しい。土いじりをしながら、子供も自然にふれあえるから。 そして、家族が集まる場所は広い方がいい。いつまでも家族みんなで会話ができるから。(なおみちん/東京都国立市)子供との時間を自然に取れる間取り。お手伝いのしやすい広いキッチン。2階にいても存在を感じれるつくり。外より我が家が1番と思える家。(みち/宮崎県宮崎市)ベビールーム・キッズルームとして使える部屋があると嬉しいです。安全性を考慮して配線を考えてあったり、最初からそういった対策が取られていることが理想です。(エトワス/埼玉県志木市)収納スペースたっぷりの住まいが理想。おもちゃが部屋にあるとどうしても雑然とした雰囲気になってしまうので、おもちゃもまるごと隠して収納するスペースがリビングに欲しいです。(あやぴょん /広島県福山市)以前住んでいた賃貸マンションでは、4階建ての3階にいました。男の子を子育て中に、何度も階下の方から足音がうるさいと苦情をうけました。夜は9時に寝かせ、昼間はなるべく公園で遊ばせるなどし、防音のマットレスを2重にしても効果がありませんでした。現在は、分譲マンションの1階に住んでいますが、以前のビクビクした生活が嘘のようにのびのび生活できています。階下の苦情を気にせずに生活できている今は、まさに理想の住まいです。(りょうまま/愛知県名古屋市)安全な周辺環境は大事だと思います。家を建てたばかりですが、子供と顔を合せることが出来るリビング階段にしました。親の目が行き届かないということのないように間取りなどを決めました。(ななちん/香川県三豊市)家族皆が集まって楽しく過ごせるリビングがあることと、逆にそれぞれが一人でゆっくりしたりできる小部屋があること。2階までつながってるような家もステキですが、家の中でも自分も子供も息抜きみたいにできる部屋があったほうが良いと思うから。(ハル/福島県二本松市)学校などから近いこと。マンションを買った時は子供がいなかったので全く想像できず夫婦の行動パターンで場所を選びましたが、子供が小学校に行くようになり学区の端で通学時間がかなり掛かることに気づきました。中学はすぐ近くだし引っ越すほどでもないですが、家族構成がはっきりするまでは賃貸にしておいて家族構成がはっきりしてから場所や間取りを考えて購入すればよかったと思いました。(とも/神奈川県座間市)子育て優先で考えると2世帯住宅で良かったと思います。親だけでは得られない祖父母の優しさや知恵を得られること、守られている大人の多さは子供に安心感を与えているようです。住環境としては、田舎の割に近隣の方とのコミュニケーションが少ないので、いざという時の助け合いができないのではないかと不安に思います。(okeratta/富山県砺波市)間取りや立地などが優先されますが、近所に自分たちと同じくらいの子育て世代がいて、公園などで一緒に遊ばせられるといいと思います。(miyu/広島県広島市)両方の実家に適度に近くて、やはり一戸建てがいいです。適度なご近所づきあいも必要だなぁと、賃貸マンションに住んでいると実感します。(くりんくりん/京都府京都市)自然があふれていることは理想だが、実際は交通アクセスや買物の便など生活に密着する便利さがある住まいが理想だと思う。(こっとん/埼玉県吉川市)

●感想

「理想の住まいはどんなの?」と題したリサーチの結果はいかがでしたか?
今回もたくさんのご投票、ありがとうございます。

住まいは戸建て派・マンション派と好みがあり、ママ・パパの生活スタイル、ごきょうだいによっても間取りなどが変わってくると思いますが、やはりお子さまがのびのびと成長し、家族の絆を深めていくことができる住まいが理想ですよね。

今回はすでに理想の住まいを手に入れられている方が多かったのですが、「現在、住まいの購入を考え中」という方は、ミキハウス子育て総研が取り組んでいる「子育てにやさしい住まいと環境認定事業」をぜひ参考にしてくださいね。
55192.comからもチェックできちゃいますよ。

第405回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「ガーデニング楽しんでますか?」です。今週もぜひ、ご投票ください。

子どもたちが巣立った後も「ただいま~」と帰ってきてくれる、そんな温かい我が家を築いていきたいな…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
理想の住まいはどんなの?
投票期間
2009.02.26~2009.03.04
有効回答数
303
質問内容

Q1: 現在のお住まいは?
Q2: 新たに購入、建て替え、リフォームの予定(2年以内)はありますか?
Q3-1: 住まいを考える上で重視すること(費用は別として)を5つ教えてください。
Q3-2: その他の場合はどんなことですか?
Q4: 子育てを考える上で、あなたにとって理想の住まいとは?

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
上⼿なエアコン使いで熱中症&熱帯夜対策
上⼿なエアコン使いで熱中症&熱帯夜対策
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
上手に鼻をかめない、鼻水が止まらず辛そう...。そんなお子さまには電動鼻水吸引器「スルルーノ」でスッキリ
上手に鼻をかめない、鼻水が止まらず辛そう...。そんなお子さまには電動鼻水吸引器「スルルーノ」でスッキリ
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
コールマンのテントでファミリーキャンプデビュー!大自然の中で、家族の思い出を増やそう。
コールマンのテントでファミリーキャンプデビュー!大自然の中で、家族の思い出を増やそう。
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
年齢と食べるものの変化に合わせてフッ素入り・むし歯予防歯みがきを使おう
年齢と食べるものの変化に合わせてフッ素入り・むし歯予防歯みがきを使おう
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
様々な住まいの機能をアプリで一括管理 AIスマートホームだから実現できるゆとりある暮らし
様々な住まいの機能をアプリで一括管理 AIスマートホームだから実現できるゆとりある暮らし
歯とほぼ同じ成分※
歯とほぼ同じ成分※"薬用ハイドロキシアパタイト"で お子さまのむし歯を防ぐ習慣を
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.