100円ショップのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

100円ショップに行ってますか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第977回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

生活用品から食料品まで、ありとあらゆるものが揃う100円ショップ。お子さまのおもちゃやベビー用品などもあり、利用しているママ・パパも多いと思います。そこで今回は100円ショップについて、リサーチを行いました。

Q1.100円ショップに、どれくらいの頻度で行ってますか?

ママ・パパが100円ショップを利用する頻度は、「月に2~3回」とお答えの方が44.8%。頻度としては高めではないでしょうか。

以下は、
「月に1回(20.4%)」
「週に1回以上(19.3%)」
「2~3ヵ月に1回(10.6%)」
という順になりました。
よく利用する派、あまり利用しない派に分かれるようですね。

Q2-1.100円ショップに行く理由は?(複数可)

100円ショップに行く理由は、「買いたいものが安く買えるから」という方が大半で、87.3%。同じようなものならお安く買える方がありがたいすよね。

続いては、「そこでしか買えないものがあるから」とお答えの方で31.6%。100円ショップは商品開発にも力を入れており、便利、珍しいオリジナルアイテムがいっぱいなので、足を運ばれるのでしょう。

「ただなんとなくフラッと立ち寄る」という方は28.7%。新しいものを求めてお店に入ってしまうのかも。

Q2-2.その他の場合は、どんな理由ですか?

・品揃えが豊富だから
・季節ものを見てわくわくしたいから
・定期的に購入する生活用品があるので
・旅行やBBQなど急に必要で使い切りで必要
・ショップ限定商品やテレビ等で特集されているのを見た時
・SNSで話題になるものがあるから

Q3-1.100円ショップでよく購入するものは?(複数可)※100円以上の均一商品も含む

皆さんが100円ショップでよく購入されるものは、
「キッチン用品(57.5%)」
「お掃除や洗濯用品(54.1%)」
「文房具(46.7%)」
「カゴ・収納グッズ(37.8%)」
「お風呂や洗面用品(26.3%)」
「おもちゃ(24.0%)」
「ラッピンググッズ(23.4%)」
「食品や飲料(21.2%)」
「食器やコップ類(20.6%)」
という順になりました。

トップは、「キッチン用品」。毎日の料理や後片付けなどを楽しく、便利にしてくれるアイテムが充実。「食器やコップ類」を購入される方もいらっしゃいますね。

「お掃除や洗濯用品」という方も半数以上に。機能性はもちろん、お安いので気兼ねなく使えるのもいいのかも。「お風呂や洗面用品」も汚れが酷くなってきたら取り替えやすいことが利点なのでは。

「文房具」もいろいろ揃っていて、よく購入されるよう。
「カゴ・収納グッズ」はいろいろな活用法があって、お家をすっきり片付けたい時に利用されるのでは。

「おもちゃ」はお子さまが遊べることはもちろん、気に入ってくれるかな?とお試ししたり、飽きてしまったらすぐに別のものを買ったりするのにいいのかも。

「ラッピンググッズ」はプレゼントを可愛く包装するのに助かりますよね。

「食品や飲料」は小さめ、使いきりサイズが多い、出先で食べ物や飲み物を買うのに便利なのでしょう。

Q3-2.その他の場合はどんなものですか?

・サプリメント
・お弁当のカップやピック
・ベビー用品
・赤ちゃんが扉を開かないようにするストッパー
・シールブック
・ヘアーゴム、リボン、カチューシャ
・不織布マスク
・除菌ウェットティッシュ
・こたつの下に敷く断熱マット
・スリッパ
・カー用品
・キャンプ道具

Q4.育児に役立つ、または子どもが喜ぶ、おすすめの商品があれば教えてください。

子ども用のシリコン製のお皿、ジュースのパックホルダーは使ってみたかった。今、赤ちゃんがいる人にとっては安くて使えるものが多くて羨ましいと思う。(JOJO/神奈川県藤沢市)滑り止めマットは、子どもがおもちゃを置いて遊ぶ机に敷いておくと、おもちゃが壊れにくくなり、また音も吸収してくれるので静かに遊んでくれるようになります。(はる/兵庫県 川西市)ベビーカーにつけるフック。マジックテープでしっかり固定出来るので、頑丈でたくさん掛けても落ちない。(もーりー/三重県桑名市)風船や粘土は子どもが喜び、夢中になって遊んでくれます。一度きりしか使用出来ませんが、100円で購入出来るので重宝します。(きり/東京都板橋区)貼ったりはがしたりできるシールブックはよく買いました。病院の待ち時間が長いときにいくと静かに遊んでくれました。動物編や乗り物編が選べることもよかったです。(ちか/愛媛県松山市)絵本や知育系のおもちゃも意外と?充実しています。お風呂で使えるキットパスクレヨンを買おうか迷っていた時、百円ショップにも同じようなものがあり、子どもが実際お風呂でお絵かきをするのか確認する為に買いました。素材や量は若干劣るものもあるかもしれませんが、使い方次第でかなり有効だと思います。(ひぃちゃん/新潟県南魚沼市)子どもの知育の本がとても種類豊富で良いです。時計や数字、ひらがな、知恵などとても多種多様な種類があり、1冊100円ととてもリーズナブルなので値段を気にせず色々試せるのが良いです。ステイホーム中の時間にとても助かりました。(ゲコ助/愛知県海部郡)帽子の形のタオル、娘のお風呂上りの髪の毛をしっかり吸い取ってくれます。ピンクでかわいいです。(クッキー大好き/埼玉県さいたま市)季節のイベントの商品やラッピング商品は種類がたくさんあって子どもと選ぶのが楽しい!おもちゃは安くて数が買えるので子どもにとって満足感につながるよう。(そらまま/徳島県阿南市)この夏休みは自由研究で親子でレジンをつくるのにハマりました。可愛いアクセサリーが作れて子どもも喜んでいました。(こふにゃー/北海道江別市)ダイソーで売っているプチブロックは、他メーカーの10分の1程度の価格なのにしっかりしています。種類も豊富で、少しずつ買って楽しんでいます。(ゆうけんママ/埼玉県志木市)おもちゃのお金が売っていて、とてもリアルだったので、喜んでくれました。お買い物ごっこに使ってみたり、お金の勉強にもなるのでおすすめです。(バーバパパ/北海道旭川市)

●感想

「100円ショップに行ってますか?」と題したリサーチはいかがでしたか。
結果を見ると、ママ・パパの100円ショップの利用率は高め。お安いことに加えて、そこでしかないアイテムを購入したり、アイデア次第で多彩に活用したり、いろいろ楽しまれていますね。
購入されるアイテムとしては、家事、収納に役立つものや消耗品が人気。また、お子さまのおもちゃも充実しているようで、1回しか遊べないもの、遊んでくれるか一度試してみたいものは100円ショップで購入されているようでした。
上手に利用して、暮らしを豊かに、便利にしたり、お子さまと楽しんだりしたいですね。
今回もたくさんのママ・パパにご協力いただき、ありがとうございました。

第978回の投票テーマは「結婚記念日、どんな風に過ごしたい?」です。
今週もぜひご投票ください。

さあ、この100均グッズ、どう使う?みんなで、考えるのも楽しいね・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
100円ショップに行ってますか?
投票期間
2021.09.02~2021.09.08
有効回答数
473
質問内容

Q1.100円ショップに、どれくらいの頻度で行ってますか?
Q2-1.100円ショップに行く理由は?(複数可)
Q2-2.その他の場合は、どんな理由ですか?
Q3-1.100円ショップでよく購入するものは?(複数可)※100円以上の均一商品も含む
Q3-2.その他の場合はどんなものですか?
Q4.育児に役立つ、または子どもが喜ぶ、おすすめの商品があれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.