子連れ旅行のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ウチの子連れ旅行のコツ!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第629回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 子連れ旅行で宿泊先を決める時に、大切にしていることは何ですか?他の子育てファミリーにアドバイスすることがあればあわせて教えてください。 お子さまを連れての旅行は、宿泊先の食事や客室のタイプなど、お子さまも楽しく、気持ちよく過ごせるかが大切ですよね。そこで、皆さんが子連れ旅行で大切にしていること、より楽しく過ごすコツなどを教えていただきました。
ママ・パパの答え 宿泊先が子供も歓迎ムードがあるかどうか。例えば、ホームページなどに、赤ちゃん、子供対応のサービスが記載されているか。子供が遊べる館内の施設があれば尚うれしい。子供が小さい場合は、ミルクを作るお湯または、湯沸かし器などがあればすごく助かります。泊まりなので、哺乳瓶を消毒するために電子レンジが部屋にあったり、いつでも利用可能な状態であったりするとすごく助かります。(ゆづかり/神奈川県大和市) 宿はもちろんですが、宿の周りの観光地に自分の子の年齢で、晴れの時の遊び場と雨の時の遊び場の両方がそろっていることが意外と大切です。天気ばかりはどうにもできませんので…。(もんくーや/埼玉県東松山市) 民宿は避けて、鉄筋コンクリート製のホテルを選ぶようにしています。泣き声がどの程度聞こえているかは不明ですが、木造に比べればましかと。また、多くのホテルでベッドを移動させてもらえるので、ベッドを壁に付け、ベッド同士もくっつけてもらうようにしています。(摩朱/愛知県東海市) 部屋にお風呂があるか。まだオムツが外れてない子供はお風呂の中でおしっこしてしまう可能性があるので、大浴場は避けます。あとは食事の際、子供用椅子があるかを重視します。まわりの宿泊客の方に迷惑をかけないように…走り回ったり部屋で騒がないように、ある程度のおもちゃなども持参したほうがいいかもしれないですね(o^^o)(のりちゃん0919/大阪府茨木市) 食事は好きな物を食べれるように必ずバイキングにしています。お風呂とトイレが別なのかも考慮しています。旅行先によってはベビーカーの貸し出しがあるかも確認します。近隣にコンビニ・スーパーがあるか確認します。子連れ歓迎かどうかが一番重要ですね!(しろたん/北海道札幌市) 子どもが就学前は、部屋の広さ、お風呂を重視してましたが、就学後は子供料金です。まだ添い寝で十分なのに、無理にエキストラベッドを入れられて部屋が狭くなるうえに子供料金まで掛かるようなところは避けます。なので、就学後は1人料金設定してるところより、1ルームで料金設定しているところを選ぶことが多くなりました。(oidemama/大分県大分市) 寝相が悪いので和室の部屋を選びます。洋室しか無い場合はベビーベッドの有無確認は必須です。部屋食が理想ですが高くつくことが多いので、外で食べて素泊まりにすることも。国民宿舎は和室が多く値段も安いので結構オススメです。(りんご/東京都目黒区) 車で行くときは目的地になるべく近い場所に宿泊できるよう探します。逆に電車で行くときは駅からなるべく近い宿泊先を選んでいます。(チャミン/長野県諏訪市) 子供用便座があるのか。ベビーカーが入れる入り口か(客室ドア)、ベビーカーが通る際のスロープがあるか。エレベーターの有無。(パンダまみれ/大阪府大阪市) 子供が楽しめるか、近隣にどんな遊べる施設があるか、ご飯は子供が喜んで食べれる物を用意してくれているか調べます。また大人も一緒にリフレッシュできるサービスがあるといいなと、思います。例えばベビールームのあるマッサージとか…(ひとみん/兵庫県神戸市) 和室でなるべく探す。洋室でも、ベットガードを入れてくれるかどうかなど。子供が小さい場合は、大浴場にベビーベットが欲しいなど。寝泊まりするだけであれば、上記くらい。宿泊先でゆっくりしたいのであれば、食堂に子供が遊べるスペースがあると、親はゆっくり食事ができます。ミネラルウォーターをサービスしてくれると助かりますよ。(なお/東京都足立区) ファミリー向けプランが充実している所を選んでいます。そうすれば周りのお客さんも同じようなファミリー向けが多くて、少しぐらい子供が愚図っても大丈夫そうだからです。(shin/愛知県名古屋市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.