ハッピー・ノート.com

もっとちょうだーい♪ Let's make S'mores (スモア)!/2013年7月

アウトドア&バーベキューでS'more(スモア)を作ろう!

IMG_3703.jpg

しっとりと潤った梅雨にさよならして、元気印の太陽の光が降り注ぐ夏まであともうちょっととなりました。

みなさん、この夏の楽しいイベントはもう計画済みですか?

かわいいKidsのおかげで、家族の絆はもちろん、お子さんを通してのファミリー単位での結びつきも増え、楽しい世界は広がっていきますよね。

なかよしファミリ―で集まって、休日はみんなでバーベキューというのもワイワイガヤガヤ、楽しい夏のひと時。

今回はそんなバーベキューにぴったりのおやつをお届けしたいと思います。

S'more (スモア)って知ってる?

S'more!ってお菓子、皆さん聞いたことありますか?

アメリカやカナダでは、カップケーキと並んでとってもポピュラーな国民的おやつです。

まずは、名前の由来から。 
some more!(もう少し欲しい~!)が縮まって、S'more! 

思わずにっこりしちゃうネーミングですよね。

子どもたちはキャンプファイアーに参加すると、必ずこのお菓子を食べます。 

なぜキャンプファイアーで? それは火を使ってあることをするからなんですよ。

日常ではなかなか味わえない真っ暗な夜、真っ赤に燃え盛るキャンプファイアーを囲んで、子どもたち手にはそれぞれ何かを持っています。

そう、子どもたちが持っているのは木々の小枝。その小枝をまた、よくよく見ると…

あら?白いものが刺さってる。実はこの白いものの正体は、マシュマロなんです。

枝の先端にマシュマロをさして、キャンプファイアーの火であぶります。するとちりちり表面が焦げ出してプワッ~!とマシュマロがちょっと膨らんでくるのです。

CampfireSmores-360x250.jpg

 

その瞬間にとりだして、さあ、これからどうしましょう?

登場するのは2枚のグラハムクラッカーと、板チョコです。

サンドイッチの要領でグラハムクラッカーの上に板チョコを置いて、さあ、あっつあつのマシュマロを乗せますよ。そして残りのクラッカーでサンド!

マシュマロをはさんだ途端、とろとろと中身がはみ出してきて、チョコレートはその余熱でじんわりと溶けていきます。

さあ、大きなお口をあけて、ぱっくん!

istock_000018879725xsmall-smores-campfire1-300x214.jpg

 

「ふわっ!あつっ!あつっ!」

そんな声が聞こえてきそうなほど、あっつあつのマシュマロが口の中でとろけていきます。

想像するだけで、楽しそうなお菓子ですよね。

お外でみんなで一緒に食べると、とーってもおいしい! みんなで作ればなおさら美味しい!

どうです? この夏のアウトドアで、こんなお菓子に挑戦してみてはいかがでしょう。

ハニー・グラハムクラッカーのレシピと作り方

グラハムクラッカーは、もちろん市販のものを使っていただいても大丈夫!

でも、思っているよりもうーんと簡単にできちゃうんですよ。

定番中の定番クッキーだから、夏に限らず、一年中お子さんのおやつに大活躍。

体にいい全粒粉のざくざく感も、お子さんに食べてもらいたいおやつですよね。

ではレシピです。

___(材料)(オーブン天板(35cm×25cm)1枚分)_________

IMG_4037.jpg

小麦粉        80g

全粒粉        50g

塩          2つまみ

シナモン       小匙1/4

ベーキングパウダー  小匙1/2

 

無塩バター(室温)   40g

三温糖        25g

はちみつ       30g

牛乳         小匙2

__(作り方)___________

IMG_4041.jpgIMG_4051.jpgIMG_4054.jpgIMG_4055.jpgIMG_4057.jpgIMG_4059.jpgIMG_4060.jpgIMG_4061.jpgIMG_4064.jpgIMG_4066.jpgIMG_4075.jpgIMG_4076.jpg

①小麦粉~ベーキングパウダーまでの粉ものを合わせて一度ふるう。

②ボールに室温に戻したバターと三温糖を加え、ゴムべらでよく練る。よく混ざったらはちみつを加え、さらに練る。

③②に①と牛乳を加え、ひとまとまりになるまでゴムべらでよく練る。ある程度固まったら、手にとりよく馴染ませひとまとまりにする。

④オーブンシートに③をのせ、ラップで覆い、麺棒で2mmぐらいの厚さに伸ばす。

⑤ピザカッターなどを使って7cm×4.5cmの切れ目をつける。(繰り返し使えるオーブンシートを使用している場合は、ナイフの背などを使ってシートを切らないように気をつけて下さい)

⑥170度に温めたオーブンに入れ15分焼く。焼きあがったらそのまま天板に乗せて5分置く。網の上に移し冷ます。冷めたら、シリカゲルと共に密閉容器に入れる。室温で3日ほど保存可能です。

おうちでもS'more!


IMG_4101.jpgバーベキューでは、子どもたちに小枝を拾ってきてもらい、その先端にマシュマロをさして火にかざして焼いていきましょう。

その際、あらかじめ小枝を水に浸してから焼き始めると、枝に火が移らず安全です。

 

でももっと手軽に楽しんでみたいなという方には、ご自宅でS’moreを作ってみる方法もご紹介いたしますね。

①魚焼きグリル、又はオーブントースターを温め、グラハムクラッカーの上に板チョコ、マシュマロをのせ焼いていきます。

目安はマシュマロがうっすらと茶色くなるまで。

とりだしたら、もう一枚のグラハムクラッカーでぎゅっと挟みます。

とろ~りとろとろのマシュマロになったら大成功! 熱々をどうぞ召し上がれ!

IMG_4163.jpgIMG_4172.jpgIMG_4174.jpgIMG_4177.jpgIMG_4154.jpg

簡単!夏のイベントお菓子。アメリカンなお菓子だけにちょっと甘いけれど、楽しい気分になれますよ。

これから始まる夏本番! お子様とどうぞ楽しくお過ごしくださいね!

IMG_4158.jpg

ありがとうございました

輝くママのNEWSな“おはなし”をスタートさせていただいてからあっという間に1年がたちました。

四季折々、お子様とご一緒に作っていただいたら楽しいかな~と思ったお菓子をご紹介してまいりましたコラムも今回が最終回となります。

つたない文章でしたが、沢山の方より「作ってみたよ」「おいしかったよ」のお声掛けをしていただき、心から感謝いたしております。

ありがとうございました。

 

小さなお子さんと一緒の毎日は、やることも、しなければならないこともいっぱい、いっぱい。

 

お子さんが生まれる前に想像していたゆったり優しい子育てタイムというのは、実際なかなか作ることができない・・・というのが現実だと思います。ましてや、子どもと一緒にお菓子作りなんてとてもとても…。

今回のコラムを書くにあたって、中3になった娘の就学前のアルバムをよく見返していました。あんなにぱっつんぱっつんの毎日だったのに、写真に残っている写真の1枚1枚は今振り返るとどれもこれも本当に暖かく幸せな写真です。

 

ぐちゃぐちゃなキッチンでのお手伝い写真、まな板いっぱいに広がったぐちゃぐちゃバナナとおもちゃの包丁を持って笑っている娘の写真、べたべたなお手々で作ったお月見団子に、踏み台の上に乗って一生懸命お皿を洗っている写真・・・。

どれもこれも10年たつと涙が出そうなほどかわいくて、もし今だったらもっともっと楽しんだのに…なんて思ったこともありました。

 

今は忙しくっても、10年たったらきっと私と同じ気持ちになるママもいっぱいいるはず!

特別じゃなくていいと思うんです、キッチンでママと一緒に何かをした時の写真をたくさん撮っておくといいですよ。

この子があと10年たったらどんなお兄ちゃん、お姉ちゃんになっているのかな?

大きくなったらこの子ともう一度一緒に、この瞬間を楽しもう♪

そんな気持ちでと、タイムカプセルじゃないけれどメモリーカードにかわいい時間を沢山閉じ込めながら、今しかない子育て時間を楽しんでいただければと思います。

 

キッチンから漂う甘い香りと、美味しい笑顔の思い出は、きっときっとお子さんたちの心に優しい幸せな時間を刻んでくれると信じています。

どうぞ素敵な子育てライフを楽しんでくださいね♪

Information/お知らせ

ブログ~From Sugar Box Studio~ http://kumikumy.exblog.jp/ にて、子育てに一息ついた私の日々の出来事や、お菓子を通したイベントのお知らせなどを発信しております。

よろしければそちらにも遊びに来て下さいね。またどこかでご一緒できればと思います。

ありがとうございました。

                                                          Sugar Box Studio 山下久美子

Mama's profile/プロフィール

山下 久美子

山下 久美子 ーお菓子教室 Sugar Box Studio主宰ー

記事テーマ

~チチンプイプイおいしくなあれ!~ 今日はママと一緒にお菓子を作ろう

「初めて作ったお菓子」その思い出は皆さんの心の奥底に優しく大切に仕舞われていませんか?私達の子供も初めてお菓子を作った時のわくわく!ドキドキ!そしてお菓子を囲んでいる家族の優しい笑顔をいつまでも覚えていてくれるかもしれませんよね。「チチンプイプイおいしくなあれ!」ママとお子さんに倖せの魔法がかかるお菓子作りのアイデイアをお伝えします!

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/山下 久美子さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ