温泉のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

“温泉”行きたいですか?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第449回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

まだまだ寒い日が続きますよね。
そんな時はお風呂であたたまるのが一番。
できれば「温泉」にお出かけして、贅沢気分を味わいたいな~なんて思いませんか?

そこで、今回は「“温泉”行きたいですか?」と題してリサーチを行いました。
日本各地にあるおすすめの温泉やスーパー銭湯、子連れでの温泉の楽しみ方なども紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

Q1-1.家族(子連れ)で温泉に行きたいですか?(スーパー銭湯などを含む)

img211_1

ズバリ、家族(子連れ)で温泉に行きたいですか?と伺ったところ、62.0%の方が「とても行きたい」とお答えに!
ほっこり温まって、おいしいお料理をいただいて…あぁ~温泉に行きたい!!と思っちゃいますよね。

また、30.8%の方が「機会があれば行きたい」とお答えになられました。
やっぱり温泉って人気がありますね。

Q1-2.「行きたいと思わない」方にお伺いします。その理由は?(複数可)

img211_2

Q1-1.で、温泉に「行きたいと思わない(7.2%)」とお答えになられた方に理由を伺うと、実に全員が「子連れだと落ち着かないので」にチェック!
確かに温泉で癒されたいのに、子どもがいるとのんびりしてられませんよね。

続いては、75.0%の方が「子どもが小さいので」とお答えになられました。
お子さまが小さいと温泉に一緒に入るのはちょっと大変ですよね。

以下は、経済的、時間的なことから「出かける余裕がない(56.3%)」、温泉を「元々あまり好きではない(37.5%)」という理由が挙げられました。

Q2.この1年で温泉に行きましたか、または近々行く予定はありますか?(複数可)

img211_3

この1年で温泉に行った、近々行く予定はあるか伺うと、大半の方が「ある」とお答えに。
行き先としては、「旅館・ホテルに宿泊」とお答えの方が44.8%でした。

日常的に楽しめる「スーパー銭湯など」とお答えの方が17.6%、
気軽に行ける「日帰りで天然温泉」とお答えの方が15.4%でした。

一方、40.3%の方が「行ってない」とお答えでした。

Q3.子連れで温泉に行ったことのある方にお伺いします。はじめて行ったのはお子さまが何歳の時ですか?

img211_4

初めてお子さまを温泉に連れて行った年齢は、
「1歳~2歳未満(33.7%)」
「6ヶ月~1歳未満(32.6%)」
「6ヶ月未満(17.1%)」
という順位なりました。

55192キッズは赤ちゃんの時に連れて行ったというお答えも含め、意外に温泉デビュ-が早いのかな?
お家でのお風呂デビュ-の時期、お風呂への慣れ、好き嫌いによって、見極められているのでしょう。

Q4.温泉の魅力は?(複数可)

img211_5

55192ファミリ-が考える温泉の魅力ベスト5は、
「ゆったりした時間(73.3%)」
「疲労回復(63.3%)」
「美味しい料理(58.8%)」
「露天風呂(57.5%)」
「広い湯船(53.8%)」
となりました。

トップは「ゆったりした時間」。
忙しい日常や都会の喧噪を忘れて、お湯に身をゆだねる…ホント時間がゆったり流れていき、癒されますよね~。

続いては「疲労回復」。
温泉にはさまざまな効能があり、また血のめぐりも良くなるので、疲れが吹っ飛んじゃいます。

また旅館やホテルの温泉では、「美味しい料理」も魅力。
温泉に入って、美味しい物を食べて、極楽極楽です。

ひんやりした風を感じたり、美しい景色を満喫できる「露天風呂」も温泉ではハズせないポイント。

手足をグ-ンと伸ばして入ることができる「広い湯船」もうれしいですよね。

Q5.子連れ温泉の楽しみ方のコツがあれば教えてください。また、おすすめの温泉があれば紹介してください。(所在の都道府県名も)

上げ膳据え膳、子供と遊ぶ時間もたっぷり取れます(*^-^*)食事がバイキングだと好きなものを好きなだけ食べれるし、親も楽です。子連れ歓迎の温泉宿は親子連れが沢山来ているので、子供同士お友達になったり(*^-^*)ママの疲れも癒します。北海道の北湯沢「名水亭」、「第二名水亭」は安いし、赤ちゃんプランがあるくらい子連れ歓迎なので、オススメです。(しろたん/北海道札幌市)山形県の温海温泉、萬国屋さん。もちろん、お風呂もゆったり楽しめるし、料理も満足!おいしいです。(けい&なる/山形県天童市)よく行っているのは、宮城県加美郡加美町のやくらい薬師の湯。日帰り温泉です。夕方、夜間割引の時間に行って一回入浴。その後食堂で食事してまた入る。そしてうちに帰って寝るといったパターンです。 宿泊でよく行くのは、新潟県村上市の瀬波温泉。お刺身など美味しいですよ。(ほうちゃん/宮城県仙台市)飯坂温泉あずま荘(福島県福島市)。卓球台もあり、楽しく遊べました。従業員の方や他のお客さんも親切でした。お風呂で話しかけていただきました。(ゆぱぽ/福島県双葉郡)赤ちゃん連れの時は、脱衣室にベビーベッド等がある施設が便利だと思います。新潟県糸魚川市の、姫川温泉ホテル国富翠泉閣は、ベビー連れに助かる備品がお風呂に豊富に用意してあるのでおすすめです。(らすかる/新潟県上越市)やっぱり貸切風呂は、家族だけでゆっくり入れるのでいいですねー。おすすめは、新潟県の月岡温泉です。「ホテル摩周」さんのお風呂は、とってもきれいで、子連れプランもあるので、安心して行けますよ♪ レトルトの離乳食も温め直してくださって、食器やベビーチェアもすぐに用意してくださったので、とっても助かりました!!(ゆきちゃんのまま/千葉県我孫子市)那須(栃木県)にある温泉ホテルは、子供が喜ぶ温水プールなどを完備しているスパタイプの宿が多いので、お勧めです。(あたん/埼玉県川越市)としまえんの庭の湯や、巣鴨のSAKURA(サクラ)などは、てぶらでも思いついたらすぐ、遊んだ後にもちょっと寄っていけるロケーションにあるので、おすすめです。(あち/神奈川県横浜市)周りに迷惑にならないよう、貸し切りできるお風呂があるところが良いと思います。私がお勧めの宿は、静岡県東伊豆の伊豆高原にある、花吹雪さんがお勧めです。7つの貸し切り風呂が敷地内に点在してます。(めるも/静岡県静岡市)伊豆の天城湯ヶ島温泉『たつた』。蛍の時期6月頃?に行きました。家族風呂は特に予約しなくても空いてれば入れるし小さな子供がいても気兼ねなく入る事が出来ました!!夜蛍を見に行く人たちのために夜食のおにぎりがついてきてとっても良かったです!!蛍も幻想的でしたよ!!おすすめです。(ちぃち/神奈川県横浜市)娘が温泉好きだし、キャンプや遠出した際は、近くの温泉に寄ってから帰宅します。ぽかぽかになるし、何より帰って直に寝られるのが最高!! 長野県の松代荘はアトピーに効く温泉で有名です。(あきょちゃん/岐阜県羽島市)子連れではまだ行ったことがないのですが、岐阜県のささらという温泉へ行きました。 お部屋に露天風呂がついていたので、主人とのんびり入りました。料理は最高に美味しかったです。部屋にお風呂がついているので、子連れでも安心だと思います。(ここたん/愛知県北名古屋市)子供が小さい頃は家族風呂のある温泉に宿泊していました。有料のところもありますが、家族で入れて小さい子供がいても気兼ねなくゆっくり入浴できるので良いです。お勧め温泉は福井県山代温泉の「ゆのくに天祥」です。(ういたん/岐阜県揖斐郡)まだ、娘が六ヶ月なので遠出はした事がありませんが、近くにある<極楽湯>はたまに行きます。温泉が濃いし!スタッフの方の気配りが行き届いていて、とても居心地がいいです。場所は、東大阪市長田です。(二コール/大阪府東大阪市)温泉だけじゃなく、子連れで楽しめるスポットがあるということでオススメは和歌山の白浜温泉。アドベンチャーワールドがあるのでパンダに会えて子供も喜びます。イルカショーなどもありますが、私のオススメはアシカショー!とても楽しいのでぜひ。兵庫の城崎や有馬も風情があってとてもよいですが、外湯めぐりや坂道が多い温泉街なので子連れだとちょっと大変です。もう少し大きくなってからのお楽しみでしょうか。(げんなお/大阪府泉南郡)無理なスケジュールは組まない。おしっこしたのを確認して温泉に入る。初めは部屋に風呂がついた部屋を利用していた。島根の旭温泉の「かくれの里ゆかり」などが良かったです。(まめちゃん/広島県広島市)出来れば平日などの人がすくないだろうと思われる日に行く。でないと、子連れだと嫌がる他のお客様がいるかもしれないし、走り回るし、にぎやかなのでゆっくりしに来ている方の迷惑になるかも…?こっちも気を使い疲れる可能性が…。お風呂も人が多いとゆっくり出来ない。おすすめ温泉は大分県の湯布院温泉の梅園。ほんとにおススメ!!(ポポちゃん/福岡県大野城市)熊本県阿蘇の乙姫ペンション村にある「ゆめりんご」というペンションが大好きで何度もリピートしています。自宅から一泊で行くのに丁度よい距離で、別棟の貸切ログハウスは露天・内湯がありファミリーには最適。本館のカップルの人が入りに来る貸切内湯も大きくて数箇所あり、こちらも利用できるので温泉三昧にはもってこいです。(キャサリンのママ/福岡県北九州市)必ず家族風呂や部屋に露天風呂などが付いている所を選ぶ。もしくは貸切ができるところ。割高ですが、ゆっくりするにはそれしかない!おすすめは宮崎の青島サンパークホテルなどです。(みたりゅう/宮崎県北諸県郡)

●感想

「“温泉”行きたいですか?」と題した今回のリサーチにもたくさんのご投票、ありがとうございます。とくにフリーコメントではさまざまな温泉をおすすめいただきました。
すべて紹介しきれず申し訳ございません。

ママ・パパは日頃の疲れを癒してのんびり。子どもたちは大きなお風呂にテンションアップ!と、家族で満喫できる温泉。
最近は「お子様連れ歓迎!」のお宿も多く、安心して足を運べますよね。
また、スーパー銭湯の充実度にもびっくり! ママにとって魅力的なエステや岩盤浴などがリ-ズナブルに受けられるようですよ。

今度のお休みや時間ができた時は、“温泉”に出かけてみませんか。
もちろん、お子さま連れの場合は湯冷めや滑りやすい床で転んでのケガには気をつけてくださいね。

第450回目のゴーゴーリサーチNOWの投票テーマは「ママの携帯電話事情」です。今週もぜひ、ご投票ください。

家族揃って、いい湯だな♪ 身も心もポカポカに温めちゃおう…ゴーゴー育児!(byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
“温泉”行きたいですか?
投票期間
2010.02.04~2010.02.10
有効回答数
303
質問内容

Q1-1: 家族(子連れ)で温泉に行きたいですか?(スーパー銭湯などを含む)
Q1-2: 「行きたいと思わない」方にお伺いします。その理由は?(複数可)
Q2: この1年で温泉に行きましたか、または近々行く予定はありますか?(複数可)
Q3: 子連れで温泉に行ったことのある方にお伺いします。はじめて行ったのはお子さまが何歳の時ですか?
Q4: 温泉の魅力は?(複数可)
Q5: 子連れ温泉の楽しみ方のコツがあれば教えてください。また、おすすめの温泉があれば紹介してください。(所在の都道府県名も)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

上⼿なエアコン使いで熱中症&熱帯夜対策
上⼿なエアコン使いで熱中症&熱帯夜対策
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
年齢と食べるものの変化に合わせてフッ素入り・むし歯予防歯みがきを使おう
年齢と食べるものの変化に合わせてフッ素入り・むし歯予防歯みがきを使おう
歯とほぼ同じ成分※
歯とほぼ同じ成分※"薬用ハイドロキシアパタイト"で お子さまのむし歯を防ぐ習慣を
様々な住まいの機能をアプリで一括管理 AIスマートホームだから実現できるゆとりある暮らし
様々な住まいの機能をアプリで一括管理 AIスマートホームだから実現できるゆとりある暮らし
コールマンのテントでファミリーキャンプデビュー!大自然の中で、家族の思い出を増やそう。
コールマンのテントでファミリーキャンプデビュー!大自然の中で、家族の思い出を増やそう。
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
上手に鼻をかめない、鼻水が止まらず辛そう...。そんなお子さまには電動鼻水吸引器「スルルーノ」でスッキリ
上手に鼻をかめない、鼻水が止まらず辛そう...。そんなお子さまには電動鼻水吸引器「スルルーノ」でスッキリ
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.