ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

化粧品・コスメはどうしてる?

Weekly ゴーゴーリサーチ(第1015回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

最近は男女を問わず、お出かけやおしゃれの必須となっているメイク。マスク生活が続いていますが、身だしなみのひとつとして、きちんとお化粧したいと思っているママも多いでしょう。そこで、今回は皆さんの化粧品やコスメについて、リサーチを行いました。

Q1-1.どんな時に、お化粧しますか?(複数可)

皆さんがお化粧をする時は、
「休日のおでかけ(56.7%)」
「友人知人に会う時(55.8%)」
「仕事へ行く時(46.4%)」
「百貨店などショッピング(45.5%)」
「園の行事(37.8%)」
「スーパーなど買い物(33.9%)」
という順になりました。

トップは、「休日のおでかけ」。ということは、平日は育児や家事で忙しく、なかなかメイクができないのかも。ただ、「スーパーなど買い物」といった”ちょっとそこまで”という時もお化粧をされる方も。
「百貨店などショッピング」の時も、おしゃれもお化粧もきちんとして出かけたいですよね。

「友人知人に会う時」「仕事へ行く時」「園の行事」といった特別な時、正式な場へのお出かけの際も、身だしなみ、マナーとしてお化粧をされるようです。

Q1-2.その他の場合は、どんな時ですか?

・冠婚葬祭など
・お祝い事などの時
・テレビ電話をするとき
・美容室で髪を切るとき
・ゴミ出し
・気合いを入れたいとき
・外出するときは常に
・基本的には外出の有無関係なく、毎日します

Q2.ふだんのお化粧にかける時間は?

ふだんのお化粧にかける時間は、
「5~10分(39.8%)」
「5分以内(24.7%)」
「10~20分(16.5%)」
「20分以上(5.2%)」
という結果に。

時間としては皆さん、短め。お出かけ前はバタバタしますし、できるだけ早く、ササっと済ませたいのではないでしょうか。

Q3-1.お化粧をする際に、必ず使用しているアイテムは?(複数可)

皆さんの化粧の必須アイテムは、
「化粧下地(69.2%)」
「アイブロウ(55.7%)」
「アイシャドウ(45.3%)」
「パウダーファンデーション(43.4%)」
「リキッドファンデーション(30.3%)」
がベスト5にランクイン。

トップは、「化粧下地」。肌をきれいに整えて、ファンデーションなどメイクアップのまさにベースとなるもの。夏はもちろん、1年中気になる紫外線対策としても欠かせないのでは。

続いては、「アイブロウ」。眉は顔の印象を決める重要な要素。顔の半分が隠れてしまうマスク生活ではさらにポイントになりますよね。「アイシャドウ」も同じく必須アイテムのよう。

ファンデーションは、若干ですが、パウダー派の方が多くなりました。さっと仕上げられるのがいいのかもしれませんね。

Q3-2.その他の場合は、何ですか?

・BBクリーム
・コンシーラーを使って、シミを極力隠します。
・眉ペンシル
・眉マスカラ
・色付きリップ
・日焼け止め

Q4-1.化粧品はどこで購入しますか?(複数可)

化粧品の購入先は、「ドラックストア」とお答えの方が多く、70.7%。プチプラからリッチなコスメまで、メーカーも種類も豊富。対面とは違って、自分で気軽に見て、購入できること、割引などがあることが魅力ですよね。

以下は、
「化粧品店(20.9%)」
「百貨店(20.4%)」
「総合通販サイト(12.9%)」
「ブランド公式通販(11.1%)」
「スーパー(11.1%)」
という順になりました。

スタッフの方からアドバイスがもらえることが「化粧品店」や「百貨店」で購入するポイントなのかも。
また、このご時世や普段忙しいことから、通販やWebショップを利用される方もいらっしゃいました。

Q4-2.その他の場合は、どこですか?

・100均
・試供品
・サロン
・無印良品
・PLAZA

Q5.いつも使っているおすすめの化粧品があれば、理由とあわせて教えてください。また、子育て中だから気をつけていることがあれば教えてください。

下地はコフレドール、ファンデーションはプリマヴィスタを使っています。化粧ノリがよくて好きです。子どもが小さく抱っこをする機会が多いので香りが控えめで厚化粧にならないものを選んでいます。(4月生まれのはるちゃん/岡山県倉敷市)化粧下地はプリマヴィスタ。化粧よれが格段に違うので長年愛用。化粧水などの基礎化粧品はアンチエイジングなどの多少値が張っても今後の肌投資のためにケチらないこと。(ひなまま/神奈川県大和市)フリープラスは肌が弱めな私にもぴったりなので。子育てで忙しくても綺麗なママを意識しています。自分のためにも子どものためにも。(きなこ/岩手県盛岡市)無添加のHABAを使ってます。子どもにも安心だし、子ども用日焼け止めなどもあるので自分の物と合わせて通販で購入します。(ずーみー/神奈川県横浜市)イニスフリーのフェイスパウダーはカバー力はないですが、テカリが抑えられてサラサラになるので愛用しています。マスクでベタついたらそのパウダーでお直しします。子どもが顔を触るので子どもの肌に着いても問題のない原材料のもの、無香料、添加物なし、アルコールフリーの化粧品を使っています。(にころん/岐阜県恵那市)なめらか本舗のリンクルUV乳液がおすすめです。1本6役でスキンケアからベースメイクまでできちゃいます!SPF43、PA+++なので外出も安心♪(もも太/広島県広島市)ドクターシーラボのBBクリームはUVカット効果が高く、出産してから敏感肌且つ乾燥肌になった自分のトラブル肌でもしっとりさせてくれてオススメです。子育てをしだしてから、パウダーファンデだと粉が舞ったりして子どもが吸ったりするんじゃないかと思いBBクリームに変えました。(ミット/京都府京都市)ちふれの化粧下地とファンデーションを使っています。値段もお手頃で肌が弱い私がつけても肌が荒れないのでおすすめです。子どもを抱っこしていた頃は私の顔を触ってその手を口に入れることが多かったので、化粧下地やファンデーションは使わずに薬用のベビーパウダーを少しだけつけていました。日焼けしてしまうけど、子どもが口に入れてしまうことを考えたら仕方ないと思っていましたね。(つぼくん/北海道札幌市)ハトムギ化粧水ポンプタイプ。お風呂上がりが慌ただしいのでポンプタイプは大変楽です。そのまま子どもにも塗り込んでいます。(もも山/三重県桑名市)セザンヌのテカリ防止下地を愛用しています。コスパがよく日焼け止め代わりにもなるので子育てママにおすすめです。(りめママ/鹿児島県霧島市)ケイトのアイライナーはとても書きやすいです。もう何本目かわからないほどリピートしています。(おこげ/東京都府中市)子育て中なのでほんとうに化粧をしなくなりました。ただ顔が垂れないように顔の運動をできるだけするようにはしてます。(あゆあゆ/宮崎県都城市)

●感想

「化粧品・コスメはどうしてる?」と題したリサーチはいかがでしたか。
結果を見ると、場所、シーンを問わず、外出するときはしっかりメイクをされていますね。とくに、UV対策を兼ねた化粧下地と、アイブロウやアイシャドウといったマスクで隠すことのできない目のメイクアイテムは欠かせないようです。
化粧品やコスメの購入先としては、気軽に買えるドラックストアやスーパーの化粧品売り場、通販やWebショップがランクインしましたが、化粧品店や百貨店でアドバイスを受けながら購入される方も。それらを選ぶ時のポイントとしては、カンタン・ラクだけでなく、お子さまが触れた時にも安心なものを選ばれているようでした。
「子どもがまだ小さいので、メイクは控えている」「平日はノーメイク」という方もいらっしゃいましたが、メイクをすると、気持ちが高まったり、引き締まったりするもの。いつまでもきれいな自慢のママでいるためにも、上手にメイクを楽しんでいきましょう!
今回も皆さんのご協力をいただき、ありがとうございました。


第1016回の投票テーマは「YouTubeみてますか?」です。
今週もぜひご投票ください。

メイクアップ完了。ママモードからワタシモードにスイッチオンできるのもいいね♡ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
化粧品・コスメはどうしてる?
投票期間
2022.07.07~2022.07.13
有効回答数
233
質問内容

Q1-1.どんな時に、お化粧しますか?(複数可)
Q1-2.その他の場合は、どんな時ですか?
Q2.ふだんのお化粧にかける時間は?
Q3-1.お化粧をする際に、必ず使用しているアイテムは?(複数可)
Q3-2.その他の場合は、何ですか?
Q4-1.化粧品はどこで購入しますか?(複数可)
Q4-2.その他の場合は、どこですか?
Q5.いつも使っているおすすめの化粧品があれば、理由とあわせて教えてください。また、子育て中だから気をつけていることがあれば教えてください。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.