お子さまの“命名の由来”のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

お子さまの“命名の由来”教えてください!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第1036回分析結果) Weekly ゴーゴーリサーチ

●分析

ママ・パパからお子さまへの最初の贈り物でもある名前。妊娠がわかった時はもちろん、それ以前から「子どもが生まれたらこんな名前をつけたいな」と考えていた方もいらっしゃると思います。そこで、今回は、お子さまの命名についてリサーチ。名前の由来や名付け親、そこに込めたママ・パパの思いについて教えていただきました。

Q1-1.お子さまの名前は主に誰が決めましたか?(プレママの方は予定で。きょうだいがいる場合はお一人決めてください。)

お子さまの名前を決めたのは、
「ママ・パパ二人で(50.9%)」
「ママ(23.6%)」
「パパ(19.9%)」
という順になりました。

ママ・パパ一緒に話し合って決められたというお答えが半数以上。どちらの思いも反映されたのでしょう。
ママ・パパどちらかが決めたという方は若干ママが多めに。それぞれの思いを尊重したり、とてもいい名前だったので賛同されたりしたのでは。

Q1-2.その他の場合はどなたですか?

・ママ、パパ、ママ方の祖母
・おじさん
・お寺の方

Q2.お子さまの名前はいつ決めましたか?

お子さまの名前を決めた時期は、「生まれる前から」というお答えの方が71.8%と多数に。赤ちゃんと会えたその日に名前で呼んであげられるよう、考えておられたのでは。

「出生届を出すまでに」という方は22.7%でした。女の子、男の子、どちらかわからなかった、あれこれ迷ってしまったなど理由があるのでしょう。

Q3.字画など、姓名判断にこだわりましたか?

名前でさまざまなことを占う姓名判断については
「一応こだわった(44.1%)」
「特にこだわらなかった(33.4%)」
「非常にこだわった(22.5%)」
という順になりました。

トップは「一応こだわった」。できれば、良い字画、名字と相性がよい漢字を選ばれたのでは。 一方、「非常にこだわった」というママ・パパも。変更ができないだけに、良い漢字、字画を追求されたのでしょう。

「特にこだわらなかった」とママ・パパが選んだ漢字で名前を付けられた方いらっしゃいました。

Q4.親や祖父母の名前の継承にこだわりましたか?

お子さまの名前にママ・パパ、じ~じ・ば~ばの名前を継承したかを伺うと、「特にこだわらなかった」という方が81.7%と大多数に。お子さまにはお子さま自身の名前を付けられたようです。

継承されたとお答えの方は、「漢字を継承した(12.7%)」「音のみ継承した(5.6%)」とやや少なめでした。

Q5.有名人や、名付けランキングなど、流行の名前を参考にしましたか?

有名人や、流行の名前を参考にしたか伺うと、「特に気にしなかった」という方が78.0%と8割近くに。Q4で伺った親や祖父母の名前の継承と同じく、お子さまだけの名前を付けられたようです。

参考にした方も、「かぶらないようにした(15.3%)」と、あえて避けるためにチェックされたみたい。

Q6.お子さまの命名にあたり、一番こだわった点、いわゆる命名の由来について教えてください。(きょうだいの命名でこだわった点なども)

姉妹、2人とも低出生体重児で産まれて、とても心配していました。そのため名前には力強く生きてほしいという想いをこめています。(くまさん/広島県尾道市)字画や姓名判断にはこだわらず、名前を呼んだ時の音の響きを大切にし、それにふさわしい漢字の意味を調べて最終決定しました。特に、漢字の意味は名前の由来になり、神様からの授かり物という意味も一番にピンときて、命名しました。主人と二人で名前を決めましたが、名前を家族が集まった席で発表する瞬間は動画にもおさめてあり、子どもが成長したら一緒に見たいと思います。(さんりこ/東京都江東区)いわゆるキラキラネームが苦手で子どもの名前は読みやすく、パソコンでも変換しやすい名前にしようと決めていました。パパと好きな漢字、読み方で名前をいくつか考え、苗字との相性も調べて最終的に3つまで生まれる前に絞りました。出産当日産まれた子どもの顔見て私が候補から名前を選び、立会いできたパパも息子の顔を見て最終的に決めました。(まめた/東京都国立市)国際的な子どもになってほしいと思い、外国に行ったとしても呼びやすい名前で考えました。名前が呼びやすく、日本で名前がついてもおかしくない名前、そして、使いたい漢字があったのでそれも使えるようにしました。(ぜんちゃん/愛知県安城市)私が中学時代から生け花を習っていて、師範になったくらいお花が大好きなので、娘には「華」「咲」、息子には「葵」の字を使いました。これからも家族で花を育てたり、生けたり、花畑に出掛けたりと、親子で季節を感じられたらいいなと思います。(やえちゃんはるくんママ/愛知県大府市)親にとって子どもは天使であることと、自分の人生を素敵な場所や方面に羽ばたいて行ってほしいという願いをこめて、きょうだいの名前に「羽」をつけました。(たっくん/東京都品川区)初めは名前を決めました。名前はパパが必死で考えてくれてたのですが、なかなかピンっと来るものがなく、仕事中に頭にスッと入ってきたようです。その名前を私も気に入り、次に漢字に関しては凄く画数を調べました。そこで一番良い画数は2つほどありました。たまたま、私と同じ口と言う漢字が入る漢字を選別しました。(ちい/宮城県仙台市)大好きな字を一文字入れる事と画数にこだわりました。それと名前の響きも考えました。そして「里」と言う字が入っているのですが、この字を入れると女の子は遠い所に(お嫁に?)行かないとか…。勿論、例外の方もいらっしゃいますが(笑)なるべく近くにいてほしい願望もあって。(はまさま/三重県亀山市)漢字にはこだわりました。少し無理やりになってしまった部分もありますが、大好きな「海」を使いました!(みかっちょ/神奈川県座間市)私の母親が高校二年の時に亡くなったので、母親を喜ばせる為に母親の名前を一字貰い読み方は同じにして、子どもの名前を付けましたのでこの名前の由来は私だけが知っています。(とちこ/福岡県福岡市)昔、家族で『ちろ』という名の犬を飼っていて、死んだときに「今度、生まれ変わったらうちの子に生まれておいで」と、子を授かったとき、男名でも女名でも使える『ちひろ』という名に決めていた。(ぱとら/愛知県名古屋市)2人が夜景や光るものが好きなのでそれにちなんだ名前にした。(ごんちえ/大阪府茨木市)

●感想

「お子さまの“命名の由来”教えてください!」と題したリサーチはいかがでしたか。
結果を見ると、お子さまの名前は、ママ・パパ一緒に考える方が多いよう。二人の子どもですから、共に考えられたのでしょう。
字画や漢字、ママ・パパやじ〜じ・ば〜ばの名前、流行の名前については、こだわらない、お子さまだけのオンリーワンの名前を付けられたママ・パパが大多数でした。
大きくなっていくと、お子さまが「こんな名前がよかったな」と言うことがあるかと思います。でも、ママ・パパが名前に込めた思いや愛情を伝えれば、お子さまは必ず「ありがとう」「この名前でよかった」と思ってくれるはずです!
今回も皆さんのご協力をいただき、ありがとうございました。


第1037回の投票テーマは「我が家の“おぞうに”事情」です。
今週もぜひご投票ください。

ねえ、名前は気に入ってくれた?ママ・パパの思いを受けとめて、すくすく育ってほしいな♡・・・ (byミキハウス子育て総研)

投票テーマ
お子さまの“命名の由来”教えてください!
投票期間
2022.12.15~2022.12.21
有効回答数
218
質問内容

Q1-1.お子さまの名前は主に誰が決めましたか?(プレママの方は予定で。きょうだいがいる場合はお一人決めてください。)
Q1-2.その他の場合はどなたですか?
Q2.お子さまの名前はいつ決めましたか?
Q3.字画など、姓名判断にこだわりましたか?
Q4.親や祖父母の名前の継承にこだわりましたか?
Q5.有名人や、名付けランキングなど、流行の名前を参考にしましたか?
Q6.お子さまの命名にあたり、一番こだわった点、いわゆる命名の由来について教えてください。(きょうだいの命名でこだわった点なども)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

注目TOPICS

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note 2023特別増刊号
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.