ウチの“ご飯”のこだわりのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

ウチの“ご飯”のこだわり

Weekly ゴーゴーリサーチ(第811回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる ご飯(お米)へのこだわりはありますか?お米の選び方や、美味しいご飯の炊き方、食べ方など、我が家の場合を教えてください。 ほぼ毎食いただくお米。お子さまも美味しく食べられるよう、こだわりや工夫があると思います。そこで、我が家のお米のこだわり、美味しい食べ方・炊き方を教えていただきました。
ママ・パパの答え 炊飯する時に、冷たい水から炊くと美味しくなると聞いたことがあるので炊飯直前まで冷蔵庫に入れたり、炊く直前に氷を3個ほど入れたりしています。(かんちゃん/福岡県福岡市) 特に銘柄にこだわりはありませんが、東北や自分の出身地のお米があればそれを買います。炊き方は丁寧に洗って(無洗米でもなんとなく洗ってしまいます)規定量の水、炊けたら少し蒸らす、など基本的なことだけですが、家族のためと思って丁寧に炊いています。どうしても炊いても余る時があるので冷凍ご飯にしますが、それは私が食べるようにしています。家族にはいつも炊きたてのお米を食べてもらいたい、というのが我が家というか私のこだわりです。(ちー/千葉県八千代市) お米を洗う時は1番最初研ぐのではなく水にお米を浸すだけにして水を捨てる。2回目から研ぎだすといいと聞いたのでそこからこの方法を試しています!(ごうまま/大阪府大阪市) 土鍋で炊くのにハマっています(*゚▽゚*)やっぱり安い炊飯器とは違ってとってもおいしく炊ける。(たぬ美/熊本県山鹿市) 水加減に気をつけています。おにぎりをする時は、気持ち多めに。チャーハンにする時は気持ち少なめに。気をつけている時といない時では、子供達にバレてしまうくらい、出来上がりが違います。(えーぱんだ/徳島県海部郡) 色々な品種や産地の新米を食べ比べるのが楽しみです。お弁当用や丼物用などの用途や、献立メニューによってもお米を使い分けたりしています。(もも/埼玉県さいたま市) 北海道美唄産のおぼろづき玄米(特定栽培)を食べています。ふっくらもちっとして美味しいです。価格はやや高めですが、味と安心感で選んでいます。出来れば無農薬が食べたいですが高価すぎるので。炊く時は象印の土鍋ジャーで炊いています。結構やわらかく炊けるので便利ですね。発酵酵素玄米にしており、保温ジャーに入れると1週間経ってもふっくらもちもちと食べられます。(そこぴょん/北海道亀田郡) 福岡に住んでいるので九州産のものを選びます。子供がいるので少し水分多目で柔らか目に炊きます。(まな/福岡県福岡市) 夫の実家が営農組合でお米を作っています。精米されていない状態のものを10キロもらってきて、まとめて自分で精米します。精米されて日にちが経ったスーパーに売られているものよりも、新鮮でおいしいですよ!(わんこ/富山県富山市) 自分の家でとれたお米!洗うのは2回ほど!水に濁りが残っている状態で炊く!新米は水を少なめに古米は普通から気持ち多めにして炊く!炊き上がったらすぐ混ぜて10分ほど待っておわんにつぐ!(りい/熊本県山鹿市) にんじんやさつまいもなどと一緒に炊く。野菜は炊き上がった後に取り出しておかずにすると、混ぜご飯にしなくても味や香りが移って子どももよく食べるし野菜も美味しくなる。 冷めても美味しいお米を選ぶようにしているおかげか、炊いたご飯はロスなく全て食べ切ります。一粒も無駄にしません!(あーさん/神奈川県大和市) これまではコシヒカリにこだわっていたが、最近新ブランドが増えてきたので東北地方や北海道の新銘柄米をトライしています。いずれも大変おいしいです。近年の温暖化現象もあり、今後は北日本や北海道に米産地が増えるのではないでしょうか。(agustin331/東京都豊島区) 子育てにいっぱいいっぱいの日々なので、時短のために無洗米を購入するようになりました。味が劇的にかわることもなく美味しいので、子育てが落ち着いてからも無洗米を購入するつもりです笑。(みか51/奈良県奈良市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.