お雛様のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
日本舞踊藤間流名取・NOSSインストラクター鈴木 麻奈美
和の魅力
日本舞踊藤間流名取・NOSSインストラクター 鈴木 麻奈美
グローバル時代において、和の精神、和の文化を持つことは、これから世界で活躍されるであろうお子さまたちの心のよりどころとなるでしょう。3年半のアメリカ暮らしで気付いた和の魅力、日々の暮らしの中にある和の素敵をお伝えしていきます。あなたの気付きとなりますように。お子さまたちの和のスマイルを育む毎日につながりますように。

ひなまつり

輝くママの NEWSな“おはなし”

2014年 3月

お雛さま

3月弥生は『桃の節句』、ひなまつり!女の子の健やかな成長を祝うおまつりですね。女の子がいるお家は、さぞ華やいでいることでしょう。押し入れや納戸の奥から重い箱を出し、七段飾りの土台を組み立てたり、スペースを確保したりは難儀ですが、ちょっぴり樟脳くさい箱から柔らかい紙に包まれたお雛様を大切に取り出す瞬間は、愛しさと懐かしさに包まれた特別な時間です。

さてそんな雛人形、起源は紙で作った『形代(かたしろ)』というものだったとか・・・。紙や草で作った『人形(ひとかた)』で体を撫で、自分のけがれを人形に移して川や海に流したと云われています。その習慣と『ひいな』というお人形遊びが結びつき江戸時代初期ぐらいから現在のような『お雛さま』になったそうです。なので、お雛さまと対面する時に私の中に宿る愛しさと懐かしさの所以は、潜在意識の中にある、日本人の『人形(ひとかた)信仰』や生まれ持っての性がそんな気持ちにさせるのでしょう。

まあ、そんな小難しい分析はさておき、今年も1年ぶりに、♪あかりをつけましょぼんぼりに~♪と鼻歌交じりにお雛さまとの再会に心弾ませました。

京都所蔵の雛人形

雛飾りは、時代と共に、また所によっても、さまざまな様式で受け継がれきました。

私が会いに行った京都のお雛様も魅力いっぱいでした。例えば、

385.JPGのサムネール画像

 

御殿雛(ごてんびな)

御所の紫宸殿を模した御殿に内裏雛や官女、随身らが居並んでいます。江戸時代末期から昭和の初め頃まで上方で好まれたそうです。

 

他にも、もっとも古い様式であるといわれる立雛(たちびな)、座った形の雛人形の中では非常に古い様式の元禄雛(げんろくびな)、公家に愛された有職雛(ゆうそくびな)、宮廷文化への憧れが反映された古今雛(こきんびな)、「いちまさん」の愛称で親しまれてた市松人形にも会えました。

 

379.JPG

 

清水焼のミニチュア

京都の老舗料亭に所蔵されているお雛様コレクションの中に、清水焼の台所道具もありました。急須にはお水も注げる小さな本物。清水焼のお道具なんて、これぞ京都!だなと思いました。

 

 

こんな風にあなたの町にも独特の雛飾りがあることでしょう。今度は下賀茂神社の『流し雛』、そして、東伊豆の『雛のつるし飾り』を見てみたいなと思っています。

お雛様の並び

ところで、皆様は男雛と女雛をどのように並べられるでしょう?京都と東京では並びが逆なんですよね。古来の習慣では男雛が左(向かって右)、女雛は右(向かって左)に飾られていました。これが文明開化を経て、西洋文化の影響で変わりました。昭和天皇の即位式での天皇、皇后の並びを参考に、右(向って左)が男雛、左(向かって右)が女雛になったそうです。

京都では古来通りに飾るのが主流なので、他の地域の方たちとは逆になっています。伝統にこだわるのか、はたまたグローバル社会での男女の並びに順ずるのか・・・、毎年迷ったあげく、我が家は私のお雛様は京都飾りで、娘のお雛様は、現代飾りに並べています。

DSCF1173.JPG                            DSCF1185.JPG

女児の頃がすんでも・・・

『うれしいひなまつり』をいっしょに歌い、写真を撮って、ちらし寿司食べて、お祖父ちゃんお祖母ちゃんをよんで家族団欒でお祝いしたりした節句も、娘の年齢と共に遠のいていきます。小さい頃のような、ひなまつりにストレートな喜びはだんだん見られなくなり、もう今年は、お雛さん出すのやめようかなとくじけてしまいそうな年もあります。子どもが小さい時の方が動作は明らかに大変でしたが、張り合いがありました。でも、女児の頃がすんでも、やはり飾る意味はあると思います。

昔のお母さんはお雛様を前に、年頃になった娘に『お嫁さんに行ったら・・・』とか『女というのは・・』とか、行儀や性教育なんかもしたそうです。供物のはまぐりは、他の貝とは決して合わないので一夫一婦の教えとされ、貞操の象徴を意味していたそうですが、そんなことも交えて話したのでしょうね。情報で溢れた今の時代に、そんなやり方が有効かと言われればそこまでですが、お雛様のパワーを借りて、娘と恋ばなや女性の生き方について話してみるのも良しですね。

初節句の頃から、娘の成長を見守ってくれてきたお雛様。そして同じ屋根の下で、今なお私を見守ってくれているお雛様。毎年、再会するたびに、愛しさと懐かしさに包まれるのは年を重ねてこそ出会えた感情。これからも、娘の成長と幸せを祈り、私自身も、そうして育んでもらったことに感謝して、大切に大切に飾り続けたい。お雛様をけがれの人形(ひとかた)にするのではなく、幸せの象徴として。

お知らせ

参考

 『京都府コレクション~雛人形名品展』 京都府、京都文化博物館

  京料理 ちもと

 『雛祭り 雛めぐり』 大沼淳 文化出版局

 

  和のSmile 『旧暦でお雛様』     鈴木麻奈美

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

7

6

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

「鈴木 麻奈美」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

夫婦でなんと呼び合っていますか?
抽選で5名様にミキハウスの「ループ・マスコット付タオル」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.