子連れでおでかけのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

生後3週目だが、どうしても飛行機に乗せて実家につれていきたい

飛行機 おでかけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

生後3週目だが、どうしても飛行機に乗せて実家につれていきたい

1ヶ月はお外に連れ出してはいけないとか、3ヶ月はダメなど言われていますがどうしてでしょうか?抵抗力がないからという説もあれば、まだ脳ができあがっていないから振動がよくないとも聞きます。
ただ、どうしても飛行機に乗せて実家につれていきたいのですが大丈夫でしょうか?ベビーカーも大丈夫ですか?ちなみに今は生後3週目です。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

生まれてすぐの赤ちゃんを飛行機などで連れ出してもいいかと言うことですが、結論からいうと大丈夫です!私は以前フライトアテンダントとして働いていた経験がありますが、お医者様に「健康に生まれた赤ちゃんならおそらく1週間ほどから大丈夫でしょう」ということを聞いたことがあります。
もちろんお母さんの体調も大丈夫なら、ということですが。

ただ大人でも車や電車、飛行機での長時間の移動が続くと疲れますから、小さい赤ちゃんはなおのこと、身体への負担は大きいと思います。
なるべく旅程には余裕をもつこと、途中休憩や、授乳タイム、充分な水分の補給などを考えて赤ちゃんの移動中の様子に注意してあげてくださいね。

実は私は生まれて2ヶ月の次男をアメリカに連れて行った経験があります。フライトタイム11時間の長い旅行です。
飛行機ではあらかじめベビーベッドの付けられる席をリクエストしておきました。国内線でも事前にリクエストできますので、月齢を伝えてオーダーしてください。

飛行機は上昇中、下降中、気圧の影響で耳がつまります。小さいお子さんは、ベルトサインがつくと抱っこすることになりますので、この時になるべく哺乳瓶などで、水分補給してあげると、大人がつばを飲み込むように耳詰まりを和らげることができます。
搭乗口までベビーカーを使うこともできます。その際には、他の乗客より先に搭乗し、一番最後に降りる方が、混雑を避けられ安心できます。

機内持ち込み手荷物の中に、赤ちゃんの着替えプラス、自分の上着なども入れておくと安心です。
例えば、授乳後のミルクをママに向けて吐き出された時の着替えにもなったりします。
その他、哺乳瓶なら、消毒済みの哺乳瓶、哺乳瓶洗浄グッズなどを入れておくと、機内でスチュワーデスさんに頼むこともできます。
滞在先で万が一の時のために、保険証や小児科の確認をしておくのも忘れないで下さいね。

先輩ママ:天ペイママ

何を優先するかということが大事ですね。
飛行機に乗せる件はご両親が決めるのがいいと思います。周囲の意見は1つの情報ぐらいに聞いておきましょう。
新生児は脳がまだ柔らかく、負担が多い為無理はせず、生活に慣れゆっくり過ごすことが基本です。しかし、生活上必要な場合はなかなかそうも行きませんね。

もし私が同じ状況だったら、慎重に移動し赤ちゃんのペースに合わせ動きます。
ベビーカーの揺れを最小限に抑える工夫をしたり、帽子をかぶせたり、睡眠時間にあわせ飛行機に乗ったり、飛行機に乗る前にかかりつけの医師がいたら、なにを注意すればいいか聞いたり、診察してもらうと安心です。
あと、周囲の言葉が気になるようでしたら、電車や車に変更するか、実家の方が来れる所まで迎えに来てもらい、時間の負担を減らすか、出来るのであれば、考えてみましょう。

私はアメリカに住み、出産育児を経験しました。周りのアメリカ人は生後2週間で普通に飛行機にのせて旅行してました。もちろん注意は必要ですので、ゆっくりな行動でお願いします。

先輩ママ:ケニーママ

アドバイザー紹介

天ペイママ
先輩ママ

9歳と1歳の男の子のママです。8歳違いの二人を育てているため、幼児のHow toを勉強しなおしながら、小学生とはまた違った悩みにぶつかりながら・・・子供の成長を楽しんでいます。出産前、フライトアテンダントとして働き、その後2年間アメリカ在住の経験をしました。子供との海外ロングステイも毎夏の恒例行事としており、大の旅行好きです。一緒にいろんなことを考えていければと思ってます。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note Happy-Note

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どうする初節句のお祝い
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
ハグ育ラボ
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ベビーズヴァカンスタウン」家族で楽しめる観光地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.