ハッピー・ノート.com

赤ちゃんが文章を話す?/2012年10月

ベビーサインを使えば文章を話せる?

これまで、基本的なサイン・季節のサイン・形容詞のサインなどを紹介してきました。今回は、娘がベビーサインで文章を作ったエピソードをお話ししますね。

二語文で話す【おやつ】【もっと】

おやつの時間に娘が【もっと】のサイン。もう沢山食べたので【おしまい】だよとサインで伝えると、お決まりの泣きパターン。でも泣きながらも【おやつ】【もっと】と2つのサインで訴える娘にびっくり。

 

ベビーサインがあれば赤ちゃんでも文章を組み立てられるんですね。苦笑いと同時に感心したのを覚えています。

痛かった理由を教えてくれた!

保育園で娘がすべり台をおりた時に、ボールを追いかけてきたお友だちとぶつかっておでこにケガをした事がありました。

先生から聞いていたのですが、娘にも「ここ(おでこ)、どうしたの?」とたずねると

「たち~たち~(お友だち)」と言いながら【すべり台】【痛い】と教えてくれました。

話し言葉とベビーサインを繋げると会話はもっと広がりますよ。

 

今回は、二語文や言葉とサインを交えた会話の例をご紹介しました。

言葉をつなげることで相手に気持ちを伝える方法を学んでいくのではないかなと思います。

Information/お知らせ

☆ベビーサイン・ベビーマッサージ・マタニティベビーサイン☆

10月開講クラスのご案内は◆こちら◆から

 

全国のイオンショッピングセンター ベビーサイン体験会のご予約は

◆こちら◆から

Mama's profile/プロフィール

三上 千賀

三上 千賀 ー「ベビーサイン教室」きらり主宰 ー

記事テーマ

◆ベビーサイン◆ 赤ちゃんとお手てでお話しよう!

ベビーサインとは、まだ話せない赤ちゃんとおててを使ってコミュニケーションをする育児法です。 育児ストレスが軽減したり、幼児期の言語能力が高くなったりと沢山のメリットがあります。 そんなベビーサインのお話やベビーサインを中心とした我が家の育児の様子をご紹介していきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/三上 千賀さんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ