夫婦円満為のコミュニケーション術のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
ワー育.jp代表小田木 友依
ワー育美人への道
ワー育.jp代表 小田木 友依
妊娠しても出産しても綺麗でいたい! いつも輝いていたい! そんな願望は誰しもがもっているはず。 でもどこかで「そんなの無理」と諦めてしまってはいませんか? ちょっとしたコツやマインドの持ち方次第で、日々の生活が劇的に変わります☆ 育児も仕事も自分らしく楽しむ方法をお教えします。

夫婦&家庭円満の為のコミュニケーション術

輝くママの NEWSな“おはなし”

2012年 3月

もうすぐ新年度! 変化の時期にこそ大切にしたいこと

4月から復職。

4月から新転地で生活。

4月から子供が保育園や幼稚園に通いだす。

等々、4月は年度の初めなので色々なNEWがありますよね。

我が家も4月からLondonでの生活が始まります。

 

新しいことが始まる時に夫婦にとって、家族にとって大切なこと。

それは、密なコミュニケーションです。

忙しいとついつい後回しになりがちなのですが、そういう時こそ心して沢山のコミュニケーションをとることをお勧めします。

嬉しい変化も悲しい変化もストレスの対象

転勤、復職、入園、異動。家族の中で何か変化が生まれる時、実際に変化の対象となっている人のみならず、家族全員がその影響をうけます。

これまでの生活が変わることは、嬉しい変化も悲しい変化もどちらも同じくらいのストレスがかかります。

 

ホームズという社会心理学者が1967年に発表したストレス尺度の抜粋版を以下に。
 

ここでは、人生で起こるライフイベントへのストレスを数値化しています。

もっとも大きなストレス(配偶者の死)を100とし、他の数値を算出してあります。


配偶者の死  100
離婚     73
別居  65
近親者の死  63
本人の病気  53
結婚  50
解雇  47
離婚調停期  45
退職  45
家族の病気  44
妊娠  40
家族数増加  39
仕事不適応  39
経済的変化  38
配置転換  36
夫婦げんか  35
大借金    31
仕事の責任  29
配偶者退職26
入学や卒業26
環境の変化24
上司と紛争23
仕事の変化20
転居20
転校20
 

結婚や妊娠が結構高い値のストレスがかかることが示しているように、様々な場面で人はストレスにさらされているのです。

ストレスの捌け口は他者ではなく

思った以上に色々なことでストレスを感じていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

感じたストレスを解消せずに放置していると溜まりに溜まっていってしまいます。

忙しい毎日でストレス解消もままならない。ということもあると思います。

それでも溜まったストレスを、感情的に家族にぶつけて解消することだけは避けたいものです。

ストレスの対処に、『対話』のススメ

では、どんな解消法があるのか。

ストレス解消法にはひとそれぞれの方法があると思います。

中でも“話すこと”でのストレス解消はとっても効果的です。

 

人間は、“人の間で生きる”動物。

そして、人は感情をもっている生き物。

 

その感情の部分を溜め込まずに人との対話を通じて吐き出していくことは人間にとって必要なことであり、とても大切です。

 

人と話していると考えがまとまったり、気持ちが整理されてきたり、気づきが得られたりする経験は誰しもがしていることではないでしょうか。

気分も軽くなってスッキリしますよね。

 

モヤモヤしたり、悩んだり、困った時には自分1人で悶々とせずにまず他者と対話。 

コレ、おススメです。 

対話のポイント

対話する時のポイントですが、いくつか注意して話すことで、自分の思っていることを的確に相手に伝えることが出来ます。その上、相手を傷つけたり不快な気持ちにさせることもなくなります。

 

【ポイント】

    1.自分がどう思っているか、どう感じているかに気づく

 →自分の正直な気持ちを受け入れる

 

    2.自分の気持ちを大切にして、正直になる

 

    3.自分と相手は対等な関係であると意識する

 →自分も相手も尊重する

 

    4.伝えたいことを素直に表現する

 →感情をぶつけたり、怒鳴ったり、遠まわしな表現をせず、率直に伝える

 

    5.自分が言ったことに対して、自分自身を責めたりしない

   →自分が伝えたことに対し、想定外の反応を相手がしたりしても、それに対して自分を責めたりしない

 

つまり、自分の気持ちを正直に表現する。

これに尽きるわけですが、この時に感情的になったり相手を攻撃したりしない。

そして相手の反応によって自分を責めたりせず、「そういう考えもあるのか。」と受け取る。

 

というのがポイントとなります。

 

対話のエッセンスとして、頭の片隅に入れながら、家族の対話を楽しんでみてくださいね♪

  

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

2

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

「小田木 友依」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

美容院にいってますか?
抽選で5名様に「図書カード500円分」をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
【特別編】せっこうボードの記事 読後アンケート
抽選で30名様に『図書カード1000円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.