ミキハウス子育て総研がお届けする育児・子育て支援サイト【ハッピー・ノート.com】。 Q&A、リサーチ、専門家のコラムなど子育てファミリーの暮らしに役立つ情報満載!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

おちんちんの話

おちんちん 子どもの病気 教えて!ドクター

(2009年 夏号 掲載)

停留精巣とは?

もともと、赤ちゃんがおかあさんのお腹の中にいる時、おちんちんのタマ(以下精巣)はおちんちんの袋(以下陰嚢)の中にあるわけではなく、お腹の中にあります。それが下降し、陰嚢内に固定されるのです。その過程が何らかの原因で障害され、陰嚢底部まで降りてないものを、停留精巣といいます。

手術は必要ですか?

お腹の中は陰嚢内に比べて温度が高く、精巣が精子をつくる環境としてよくありません。また、お腹の中にある精巣は、悪性化(癌化)する可能性が、しっかり陰嚢に降りている精巣に比べて数十倍高いといわれていますが、お腹の中に残したままだと、悪性化しても気づかれない恐れがあります。そのため、まず精巣がどこの場所にあるかを調べ、降ろしてあげる必要があります(場合によっては降りてくる過程でなくなってしまっていることもあります)。生後9ヵ月〜1歳を過ぎたころから手術を考えます。

お風呂に入った後など、リラックスした時でも陰嚢内に精巣が触れない場合は、小児科か小児外科を受診し相談することをお勧めします。

包茎とは?

おちんちんの先を包む皮膚(以下包皮)の口が狭いために、包皮をむこうとしてもおちんちんの先(亀頭)を出せないものを真性包茎といい、亀頭が包皮でかぶってはいるものの、むけば亀頭が出せるものは仮性包茎といいます。

包皮はむいたほうがいいの?

生まれたばかりの赤ちゃんはほぼ100%真性包茎です。年齢が上がるに従ってだんだんと少なくなりますので、無理にむく必要はありません(無理にむくと、戻らなくなってしまったり、傷を作ってかえって狭くなる原因になることがあります)。小児の包茎は病気ではなく、生理的な状態と考えてください。

しかし、真性包茎が原因で、包皮炎(包皮の中に垢がたまって感染を起こし、赤く腫れあがったり痛みを訴えたりすること)を繰り返している場合などは、治療が必要です。また、尿路感染症の原因が真性包茎によるものと考えられた場合も、治療の対象となります。

治療はどんなことをするの?

一般的に治療は必要ありませんが、前述のような症状がある場合、治療が必要です。保存的療法と、手術療法があります。社会的・宗教的な理由で家族が手術を強く希望する場合でなければ、まずは保存的療法を考えます。無理がない程度に両親や本人に包皮を少しむいてもらい、ステロイド入りの軟こうなどを塗る方法が一般的になってきています。毎日続けると、だんだんと包皮が軟らかくなり、むけやすくなります。

手術療法としては、 ”環状切開術“ といって、包皮を環状に切り、切った包皮の内側と外側を円周上に縫い合わせる方法が一般的です。

 

山高篤行先生

順天堂大学 小児外科・小児泌尿生殖器外科 主任教授
順天堂大学卒。同大学小児外科に所属中に、英国Liverpool 王立子ども病院、 London Great Ormond子ども病院、豪州Brisbane王立子ども病院及びPrincess Alexandra病院への留学経験を持つ。小児外科学会認定指導医・専門医、日本外科学会認定指導医・専門医。この子が自分の子どもなら、どのように診断し、いかなる手術を選択し、どのように術後管理を行うかを考えていく・・・それが彼の治療方針です。

山高篤行

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

15

8

1

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

子育てファミリーが乗っている車は?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
  • ミキハウス子育て総研監修の子育ての本
  • ミキハウス 心を育てるおやこあそびの絵本 1~5歳向き
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 0歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 1歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 2歳
  • ミキハウス 心を育てるおやこえほん 3歳
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.