赤ちゃんのスキンケアのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
ベビースキンケア講師木内 美城
「強いお肌の土台をつくる!0歳~の肌育ベビースキンケア」
ベビースキンケア講師 木内 美城
ぷるぷる・もちもちなイメージの赤ちゃんのお肌…実はものすごく乾燥肌って知っていましたか?きれいなお肌の土台をつくるには、0歳からのケアがとっても大切です。でも…毎日お手入れしていても、間違ったやり方では逆効果。正しいケアを身につけて、トラブル知らずのお肌を育てましょう!季節ごとのケア方法や、親子でふれあいを楽しむポイントもご紹介します。

赤ちゃんのスキンケアQ&A

輝くママの NEWSな“おはなし”

2013年 4月

デイリースキンケア編

●「赤ちゃんの時期からスキンケア剤に頼りすぎると、お肌自体が強くならないのでは?」
赤ちゃんのお肌は刺激を受けて鍛えられるわけではなく、成長とともに徐々にお肌を守る機能が整っていきます。
肌トラブルに邪魔されないように、まずは足りないものを補い守ってあげることが大切。デリケートな赤ちゃんのお肌にスパルタは不要です!

 

●「赤ちゃんの時から全く保湿等のケアをしておらず、こどもはもう3歳。今からスキンケアを始めても遅い?」
ケアを始めるのに、遅過ぎることはありません。
生まれてすぐからのケアがベストですが、「やらなきゃ」と気づいた時に、すぐにでも始めてあげてくださいね。

 

●「季節によって保湿剤を変えた方が良い?」
基本的には、お肌に合っていれば同じものでも大丈夫。ただ、季節によってベタベタ気持ち悪そうにしていたり、保湿の効果が足りないと感じた場合は見直しも大切。

お肌の様子や赤ちゃんの反応に合わせて、心地よく過ごせるものに替えてあげるといいですね。

 

●「日焼け止め剤を塗っても焼けてしまいます。なぜでしょうか?」
こまめに塗りなおしをしていますか?
十分な量を使っていますか?
古くなっていたり、フタが開けっ放しになっていませんか?
日焼け止めの効果が感じられない原因として最も多いのが、「量が少なすぎる」こと。
量が足りていないと、せっかくの日焼け止めも意味がなくなってしまいます。赤ちゃんが不快に感じない程度に、たっぷり塗ってあげましょう。
日焼け止め以外の、帽子等の対策も忘れずに!

肌トラブル編

●「無添加」「赤ちゃんの肌にやさしい」と書いてある保湿剤を使ったのに、肌が荒れてしまいました。無添加のものでも値段が安いものから高いものまでいろいろありますが、高いものを選ぶべき?」
「無添加」という言葉にきちんとした定義はなく、書かれている言葉や値段に関わらず、合う・合わないには個人差があります。
あまり安すぎるものも心配ですが、気にせずたっぷり使える金額のもので、赤ちゃんのお肌に合ったものを探してあげましょう。

 

●「いつもぽりぽり首の下あたりを掻いてしまいます。湿疹等は見られないのですが、くせでしょうか?やめさせるにはどうすれば?」
乾燥によってかゆみが出ていたり、何かの拍子に掻いてしまったのが癖になっていることも考えられます。
どちらにしても、掻いてお肌を傷つけてしまうのは心配ですね。
無理に「ダメ!」と止めてしまうとストレスになることもありますので、「首元に手が!」と思ったら、別の楽しいことで気を逸らしてあげるのがおすすめです。
保湿ケアもしっかり続けてあげてくださいね!

 

●「パパがアトピーで親戚にもアトピーが多いので、息子(0歳)もなるのではと心配です。親がアトピーだと子どもも発症するもの?」
アトピー性皮膚炎そのものが遺伝するわけではありませんが、アトピーになりやすい肌質をもっている可能性はあります。
必ず発症するわけではありませんので、神経質になりすぎず、毎日のケアをしっかり習慣にしましょう。
少しでも心配な症状があれば、早めに皮膚科を受診させてあげてくださいね。 

ふれあいスキンケア編

●「現在こどもは2歳。大きくなってからもお歌に合わせてスキンケアした方が良い?」
お歌に合わせたスキンケアは、年齢に関わらずオススメです!
2歳になると、活発な動きが好きになったり、言葉の意味を理解してお歌遊びができるようにもなってきます。成長に合わせて新しいやり方に変えてあげると、ますます楽しみが広がりますよ♪

 

●「ヤキモチをやいてか、上の子がジャマして思うようにケアさせてくれません。」
ママにふれて欲しいのは、み~んな一緒! 上の子も下の子も、一緒にケアしてあげるのが理想的です。
ママの足をのばして座り、お子さん2人を足の上にのせて乗り物ごっこをしながら順番に塗ってあげたり・・・
待っている間もママとお肌がふれていられるように工夫して、一緒に楽しみましょう♪

 

●「お歌を歌いながら保湿剤をぬろうと思っても、動きたがってなかなかこちらを向いてくれません。どうすれば興味を持ってくれる?」
まずは、好きなお歌を探すところから始めてみてはいかがでしょう?
いろんな曲を繰り返し聞かせてあげて、反応が出てきたお歌でチャレンジ♪
何度か聞いたことのある曲の方が、安心して聞いてくれます。最初は反応を気にしすぎず、口ずさみながらお世話をしてあげたり、お歌を生活に取り入れてみてください。

 


出産前は「ぷるぷる」「もちもち」だと思っていた赤ちゃんのお肌。イメージとのギャップに悩むママは少なくありません。
肌質もそれぞれ、悩みもそれぞれ、成長によってまた新しい疑問がでてくることもありますが、基本のケアは変わりません!

赤ちゃんのお肌を守るのはママ。間違った情報やキャッチコピーに惑わされず、正しく楽しいケアで元気なお肌を育ててあげてくださいね♪ 

お知らせ

輝くママとしての記事は、今回で最後になります。今までご覧いただいていたみなさま、ありがとうございました。

 

 cocotte-ココット-自宅教室では、赤ちゃんのスキンケア教室の他に、プロのベビースキンケア講師になるための養成講座やふれあい遊び教室も開催中です。 

教室・講座の予定や詳細、赤ちゃんのお肌についてのお話など、随時ブログで更新中☆ こちら>>

ぜひのぞいてみてくださいね♪ 

 

すべての赤ちゃんに正しい&楽しいスキンケアが広がりますように!

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

6

2

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


ƒ

「木内 美城」さんの記事一覧

  • Happy-Noteママモニター
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
輝くママへのお仕事依頼
Happy-Note Happy-Note

輝くママの NEWSな“おはなし”最新記事

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

収納どうしてる?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
保険特集
ミキハウス子育て総研監修iPhone・スマートフォン向けアプリどうぶつをさがそう!
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.