ハッピー・ノート.com

数字に強い子どもを育てましょう/2013年1月

数字に強いことは、これからの「武器」になります

「謹賀新年」

 

2013年が始まりましたね。みなさま、どんな新年を迎えられたでしょうか? 年頭に当たって、お子様をどんな風に育てたいか、いろいろ考えられた方もおられるのではないでしょうか?

 

これからの社会を生きていくうえで、「数字」に強い子どもに育てることは、「外国語に堪能」と同じくらい武器になる、と私は思っています。

 

大人になってから、英語と数学をもっと勉強しておけばなあ~~、なんて考えたことはありませんか?

 

実は、どんな職業を選択しても、「数字]というのは、身につけておきたい、とても必要な要素なのです。

どんな職業が数字を使うのか?

では、いったい、どういう職業の人が数字を使ったり、算数(数学)を使ったりするのでしょうか?

 

1.科学者 (物理学者、化学者、そう、今はやりの、iPS細胞開発の生物学者も・・・)

 

2.コンピュータープログラマー、IT関係 (コンピューター関係はすべて、2進法の世界です)

 

3.各種エンジニア (システムエンジニア、機械エンジニア、などたくさん)

 

4.医者

 

5.建築家 (設計、 のみならず、デザイン、デッサン、図形のセンスが必要です)

 

6.銀行員 (お金を扱う人はすべて・・・なのですが、銀行は金利や為替の計算ができないと・・・)

 

7.芸術家 (画家、音楽家、彫刻家・・・など、遠近法、作曲、立体図形)

 

8.公認会計士、税理士

 

9.弁護士

 

10.株式仲買人

 

11.写真家 (ライトの当たり具合・・・そう角度が大切ですね)

 

12.プロゴルファー (何ヤード飛ばしたのか、もちろん、野球選手も打率・防御率など、一般的にスポーツ選手はすべてです)

 

13.保険関係 (確率の世界・・です)

 

14.経営者 (会社の経営には、もちろん数字が大切)

 

など・・・

いかがですか?

 

たくさんありますよねえ~~

 

面白いのは、1~5まではいわゆる「理系」 ですが、6以下は、「文系」「芸術系」の人だ、ということです。

 

仕事で数字を使うのは、理系の人たちばかりではないのです!

数字に強くなるためには、何が必要でしょうか?

さて、それでは、数字に強い人間になるためには、何が必要なのでしょうか?

 

1.計算力 ・・・ これは、必須です。 商談で、「それでは〇〇%の利益を出すために、仕入れはこれくらいで、このくらいの値段で売りましょう」と言われて、とっさに%や、その求め方がわからなければ、大変なことになりますよね。)

 

 

2.処理能力 ・・・ これは統計を取る場合や、マーケティング操作の場合に必要です。 この処理能力次第で、「あの人は仕事が出来る・・・」という評価にもつながります。

 

 

3.論理的思考力 ・・・ 図形を扱う職業のかたは、これは大切です。また、論理立てて、筋道をたてて、物事を考えるというのは、仕事を成功させる重要な要素です。数字に強い人は、この力が優れている、と言われています。

 

 

そして、これらの力の多くは、10歳ごろまでに、その基本が形作られる、と言われたら?

 

そうなのです・・・じつは、これらの力の基礎となるのが、10歳ごろまでの算数力なのです。

キャリア教育

「勉強しなさい・・・」

「算数を勉強すると、将来の役にたつから・・・」

 

よく聞かれる言葉ですよね?

 

でも、これでは、子どもたちはなかなか勉強しません。

 

算数や数学を勉強したら、どんな職業につくことが出来るのか?

 

そしてその職業はどういう仕事をしているのか?

 

そういうことを子どもたちに教えてあげる、「キャリア教育」が、これからの子どもたちには必要になってくるでしょう。

 

そして、

「私 (僕)、大きくなったら〇〇になりたい~~!」とお子様が言ったときに、「その仕事をしたいのなら、こういう力をつけなくてはいけないのよ。だから、こういう勉強をしなくちゃいけないのよ。」

 

というお話が出来れば、子どもたちのやる気は大いに湧くに違いありません。

 

 

「大きくなったら、こんなことがしたい。」「こんな仕事をやってみたい」という“夢”を子どもたちが持てるような、そんな育て方が出来ればいいですよね!

 

子どもたちの将来の選択肢を少しでも広げてあげるためにも、ぜひ、「数字に強い子ども」になってほしいな、と思っています。

Information/お知らせ

☆ 東京・世田谷、成城学園前で、算数に特化した教室を開いています。未就学児から中学受験のお子さんまで、様々なクラ スをご用意しています。ご興味のあるかたは、こちらをご覧ください。 →→  ☆☆☆

 

☆ お母様方に、セミナーを開いています。「暮らしの中で身につける算数」では、小さいときに身につけたい算数力について、具体的な方法をたくさんご紹介しています。次回は、青山オヤコサロン、ボヌール・ド・サクラにて、1月22日(火)10:30~の予定です。お子様連れでも大丈夫です。ご希望の方は、こちらまでご連絡ください。 →→  ☆☆☆

Mama's profile/プロフィール

大迫 ちあき

大迫 ちあき ー中学受験アドバイザーー

記事テーマ

「子供を算数好きにできる?幼少時の家庭学習法」

生まれつきの子供の能力に差はありません。大切なのは、学習の「環境づくり」です。「算数って面白い!」「お勉強って楽しい!」とお子様に感じさせてみませんか?ここでは、ママと子供が楽しめる、日々の生活の中で出来る「事物学習」を中心に書いていきます。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/大迫 ちあきさんの記事一覧

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ