ハッピー・ノート.com

お正月行事の伝承/2014年1月

お正月

早くも鏡開きとなりましたが、皆様、お正月をいかがお過ごしになられたでしょう?お正月は子どもたちに日本の文化、地域の風習、家の伝統に触れさせる絶好のチャンスです。いいえ、子どもたちだけではありません。大人にとっても、和に還る大切な時間です。とりわけ、ママ世代の私たちは、それらを親世代から受け、子どもたちに継ぐという大切な役割を担っています。いまいちど、子どもたちの 『これ、なあに?』  『何でそうするの?』という興味や関心に目線を合わせて、和を楽しみたいものですね。                              

お正月

年神様のお迎え

お正月とは、新しい年神様を迎えるための行事です。『門松』は年神様を家に迎えるための目印。『注連飾り』は年神様が鎮まる場所の邪を除き穢れを祓うために用いるもの。『鏡餅』や『お節料理』は年神様にお供えするもの。お飾りも地方によって型が違うので、それぞれの家のやり方、飾り方をしっかり聞いておかなければなりませんね。

また、初詣、年賀状、挨拶回り、お年玉、お雑煮、七草粥、鏡開き・・・全部が全部、しきたり通り完璧にしようとすると、何だかちょっぴり面倒になったり、煩わしく感じてしまうかもしれませんね。毎年毎年、繰り返しながら、簡素化するもの、省くもの、残すもの、取り入れるものを、その家の風習や文化に合わせて、新旧入り混ぜながら、子どもに引き継いでいければいいですね。

無形文化遺産として

C789_osechiryouridayo500 (1).jpgのサムネール画像昨年12月4日、『和食 日本人の伝統的な食文化』がユネスコ無形文化遺産に登録されましたね。

そこでは、『和食の特徴』として、

   ・多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

   ・栄養バランスに優れた健康的な食生活

   ・自然の美しさや季節の移ろいの表現

   ・正月などの年中行事との密接な関わり

と挙げられています。更に4つ目について詳しく記すと、『日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。』ということです。

これって、まさしく、『お節料理』ですよね?!どこかの有名な料亭の板前さんが作った見るからに美しく絶品な料理を特定しているのではないのです。私たちが、子どもの頃から何気なく食べてきた、そして我が家では人気薄の・・・あのお節料理、またはお節料理を囲む文化、慣習が対象となったのです。

これって、すごいことだと思いませんか?世界が認めた文化遺産が自分の手の内にあるのですから!!!それを安易に、お節料理はもうやめてしまおうだの、買っちゃおうだの・・・何だかとってももったいないような気がしてきました。

お重箱に縁起物が全て揃わなくても、家族が好きな具材をプラスして、親からの味や自分の味を伝えたい。そしてそのお節料理を囲み、黒豆や蓮根を勧めながら「まめに暮らせるように!」とか「将来の見通しがいいように!」とか、料理のひとつひとつに幸せを願う意味が込められていることを伝えていきたいです。

無形文化遺産の伝承は私たちの大きな役割ですね。

お雑煮

かくいう私はお恥ずかしながら、お雑煮すら、まだ受け継ぐというところまでいっておりません。受けるばかりで、継ぐが出来ていないのです。毎年、夫の実家では母が作ってくれます。鶏肉や野菜が入ったすまし汁のお雑煮で、これを家族でいただきながら、「私が伝承していくお雑煮はこれなんだ」と心に刻みます。夫も子どもたちも大好きなすまし汁のお雑煮です。でも、三が日が終わり、自分の実家に帰っては、やっぱり恋しい白みそのお雑煮を母に作ってもらいます。関西は白みそに丸餅といったところですが、中のお餅は、夫の父がついて持たせてくれたので、角餅です。

私はそんなお雑煮をいただきながら、いつか私の娘も嫁いだ先の味に染まりつつも、私のお雑煮を食べに帰ってくるのかな・・・などと、ぼんやり想像したりします。受け継ぐことに、感謝と幸せをかみしめながら。。。

DSCF1037.JPGお雑煮.jpg

Information/お知らせ

参考文献

   『伝えておきたい日本の伝統 季節の慣習』 山䕃基央 著 マネジメント伸社

   『子どもに教える 今日はどんな日?』 高橋 司 著 PHP出版

   『現代家庭の年中行事』 井上 忠司 著 講談社現代新書

   

 農林水産省 ホームページ 『日本食文化をユネスコ無形文化遺産に』

   

   ☆お知らせ☆

      新春NOSS体験

      日時  1月31日(金) 14時~15時

      場所  きもの喜陽音(滋賀県大津市)  

      会費  1500円

            お正月の運動不足解消に・・・

            新しい年、何か新しいこと始めてみたい方に・・・

            初詣で着た着物、片付ける前に・・・

              お申込み

           きもの喜陽音 http://www.reservestock.jp/events/28288  

Mama's profile/プロフィール

鈴木 麻奈美

鈴木 麻奈美 ー日本舞踊藤間流名取・NOSSインストラクターー

記事テーマ

和の魅力

グローバル時代において、和の精神、和の文化を持つことは、これから世界で活躍されるであろうお子さまたちの心のよりどころとなるでしょう。3年半のアメリカ暮らしで気付いた和の魅力、日々の暮らしの中にある和の素敵をお伝えしていきます。あなたの気付きとなりますように。お子さまたちの和のスマイルを育む毎日につながりますように。

Vote/この記事に投票しよう

Evaluation/この記事のみんなの評価

lightbulb_outline

なるほどそうか!役に立った

0

favorite_border

わかる!わかる!共感した

0

feedback

この記事へのコメント

0

Comment/この記事にコメントしよう

Archives/鈴木 麻奈美さんの記事一覧

  • 和の魅力
    国語事典で『わ(和)』を引くと、 ①やわらぐこと。おだやか。 ②むつまじい…
  • 百人一首
    百人一首は日本の古典文学の代表で、百人の歌人の和歌を一首ずつ集めたアンソロジーと言われてい…
  • 美しい言の葉
    日本の美しい言葉と聞いてまず思い浮かぶのは季語。季節を表す美しい言葉です。 例えば…
  • NOSS
    NOSS(ノス)とは、Nihon(にほん)・Odori(おどり)・Sports(スポーツ)…
  • 日本一の山と湖
    日本一高い山、富士山。そして日本一大きい湖、琵琶湖。   …
  • 祇園祭り
    コンコンチキチン、コンチキチン♪ 7月に入って京の町は祇園祭りモード全開です。祇園…
  • たなばた(七夕・棚機)
    むかしむかし、天の川のほとりに織姫という娘がいました。織姫は機織りが大変上手で、…
  • 日本人の美しい立ち居振る舞い
    『江戸しぐさ』ってお聞きになったことありますか? 10年ほど前から公共広告機構が江…

  •   能というと、堅苦しい、難しそう、眠ってしまいそう、敷居が高…
  • 着物事始め
    着物っていいですよね。季節感を楽しんだり、礼節や遊び心を盛り込んだり、母や祖母から受け継ぐ…
  • こどもの日
    5月5日は『端午の節句』五月人形や兜を出し、鯉のぼりを立て、菖蒲を飾り、柏餅やちまきを食べ…
  • 和菓子
    移ろう季節を感じさせてくれるのは自然界のものだけではありません。人間が生みだした和菓子もま…
  • さくら
    名ばかりの寒い立春も三寒四温の春分も七十二候の『櫻始開(さくらはじめてひらく)』も過ぎ、い…
  • 昔の遊び
    皆さまが初めて出合った遊びは何ですか?好きだった遊びは何だったでしょう? 昭和40…
  • ひなまつり
    3月弥生は『桃の節句』、ひなまつり!女の子の健やかな成長を祝うおまつりですね。女の子がいる…
  • おりがみ
    『おりがみ』って素晴らしいと思いませんか?!遊びであり、芸術であり、文化であるの…
  • 和の暦
    和の文化や日本の伝統行事を語る時、切っても切れないのが旧暦といわれる和の暦ですね。 …
  • お正月行事の伝承
    早くも鏡開きとなりましたが、皆様、お正月をいかがお過ごしになられたでしょう?お正月は子ども…
  • 和の宗教
    日本の多くのママたちは、新しい命を授かったら、神社で腹帯をもらい、 『天の神様、仏…
  • 日本舞踊
    お子さまの習い事に日本舞踊はいかがですか?   和のリ…
  • 紅葉
    紅葉は日本文化! と、渡米するまでは、勝手に思い込んでいた私・・・ …
  • 伝統行事と子どもの着物
    七+五+三=十五 そう、十五日は七五三。11月の休日になると、神社で目に…
  • 和のフィットネス
    天高く馬肥ゆる秋。 9月から10月にかけて、園や学校、地域や職場、さまざ…
  • お辞儀
    幼少の頃、『こんにちは』『ありがとう』『ごめんなさい』とペコッとお辞儀を教えられたのを最初…

New/最新記事

read more >>

Topics/注目トピックス

Research/Weeklyゴーゴーリサーチ