風疹のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

風疹が流行中! 男性も風疹ワクチンを! ~先天性風疹症候群はワクチンでゼロにできる~

麻疹・風疹(MR) 予防接種 教えて!ドクター

(2019年 春号 掲載)

風疹(三日ばしか)とは?

風疹とは、体にぶつぶつが出る病気です。患者のくしゃみの中のつばを吸い込んだり、手に付いたつばが目や口などから入ったりしてうつります。飛沫感染といわれインフルエンザと同じですが、風疹の感染力はインフルエンザの数倍です。そして、2週間くらいの潜伏期間の後に、ぶつぶつが顔と体の中心部に出て手足に広がり、3〜7日くらいで治ります。風疹自体は比較的軽いことがほとんどなので怖がる必要はありません。

風疹は軽い病気なのになぜ問題なのか?
〜お腹の赤ちゃんに障害が出るから〜

風疹の免疫のない女性が妊娠中に風疹にかかると、妊娠初期では70%程度の確率で赤ちゃんに障害が出ます。つまり、病気自体は軽いけど、お腹にいる赤ちゃんに障害が出ることが問題なのです。一方、妊娠20週以降の感染であれば、ほぼ障害は出ません。

この障害は、先天性風疹症候群と呼ばれます。白内障、心臓の障害、耳が聞こえない、などが代表的なものです。昭和40年に、沖縄で風疹が大流行したときに、米軍機が飛んでいてもスヤスヤ眠っている子どもがいることで難聴がわかったという話があります。

風疹が流行中!

2018年から風疹が再び流行しています。2019年1月に先天性風疹症候群の赤ちゃんが1人報告されました。このまま流行が続けば、さらに多くの先天性風疹症候群の赤ちゃんが産まれると考えられます。

6年前、2013年の風疹患者報告数は1万4000人を超え、45人の先天性風疹症候群の赤ちゃんが産まれ、そのうち11人の赤ちゃんは合併症で死亡しました。障害を持つかもしれないからと中絶した妊婦はこの何倍もいたと考えられています。私の病院でも、妊婦の夫が2人、妊婦の実父が1人、風疹になり、流行を実感しました。赤ちゃんに障害が残る可能性のある人もいて、結果的に大丈夫でしたが「大丈夫と言われても産まれてみるまでは不安だった」と言っていました。

[画像の拡大]

なぜ日本で流行しているのか

「必要な2回のワクチンを打っていない大人がたくさんいるから」です。

風疹のワクチンを一生で2回打っていれば、ほとんどかかりません。現在では麻疹風疹混合ワクチンを1歳と5歳の2回打っているので、子どもの患者は少ないのです。しかし、2019年3月現在、日本で育った40歳以上の男性は風疹ワクチンを1回も打っていません。妊娠しない男には関係ないからと、昔は男には風疹ワクチンを打っていなかったのです。また、30〜39歳では、男性も女性も1回しかワクチンを打っていません。本当はもう一回ワクチンを打つべきなのです。

前回の妊娠の時、風疹の免疫はありましたか?ワクチンを打ちましたか?

過去に妊娠したことのある女性は、風疹の検査をしているはずです。「風疹HI」という項目が、8倍未満、8倍、16倍だった人は、次の妊娠前にワクチンを打ちましょう。ただし、ワクチン接種後には2か月の避妊が必要です。32倍、64倍、128倍、256倍…の人は免疫があるので不要です。

授乳中でもワクチンは大丈夫?

授乳中の人は、2か月の避妊期間をとりやすいので、ワクチンにお勧めの期間です。

風疹ワクチン接種後の避妊期間は?

ワクチン接種後の避妊期間は、女性2か月間、男性は不要です。

ワクチンは、どこで打てるの?

小児科、産婦人科、トラベルクリニックなどで打てます。費用は7000円くらいです。

妊娠を考えている女性が風疹ワクチンを2回打っておくことが最も大事ですが、40歳以上の男性が風疹ワクチンを打ってくれないと、風疹の流行を止めることはできません。家族や周囲に妊婦さんがいなくても、ワクチンを打ってください。アメリカやカナダなどでは、しっかりしたワクチン制度によって、風疹の患者自体がほとんどいないため、先天性風疹症候群の赤ちゃんはゼロになっています。先天性風疹症候群はゼロにできる病気です。周囲にもワクチンを勧めて、悲しい思いをする人をゼロにしましょう。

 

太田寛先生

アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務、東京医科歯科大学卒業。茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士。インフェクションコントロールドクター(ICD)、女性のヘルスケアアドバイザー。

太田寛

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

麻疹・風疹(MR)の関連ドクターコラム

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

ふるさと納税やってますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.