すいみんのことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

夜泣きがひどく泣き続けるため、発達外来の受診を考えている(2歳)

すいみん 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

夜泣きがひどく泣き続けるため、発達外来の受診を考えている(2歳)

新生児期より夜泣きはしていたのですが、最近特にひどくなった気がします。以前は、だっこして歩く、ミルクをあげるなどをするとおさまっていたのですが、最近はだっこしてもこちらが呼びかけても泣き続けます。入眠してから2時間程度から始まり数時間おきに泣いています。
最初は寝ぼけているのかなと思っていましたが、書籍等で夜驚症という症状も知りました。発達外来などを受診してみようかとも思っています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

睡眠時間がとても大切、というお気持ちからのご心配だと思います。お子さんと日々むきあっておられることが伝わってきます。ご自身でもお考えのように、専門職の方や医療従事者の診断を受けてみられることも選択肢の一つかと感じました。

その前に、風邪などで受診されるかかりつけの医師や総合病院の小児科にご相談されてみたり、月齢から考えますと、保健師さんや地域の子育てに関する相談窓口(電話や来所)に一度お声かけされてみてもいいのかもしれませんよ。
発達のことでしたら、保健師さんのネットワークもイイ働きをしてくれるところもありますし!

ちなみに、私の子ども(現在9才)は3才ぐらいの時に「頭がいたい」と連日頭痛を訴え、大きな病院でMRIや精密検査する前に、まずかかりつけの医師に診てもらうと…耳の奥の鼓膜が傷ついていたことがあり、その後耳鼻科に通院しました。

あと「生活環境の変化(下の子の出産で祖父母に預けた時)」や「怖い夢見た」後なんかも夜泣きや吃音がでていました。こんな時はちょっと強めにずーっと抱きしめてました。
ただあまり続くのであれば、その時はお子さんに日々触れあっているご家族が、お電話でも専門職にお話聞いてもらうことは大事なことだと思いますし、私ならそうするだろうと思いました。

先輩ママ:たまちゃん

家庭教育アドバイザー&食育指導士のなち☆です。お子さまの夜泣きのことでお悩みなのですね。夜驚症も心配されているとのこと。これは特に男の子(幼児)に見られる症状のようです。
泣くだけでなく、歩き回ったり走り回ったりしますか?あと、環境の変化があったりした場合(例えば幼稚園入園や小学校入学、お母さまのご懐妊や介護、旅行等)やお友達と喧嘩したときにも起こるようです。

ほかに考えられる要因としては睡眠不足ではありませんか?まずは規則正しい生活、睡眠の環境を整えること、睡眠のリズムを大切にすることなどが基本です。
お子さまが単に泣くだけなら、心配しないでしばらくお付き合いするとやがて治まることでしょう。お子さまにとって一番つらいのは、なんとしても早くこれを治そうとする家族の気持ちや不安なのではないでしょうか。それを敏感に感じ取り、自分のせいで家族が不安になってるのかと悲しむと思います。

眠れないお子様も辛いと思いますので、「何で泣くんだろう」「早く寝て欲しいなー」という気持ちがお子様に伝わり、なかなか寝てくれなくなることもあるので、お母さまがゆったりした気持ちで接してあげてくださいね。
どうしても心配なら、まずはかかりつけの小児科で相談してみるとお母さまの気持ちも落ち着くかもしれませんね。

先輩ママ:なち☆

アドバイザー紹介

たまちゃん
先輩ママ

現在小学4年、幼稚園年長(来春から小学生!)の双子、幼稚園年少の四女とにぎやか四姉妹の母です。子ども達が小さいうちは見知らぬ土地で核家族での子育ては容易でなく、皆さんと同じように深く悩み、その時に何より先輩ママの体験談に救われました。現在は地域のサークルのスタッフをしています。

なち☆
先輩ママ

家庭教育アドバイザー&食育指導士の資格を持っています。2001年12月生まれの女の子の母、八洲学園大学の学生、夫のために尽くす良き妻(笑)です。子育ては育児書通りにいかないもの…どんどん話をしてみてください。一人ひとりに寄り添ってお話を伺いたいと思っています。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

どうする?どうした?夏の家族旅行
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「ウェルカムファミリーの写真館」写真を通してご家族の大切な絆作りを
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.