子どもの成長と発達のことならハッピーノート.com

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

運動が全般的に不器用な息子を見て、歯がゆく感じる(6才)

まなび 育児・しつけ 子育て応援隊のズバリ!アドバイス

運動が全般的に不器用な息子を見て、歯がゆく感じる(6才)

6才になった年長児(息子)の、運動神経について相談させてください。運動は全般的に不器用です。気になっているのが、「つま先の力が弱い」ということ。片足立ちをさせると10秒もしないうちにバランスが崩れます。走るのが遅かったり、階段を下りるのがぎこちなかったり、ジャンプ力がないのも、「つま先の力が弱い」からではないかと、素人判断ですがそう感じています。筋肉が弱いのでしょうか?骨の状態が悪いのでしょうか?それとも運動感覚がおかしいのでしょうか?つま先立ちの訓練をして、何とか強くできないかと努力しています。

私自身が、比較的運動は得意でしたので、見ていてとっても歯がゆく「どうしてこんなことができないのだろうか?」と思ってしまいます。逆に主人は得意ではなかったので、息子の気持ちがわかると言っています。母子手帳の3才頃の記録に「手を使わずに一人で階段をのぼれますか?」の問いには「はい」となっていますが、「低い段なら」と自分で書き込んでいました。4才頃の記録では、「階段を2,3段の高さからとびおりたりしますか?」と「片足でケンケンをしてとびますか?」のいずれの問いにも「いいえ」と書いていました。ケンケンが出来たのは4才半頃だったのではないかと思います。

1年前から、本人の希望でサッカーを習っています。楽しく通っていますが、蹴っても威力のないボールですし、走るのが遅いので、ボールに触る機会も少なく、頼まれもしないのにキーパーを勤めています。

アドバイス お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み、200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

お子さまは6才ということで、サッカーを自ら習いたいと意志を持ったしっかりしたお子さまですね。

年齢から考えて、これまでの成長発達の段階を登っていらっしゃるようなので、たとえば走るのが遅いと言われますが、走ることはできている、階段を下りるのがぎこちなかったりしていてもひとりでちゃんと降りることが出来る、ジャンプ力がないとのことですが飛んでちゃんと着地が出来るといった、人間生きていくための運動能力は完成されているのですね。

このことからいえることは、骨の発育や運動機能には問題は無いと思われます。身体を動かすための筋肉は付いているので、運動能力を高める筋肉はこれから徐々に付いていくと思われます。お悩みは、お子さまの運動能力のレベルがママが思っているレベルに達していないということですね。

ママ自身、幼い時から運動能力がおありだったとのことですが、お子さまはママの遺伝子を引き継いでいらっしゃいますが、お父さま、おじい様おばあ様の遺伝子も引き継いでいらっしゃいます。従って運動能力のレベルはママと違って当たり前です。お子さまはまだ6才ですので、これから運動能力が伸びる可能性は高いです。

オリンピック選手、はたまたJリーグのサッカー選手になるかもしれませんよ。あせらず、ゆっくりとお子さまの成長を見守ってあげてください。運動能力を高める訓練は、お子さまが楽しくなければ続かないものです。遊びの中に取り入れて行く方が効果はあると思います。

お家の中では裸足にして、いろいろなものをつま先で取るといったゲームも、つま先立ちの訓練になりますし、早く走ることにもつながります。お子さまの運動能力だけではなく、知的能力も見抜きお子さまの秘めた能力を伸ばしてあげてください。

お子さまはしっかりとした意志を持ち、「頼まれもしないのにキーパーを勤める」くらい優しいお子さまなのかもしれませんから。ママとお子さまの日々に笑いが絶えませんように!

助産師 保健師:ペコ
2012年2月20日

いろいろな動きの時にぐらぐらする、というお子さんの場合、どのようにぐらぐらするのか、その時の身体の他の部分はどのような動きをしてるのか、などを実際に見せていただきながら、必要に応じて筋力検査、関節の運動範囲の検査、運動発達検査などを評価させていただきます。

つま先の筋肉の力について考えた場合も、実際にはつま先周辺の力はあるのに、腹筋など骨盤周辺の力や膝など、他の部分の力が弱いためにつま先の力が十分に発揮できないということもあります。また、書かれているように感覚が影響している場合もあります。 そして、少し緊張しやすいお子さんの場合、本来もっている能力を十分発揮しにくい事もあります。

お子さんはサッカーをされているんですね!しかも楽しく通われているんですね。運動そのものに対して積極的になっているのはとても素晴らしいと思います。お母さまも、キーパーをするようになっているお子さんのお気持ちまで考えられているなんてすごいです!成長記録のこともそうですが、本当にお子さんの状態についていろいろ考えておられることが伝わってきます。

ここは一度医療機関を受診され、考えられている事を全部お話されてみてはいかがでしょうか?成長記録はお子さんの運動発達を知るうえで、大変貴重な情報となるのでぜひご持参ください。総合的に判断できるところがいいと思うので、こども医療センターなど小児総合医療機関がいいかと思います。

このような施設の場合、各医療機関からの紹介制となっていることも多いため、まずはお問い合わせくださいね。

理学療法士:白熊
2012年2月27日

アドバイザー紹介

白熊
専門資格 理学療法士

小児の医療機関の理学療法士(リハビリ関係の職業)です。お子さんの発達、特に運動の発達についてが専門になります。くび(頭)のすわり、お座り、はいはい、立っち、あんよなど運動発達の事で、気になる事があれば、お気軽にお話ください。少しでも、「ほっ」とするお時間ができれば、うれしいです。よろしくお願いします。

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。
  • お悩み相談はこちら
  • アドバイザー一覧へ

ココもみてね!ココもみてね!

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

Weeklyゴーゴーリサーチ ★投票受付中★

今週の投票

キャッシュレス決済してますか?
抽選で5名様に『図書カード500円分』をプレゼント。
投票する
今週のプレゼント
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.