子連れドライブのことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

これで子どもも大人も快適ドライブ

Weekly ゴーゴーリサーチ(第349回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 子連れドライブでのグズリ防止&対策があれば教えてください。 フリーコメントでは、乗り物をテーマにした時の恒例の「ぐずり防止&対策」を教えていただきました。
ママ・パパの答え

いつも同じおもちゃだと飽きるので、時々かえて目新しさで乗り切っている。(こっとん/埼玉県吉川市) お腹がすいたときや喉が渇いたときにぐずるので、ちょっとした食べ物や飲み物を準備しています。最初から持たせるのではなく、ちょっと機嫌が悪くなってきたら小出しにします。忘れたときはコンビニに寄って購入します。眠くてぐずってる時はチャイルドシートから一旦下ろし、抱っこして落ち着かせます。子供と二人のときにぐずられたら…目的地が近ければそのまま。目的地が遠ければ車を停めて対処します。(TOMO/福岡県福岡市) グズリ防止は、車を運転すること!! まだ生後5か月のわが子はどんなにお出かけ前にぐずっていても、チャイルドシートに乗ったとたんにウットリ・・・そしてスヤスヤ♪とってもいい子ちゃんです。車の揺れが気持ちいいみたい!!あっ・・・でも長い信号に引っ掛かるとダメです(-_-;)(ここたん/愛知県北名古屋市) 出発の時間帯は、子供が眠くなりそうな時間帯を選んでます。そうすれば、延々とお菓子をあげなくてもすむから。車の振動は、結構眠りを誘うみたいなので、お昼過ぎに出かける事が多いです。(りったん/東京都杉並区) チャイルドシートの上から子供の好きなおもちゃをぶら下げておく。 子供の好きな音楽をかけて、ママ・パパが一緒に歌ってあげる。 チャイルドシートの背もたれを少しあげて、車窓からの景色がよく見えるようにする。 長時間(30分以上)の運転では飽きるせいか、いつもぐずり始めます。が、車の振動が心地よくなり、泣きつかれたのも併せて次第に眠ってくれます。(ぷよえんさん/千葉県松戸市) とにかく泣いてしかなかった赤ちゃん期には、ひたすら泣かせて疲れさせた。泣きやむと言われた不思議な絵を彼の目の前のシートに貼った。 最近はかつての大泣きッ子が嘘のように、好きな音楽や手遊びでなんとかクリア出来るようになった。(maromama/東京都練馬区) やはり、時間の長い場合にはどうしてもガマンが出来ないので、そのときに気に入っているおもちゃやゲームを社車内に持ち込みます。常時置いておくことはありません。また、よく「しりとり」をして遊びます。それから外の「看板よみ」なんかも競争しながらやります。(yoshino29/沖縄県中頭郡) 高速の渋滞で7歳の次男がトイレを我慢できなくなったので、当時1歳の長女の替えのオムツにおしっこをさせました。サイズが合わなくて余ったオムツは携帯トイレ変わりに使えます!おしっこの勢いに吸水力が間に合わず漏れたこともありますが…。(ともちゃん/神奈川県茅ヶ崎市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

1

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.