節分のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

我が家の節分!

Weekly ゴーゴーリサーチ(第350回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 我が家で節分の時にしていることを教えてください。 恒例のフリーコメントでは節分について具体的に教えていただきました。
ママ・パパの答え

小さい頃から巻き寿司の丸かぶりは当たり前。大きくなり関東方面の人と友達になりその話をすると『???』って顔をされてビックリ!! 関西方面だけの行事だったんですね(^ ^; ちなみに、今年の恵方は「南南東」ですよぉ〜♪(ゆっキー/京都府京田辺市) ママと子供で鬼の面をかぶったパパに豆をいっぱいぶつけました。去年3歳の時は相当楽しかったらしく、「豆まき楽しかったね。早く豆まきしたいねぇ。」と言うので、ママも子供も日頃の鬱憤を晴らしているのかも。(ゆみ姫/東京都足立区) 家の中で豆をまくと後片付けが大変なので、たいてい夕食前に外で豆まきします。この時季はとっても寒いので、「早くまいてくれ〜」といいながら鬼役の私は走っています。(あやぴょん/広島県福山市) 子供が幼稚園で鬼のお面を作ってきたりするので、それを使って豆まきします^^鬼はお父さんの役目かな^^;家の中にまいた豆は息子が拾いながら口に運んでいました^^(去年の話)(ゆうこん/長崎県諫早市) 子供が幼稚園で鬼のお面を作ってくるのでそれを子供が使い、豆まきの豆を買うとお面がついてくるのでそれをパパが使う。洋服からしてパパだってわかっているのに顔は鬼だから子供たちはおそらく泣いて逃げるでしょう・・・(去年は大泣きでした)(NORIママ/東京都江戸川区) 定番だけど豆をまくくらいです。夕食を終えて落ち着いたころにいつもやっています。子どもが折り紙が好きなので今年は折り紙で豆を入れる袋を折らせてそれを使って豆まきをしようかなぁって思っています。(笹ダンゴ/神奈川県川崎市) 戸建では無いので、鰯やヒイラギを飾る代わりに、夕食に鰯をたべています。(よっちぃ/埼玉県北足立郡) 田舎なので同居の姑は神棚に「餅」を供えている。(る☆い/兵庫県養父市) 氷室ちくわというものを食べます。金沢だけでしょうか。細い竹の付いたままのちくわです。(にっこ/石川県金沢市) 節分の行事自体は豆をまくだけですが、お面を頭につけて豆を持ってハイチーズ!・・・必ず同じポーズで毎年子供の写真撮影をする。(しんたんママ/熊本県宇城市) 節分ロールというケーキが近所で販売されるので、毎年購入しています。 とってもおいしいんですよ(*^_^*)(ここたん/愛知県北名古屋市) 自治会で行われる豆まきに家族で参加します。豆の入った袋の中に紙が入っていると景品がもらえるので、家族で必死になって参加しています。(熊次郎/静岡県静岡市) 近くの神社の節分祭に行き神主さんなどが投げる福の物を大勢で拾い合う行事に参加する(恵美ちゃん/埼玉県川口市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

ƒ
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.