お鍋のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

超おすすめ! ウチのお鍋

Weekly ゴーゴーリサーチ(第442回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる ズバリ、我が家の一押しお鍋を教えてください。お鍋の名前、主な具、こだわりの具、レシピ、効能など。 フリーコメントでは一押しのお鍋、おいしい具材などを教えていただきました。 「お鍋のメニューがマンネリで…」という方は、ぜひメモを片手にご覧ください!
ママ・パパの答え

キムチ鍋ですが取り鉢に豆乳を入れておいて各自そこに取り分けてたべるので辛味がマイルドになって美味しいです。鍋のなかに豆乳を入れると分離して汚くなってしまうので考えました。(春風さん/岡山県岡山市) 子どもは断然カレー鍋です。大好きなソーセージとうどんが入っていると大喜び!!あんまり葉物のお野菜は好んで食べないのですが、カレー鍋に入っているキャベツだけはバクバク食べます。鍋で柔らかくなって、カレーの味でおいしく感じるのでしょうか?(かいじゅうママさん/兵庫県尼崎市) コンソメ味のスープ鍋が一番子供が食べるので、最近は白菜にひき肉をはさんだり、ウインナーで作ることが多い。(こっとん/埼玉県吉川市) ブリのしゃぶしゃぶ鍋です!しょうゆベースの汁に大量の玉ねぎを煮込み、薄くしたぶりをしゃぶしゃぶします。少し甘めの味になるので子供も大好きです。夫が仕事の接待で料亭で食べた味を家で再現してから好評になりました。(そらまめ/東京都江東区) 雪見鍋は、風邪の時に必ず食べています。具は、大根・豚肉・にら・レモンの薄切りのみ。 大根おろしをたっぷり用意します。土鍋に、「大根おろし・豚肉・大根おろし・レモン」の順番で何層にも重ね合わせて一番上にニラを置きます。火にかけて、グツグツしてきたらポン酢で頂きます。体もぽかぽか温まって、風邪で食欲が落ちている時でもパクパク食べられますよ。(かるびちゃ/大阪府大阪市) 出汁豚しゃぶ。通常の豚しゃぶ具材ですが、薄味の出汁でしゃぶしゃぶします。 段々とお野菜や肉の旨みが出汁に染み出て、出汁も飲めて体が温まり、最後のおじやは最高です!(ひよまま/東京都新宿区) トマト鍋。具:キャベツ、トマト、玉ねぎ、ニンジン、鶏もも肉、ウインナー、サツマイモ、蒸し大豆。鍋をたべおわったあとは、残りのスープとご飯、チーズで、トマトリゾットができます。(スヌーピー/和歌山県和歌山市) 経済的にピンチのときの『豚バラとモヤシの鍋』。味的には、水炊きです。基本その2品が入っていればOKで、きのこ類や豆腐などお好みの材料で。娘(2 歳)が、しらたきが好きなので必ず入れます。ポイントは、最後にごま油を数滴垂らすこと。これで、コクと旨みがアップします。しめは、中華麺です。卵でとじてもおいしいです。(みいちゃんママ/岡山県岡山市) とり味噌鍋。石川に遊びに行ったとき、スーパーでとり味噌鍋の素なるものを見つけ、それからリピート中です。パッケージには鶏肉だけのようですが、我が家では、豚バラスライスも足して、マロニーやうどんなども入れて、楽しんでいます。(みかん/岐阜県各務原市) 餃子鍋です!餃子は自分で包むのですが、焼き餃子用と違ってキャベツや白菜などの葉物はタネに入れないのがポイントです。(ぶるう/神奈川県相模原市) おでんをした後にカレー粉を入れてカレーおでんにします。しめはチーズを入れてリゾットにします。(ういたん/岐阜県揖斐郡) お鍋におもちをいれることです。おもちはもちろんおいしいですし、汁にとろみがついて、おいしいです。(nick/愛知県春日井市) 大根をピーラーで薄くスライスする。たくさん食べられるし、消化を助けてくれるし、かさ増しになるからGOOD! 何のお鍋でも合う。(とくとく/福島県南相馬市) 普通のちゃんこ鍋にトロロ昆布を入れることです。 とろ〜って感じでとてもおいしいですよ。(小鳥/神奈川県相模原市) 寄せ鍋です。こだわりの具はもちもちの讃岐うどんと手作りの鶏団子を入れること。子供はもちろん私たち親も取り合いです。それになんと言っても双方の母親たちが家庭菜園で丹精込めて作ってくれた大根や白菜を入れること。我が家にこのお野菜が届くとその年初めての寄せ鍋をするのです。「あぁ〜冬がやって来たな〜」と感じる瞬間です。(すてふぁん/兵庫県神戸市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

0

0

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.