子どもの人数のことならハッピー・ノート.com!

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com
ハッピー・ノートドットコムとは RSSフィード メルマガ登録
  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿

子どもの人数、我が家では…

Weekly ゴーゴーリサーチ(第445回分析結果) 子育てみんなどうしてる(先輩ママ・パパの生の声)

どうしてる 我が家の場合の、子どもの人数に関してのお考えをお聞かせください。 フリーコメントでは、ママ・パパそれぞれの子どもの人数に関するお考えを教えていただきました。 もう1人欲しい方も、そうではないという方も、全国のママ・パパの貴重なご意見をご覧ください。
ママ・パパの答え

1人目が男の子で、2人目の女の子を去年出産しました。2人目であること、女の子の方が育てるのが楽だという意見から、高をくくっていました。ところが、生まれてきた女の子はとても手がかかり、1人目のお兄ちゃんの方がよっぽど楽でした。育児に慣れなどはないのかもしれません。(よこ/島根県松江市) やらせてあげたいこと、身につけさせたいことはたくさんあって、でも、経済的にも、時間も、もう一人にも同じようにというのは無理。身なりもまったく構わずに子供がいれば幸せとは正直思えないし、今、一人の子を精一杯育てることで、これ以上は自分には無理です。(よちの/静岡県伊東市) 娘にきょうだいは必要だと思うが、もうすぐ3歳になる娘がいろんな事を覚え、お話も一人前にできるようになり、二人で遊んだり喧嘩したりする時間がとても楽しく、このまま一人でもいいかな?と思ってしまうことがある。(そらまめ/沖縄県島尻郡) 子どもは生めるものなら3,4人はいてもいいかなとは思いますが、やっぱり考えてしまうのは経済力。収入は少ない方ではないと思うけど、パパの年齢やマンション、という居住空間の問題もあるので2人で限界かな?と思っています。(あっちゃん/北海道札幌市) 育てる自信や子供に対しての責任、社会環境など考えて、結婚して十数年子供を持たない選択をしていましたが、年齢的に産めなくなるかもと思い始めた30後半に、深く考えることをやめて決意。二人授かりましたが、子供は可能であれば多いほどいいと今では思います。(ぱえりあ/神奈川県横浜市) 三つ子ちゃんとかだとまた話が違うと思いますが、少しでも年齢が違えば、三人いても大丈夫。上の子は上の子で、ちゃんと成長してくれていますから。ということで、あとは何人産んでも同じこと、大丈夫!そうやって昔の人は育てていたんですものね。私も四人目に挑戦?!(ゆかこ/広島県広島市) 貧乏でも、家族が多ければ楽しく暮らせるのではないかと思い、授かれるなら授かっただけ生みたいと思います。(あったちゃん/石川県七尾市) 育児は大変だと思っていたけれど、実際は大変でも喜びの方が大きいです。妊娠できれば、何人でも子どもを育てたいです。でも、子どもは授かりものなので、今の子ども(一人)が授かれただけでも幸せなことなのだと思います。(りさちゃん/千葉県習志野市) 3人はほしいと思ってて、予想外に4人も授かり、正直悩みましたが、結果よかったと思っています。まだ、昨年の夏に4人目が生まれたばかりなので大変さはこれからかもしれませんが。兄弟で遊んだりしているところをみるとよかったなあと思います。(せいこママ/山口県下関市) 一人育ててみて、大変だけれど見通しがついたことと、兄弟がいる方が子供も楽しく過ごせると思い、二人目を妊娠しました。夫が三人兄弟なのでできればもう一人欲しいところですが、自分の体力と仕事の兼ね合いでどうかなと思っているところです。(そらまめ/東京都江東区) パパは4人兄弟、私は2人姉妹で育ったので、できれば、娘にも妹か、弟をと考えています。ただ、産休・育休を1年半とって4月から、私が復職するので、すぐに妊娠、というわけにはいかないし、でも現時点で33歳なので、あまりあけるときついかな〜とも思い、迷っています。(りゅう/大阪府和泉市) 兄弟がいることでの体験や、学べることがたくさんあることを感じます。気持としてはもう一人ほしいです。こどもを産むまで、こどもがこんなに可愛いものだと知りませんでした。年齢的にきついので、もう少し早く産んでおけばよかったかな〜と思います。(そうりんたん/千葉県松戸市) 我が家の子供たちは結婚して10年で不妊治療の末やっと授かった双子の男の子たちなので、今はその子たちに手がかかるので3人目を考える余裕はハッキリ言ってありません!! しかし田舎で両親と同居の家庭が多く、子供も3人が当たり前の土地柄のせいか近所の人からは「3人目は、まだ?」と必ず言われます。その度に「また治療するのはもう無理なんで…。」と言ってはいるのですが、「双子が授かったんだから、すぐにまたできるわよ〜。」と返され、毎回悲しい思いをしています。不妊治療ってまだまだ世の中に理解できない人がたくさんいるんだなぁ・・・。(miju/愛知県 西尾市) 結婚するまでは「子供は絶対に2人!」と思っていましたが、実際に妊娠、出産してみて、何事もなく無事に産まれてくることは奇跡だと思うようになりました。切迫早産だったので帝王切開で出産、その後もいろいろ大変でした・・・。なので、言われて嫌な「お子さんひとり?」という質問も、他の方にはしないようにしています。(くりんくりん/富山県砺波市)

この記事に投票しよう


この記事のみんなの評価

1

3

0

この記事にコメントしよう

コメントを見る


注目TOPICS

  • ウェルカムベビーの結婚式場
  • ウェルカムベビーのお宿
Happy-Note
Happy-Note
Happy-Note For マタニティ
Happy-Note For mum

注目トピックス

妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
妊娠したらすぐ見学・宿泊予約を 助産師や保育士が24時間体制でサポート ママと赤ちゃんの「産後ケアホテル」待望のオープン
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
ミキハウス子育て総研による『地方への移住促進プロジェクト』
組み合わせ自由、1枚単位で簡単に模様替え!赤ちゃんと家族との時間を快適におしゃれにできる高機能ラグ
組み合わせ自由、1枚単位で簡単に模様替え!赤ちゃんと家族との時間を快適におしゃれにできる高機能ラグ
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
家族全員の日常生活まで守れる! 月額980円のサブスク型「自転車保険」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
笑顔あふれる「おうち時間の過ごし方」
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
おいしさにもこだわったメニューを厳選!便利な冷凍宅配弁当
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
いざというとき、助けてくれる 家族を守るための「つながるドラレコ」
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
カフェインレスで妊婦さんにも優しい 本格的な味と香りが魅力のデカフェ紅茶
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
ベテラン助産師の知恵と経験から生まれた 自分らしく子育てを楽しむための抱っこ紐
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
赤ちゃんのお肌は「洗浄」&「保湿」をセットで。家族いっしょに楽しいスキンケア時間を
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
秋のお⼿⼊れがカギとなる。きれいな空気で秋をお迎え
秋の肌は
秋の肌は"洗う""塗る"の2ステップで! やさしさを考えた低刺激性処方の保湿ケア
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
出産準備に揃えておきたい家電(パナソニック編)
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
ワンタッチテープ仕様の「ラップクラッチ」ならズレにくく、はだけにくいのでおむつ替えが楽々!
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
お子さまが帰宅するとスマホに画像を送信!共働き夫婦が安心して働けるデジタルスマートホーム
ミキハウス子育て総研の認定評価事業
  • 「子育てにやさしい住まいと環境」子育て支援のマンションと住宅
  • 小学生に贈りたい住まいと環境
  • 「ウェルカム“子育て・シニア”共生住宅」シニアとの多世代共生型住宅
  • ウェルカムファミリーの子育てスマートホーム
  • 「ウェルカムファミリーの自治体」安心して移住できる地域を選定
  • 「ウェルカムベビーのお宿」赤ちゃん連れ安心!認定の宿泊施設
  • 「Child-friendly HOTEL for travelers」お子さま連れ訪日外国人にオススメの宿泊施設
  • 「ウェルカムファミリーのスキー場&スノーパーク」スノーデビューにおすすめの認定スキー場
  • 「ウェルカムファミリーの観光地」お子さま連れにおすすめの観光地
  • 「ウェルカムベビーの観光施設」お子さまと楽しくおでかけできる観光施設
  • 「ウェルカムベビーの結婚式場」赤ちゃん連れにも優しい会場で素敵な式を
  • 「ウェルカムベビーの神社」赤ちゃん連れにも安心の認定の神社
  • 「子どもを通わせたい保育園」保護者の支持の高い先駆的保育園を選定
Happy-Note編集部twitter
ハッピー・ノート編集部ブログ
ハッピー・ノート編集部フェイスブック

このページのトップへ

Copyright © 2011 Mikihouse child & family research and marketing institute inc. All rights reserved.